SOCIAL

Googleが純利益3兆円と絶好調な理由は?このまま上昇し続ける?

【人気急上昇中の記事】 現在 18 名が閲覧中...
マンションが、購入時よりも値上りしているケースが続出中!
あなたのマンション、現在の価値がサクッとカンタンに調べられるツールが、いま話題に。

Googleを傘下に持つ米Alphabetは、現地時間の2月4日に2018年12月期決算を発表。

純利益は、前期比2.4倍の307億3600万ドル(約3兆4千億円)で最高益を更新した。

絶好調の理由は何なのだろうか。

そして、このままGoogleは上昇し続けるのだろうか。

Googleが純利益3兆円と絶好調な理由は?

Googleの売上高は、前年同期比で22%増の391億2200万ドルとなっており、これはAlphabet全体の約99%を占めている。

Googleが絶好調な理由は、広告が挙げられる。

Googleの広告売り上げは20%増となっており、好調を維持しているのだ。

Googleの広告収入は、売上高の8割超となっており、Googleにとっては生命線と言えるだろう。

検索と連動した広告が大幅に伸びており、これが絶好調な理由と言える。

また、Googleのその他の部門にあたる、クラウド・YouTube・Google Play・オリジナルハードウェアなども売上高は31%増となった。

あくまでGoogleの広告売上を伸ばすためのその他の部門だが、これらが伸びていけば自然と広告収入につなげることができる。

このように、全体的に事業がかみ合っており、Googleは絶好調を維持することができているのだろう。

Googleはこのまま上昇し続ける?

気になるのが、このままGoogleは上昇し続けることができるのかだろう。

これに対しては、少し厳しいだろう。

なぜなら、世界的にGAFA対策が取られるようになっているからだ。

GAFAとは、Google・Apple・Facebook・Amazonのそれぞれの頭文字をとった造語である。

GAFAは、人々の暮らしを豊かにしてきた反面、市場独占を行なっているという指摘がされているのだ。

これに危機感を抱いている国は多く、世界的にGAFA対策を行う動きが強まっている。

この対策次第では、GAFAの一角であるGoogleも影響を受けることになるだろう。

そうなれば、Googleがこのまま上昇し続けるのは難しい。

今後のGoogleについては、各国のGAFA対策がカギを握っているだろう。

ちなみに、日本もGAFA対策に動き出しているが、出遅れ気味となっている。

日本は、GAFAに対してもっと危機感を持った方がいいのではないだろうか。

Googleが絶好調なのだが、理由は広告にあるようだ。

Googleの広告売り上げは、約20%増となっており、まさに絶好調であることがわかる。

その他の部門にあたる、クラウドやYou Tubeなども売上高を伸ばしている。

これらは、最終的にGoogleの広告へとつなげるため、全体的に事業がかみ合っているため、絶好調を維持することができているのだ。

しかし、このまま上昇を続けるのは難しい。

各国でGAFA対策に動き出しており、GAFAの一員であるGoogleにも影響はあるだろう。

そのため、今後は各国のGAFA対策次第では、Googleの勢いは削がれるのではないだろうか。

ピックアップ記事

初代編集長・ボス

初代編集長・ボス

投稿者の記事一覧

初代編集長。一部上場企業で働く傍ら、ビジネスで培ったノウハウ提供を趣味としている。ノウハウコレクターとしての一面をもつ。今は引退して芸能ニュースを毎日飽きずに見続けている。

関連記事

  1. 日本にカジノが出来た時のメリット・デメリットとは?
  2. 国際宇宙ステーションに穴が開いた理由とは?
  3. 口永良部島の噴火間近?!今回は3年前よりどれくらいヤバイ?
  4. 安倍晋三のゴルフのスコアはいくつ?トランプとどちらが上手なのか
  5. 航空会社がオーバーブッキングする理由は何?
  6. 京葉線の火災は何が原因?今後も慢性的に発生する?
  7. 若狭勝の家族は?小池百合子と再婚の噂も持ち上がるが・・・
  8. ゆうちょ銀行の限度額増しでなぜ批判が起きるのか?

注目記事

ピックアップ記事

  1. タトゥーを入れる人には深い意味を込める人も多い
  2. ウィキリークスとビットコインの関係
  3. 新元号は令和

カテゴリー

BUSINESS

  1. もしかして五月病?原因と予防法まとめ

LIFESTYLE

WOMEN

PAGE TOP