BUSINESS

「GW明け、やる気が出ない」五月病を予防するには?原因や対策まとめ

もしかして五月病?原因と予防法まとめ
【人気急上昇中の記事】 現在 18 名が閲覧中...
マンションが、購入時よりも値上りしているケースが続出中!
あなたのマンション、現在の価値がサクッとカンタンに調べられるツールが、いま話題に。

「なんだか気分が優れない・・・」
「仕事にも何に対してもやる気がでない・・・」
「GW明け、仕事に行きたくない・・・」

年度初めである4月を乗り切り、ふと気づくと原因不明のネガティブな気持ちに襲われてしまう方も多いです。

それはもしかしたら「五月病」かも?

五月病はきちんと対策をすることで未然に防ぐことが可能です!

5月になって苦しむ前に、今日から五月病対策を始めてみましょう。

そもそも五月病って?

実は五月病は正式な病気ではなく、医学用語ではありません。
4月に環境の変化などがあったことで、5月のゴールデンウィーク明け頃から心身にさまざまな不調があらわれることの総称を「五月病」といいます。
最近は6月に同様の症状が現れるケースも多く、「六月病」という呼称も生まれました。

具体的な症状としては以下が挙げられます。

・睡眠障害(夜眠れない、朝起きられないなど)
・頭痛
、食欲不振
、めまい
・免疫力の低下(風邪をひきやすくなるなど)
・胃腸の調子が悪くなる

・何をするにも面倒になる
・会社へ行きたくなくなる
・焦りや不安を感じる、苛立ちを感じる
・何をするにも面倒になる

これらの症状に当てはまる場合、五月病にかかっている可能性があります。

そもそも五月病って

あなたも五月病になるかも?こんな人は要注意!

五月病の原因は「ストレス」であり、誰でもかかる可能性があるものです。
特に置かれている環境や性格面でかかるリスクが高い人がいますので、紹介していきます。

環境の変化があった人

環境の変化があった人はストレスを感じやすく、特に次のようなケースは注意が必要です。

・就職・異動・転勤・転職した

・新たな責任やプロジェクトなどを任された
・職場の人間関係や雰囲気に変化があった
・生活リズムが乱れがちだった
・長時間残業を行っていた

性格によっても注意が必要

環境の変化だけではなく、性格面においてもストレスを抱えやすい性格があります。
このような特徴に当てはまる人は注意をしましょう。

・真面目

・几帳面
・責任感が強く一人で抱え込んでしまう
・完璧主義
・おとなしい

五月病になりやすい人ってどんな人?

五月病を予防するためには?

五月病を予防するためにはどのような対策をすれば良いのでしょうか?

五月病の主な原因はストレスですので、ストレスを上手く発散させていくことが大切です。

五月病対策に効果的なストレス発散方法をいくつか紹介していきます。

適度な睡眠を取る

心身の疲労を回復するために一番効果的なのは「寝る」ことです。

寝ている間は不安なことも考えなくて済みますし、体の疲労も回復することができるからです。

睡眠時間を確保することはもちろん、枕にこだわってみたり、アイマスクをつけてみたりするなど、睡眠の質を向上させることも一緒に取り組みましょう。

軽めの運動をする

電車通勤の場合、1駅手前で降りてそこから自転車や徒歩で移動するなど、生活習慣の中に「軽めの運動」を取り入れることもよいでしょう。

軽めの運動は心地よい疲労を与えて睡眠の質を高めるとともに、心身のストレスを解消する効果があります。

激しい運動ではなく、汗がうっすらにじむ程度の運動が一番良いです。

その他、入浴後のストレッチやジムでのトレーニングなどもおすすめです。

栄養バランスがとれた食事をする

心身の健康を保つには食事も大切です。栄養バランスのとれた食事を、適切な量撮ることを心がけましょう。
アミノ酸、ビタミンB群、炭水化物を多く含む食事を摂ると特に効果的です。
またカフェインやアルコールの過剰な摂取は、ストレスを高めるおそれがあるので摂取量に注意が必要です。

完璧を目指さない

仕事への焦りが不安を呼び、五月病になりやすくなってしまうこともあります。

特に環境が変わったばかりだと周りの目が気になり、小さなミスで自分を責めてしまい、不要なストレスをかけてしまうかもしれません。

失敗をしても、大きな心でまずは自分自身を許し、心に負荷をかけないことを意識しましょう。

時間管理をする

ストレスがかかる原因の一つに時間が自分でコントロールできていないことが挙げられます。

重要な仕事を優先的におこない、気の進まない仕事を午前中の早い時間をこなすなどして、自身のペースを崩さないように仕事を終わらせることを心がけましょう。

自分だけでは時間がかかり過ぎる場合や、効率が悪い場合は積極的に周囲の人を頼り協力して仕事を進めることをおすすめします。

自分一人で難しいタスクを抱えないようにしましょう。

時間管理を徹底すれば残業時間も減らせるので、運動や友人との交流などに時間を使うことができます。

五月病の予防はストレス発散

それでも五月病になってしまったら?

もしも五月病の症状が出てしまい、改善が見られなければ積極的に会社の産業医や心理カウンセラーに相談しましょう。
人に相談するだけでもストレスは解消されます。
また睡眠障害の症状が出ている場合は健康を大きく阻害する可能性があるので、医療機関で治療を受けることをおすすめします。

それでも五月病になってしまったら?

 

まとめ

五月病にならないようまずはストレスの発散を日々意識するといいでしょう。

仮にかかってしまった場合でも、自分を責めず、心や体からのSOS信号だと考え、生活スタイルや仕事のやり方を改善するきっかけにしてください。

プライベートも充実し、仕事へのモチベーションも上がるはずです。

ピックアップ記事

はちた

はちた

投稿者の記事一覧

一部上場企業で商品企画・開発の仕事をし、一応ヒットメーカーと呼ばれている。転職の経験あり。最近は副業や投資にも関心があり、積極的に情報収集・実践中。仕事柄若い世代の流行を追うのが趣味。

関連記事

  1. 天皇陛下が崩御すると休日はどうなる 翌日は休み?
  2. 業界分析・企業分析をしよう! ソニー平井会長、取締役退任の理由は?実績多数!業績への影響は?
  3. 彼女からの高額なクリスマスプレゼント要求!とっておきの断り方4選…
  4. 20代の住宅ローン借り入れ額の平均はどれくらい?
  5. 働き方改革で阿鼻叫喚!生活できない人続出?給料はこう増やせ
  6. 元谷芙美子の息子はあの年収や自宅を継げるのか?能力と年収の関係性…
  7. 台風20号2016最新進路情報!米軍とヨーロッパの比較は?
  8. 清水健アナが嫁の奈緒さんを失っても前を向いて進むことができる理由…

注目記事

ピックアップ記事

  1. 北海道エリア別オススメTOP3
  2. ウィキリークスとビットコインの関係
  3. 病院に3億円を追加寄付する中本さん

カテゴリー

BUSINESS

  1. 名刺交換では日常会話を

LIFESTYLE

WOMEN

PAGE TOP