SOCIAL

1億円の日産GT-R。購入する人はいったんどんな人?

【人気急上昇中の記事】 現在 18 名が閲覧中...
マンションが、購入時よりも値上りしているケースが続出中!
あなたのマンション、現在の価値がサクッとカンタンに調べられるツールが、いま話題に。

日本国内の景気が少し上向いてきたせいか、国内自動車メーカーが実用性を度外視したスポーツカーを再び発表するようになりました。

ホンダは2人乗りスポーツカー「NSX」を復活させ、トヨタは若者向けスポーツカー「86」を発売するなど、国内自動車メーカーが立て続けにスポーツカーを発売しています。

そして、日産自動車もスポーツカーブランド「GT-R」を華々しく復活させ、スポーツカー市場に殴り込みをかけています。

定価が1億円すると言われる日産GT-R、こんな高級スポーツカーを購入できる人は、どんな人なのでしょうか。

ステータスの一部としてGT-Rを購入する富裕層

GT-Rのスタイルをご存知の方もおられるでしょうが、明らかに通勤や近所への買い物などに使える車ではありません。

かっこいい言い方をすれば、GT-Rのコンセプトは「走りを楽しむ車」です。

2017年の売り上げ目標台数は年間800台だったのですが、1億円と言う強気の定価設定にもかかわらず、売り上げ目標はあっけなくクリアして、年間1,000台を売り上げたのです。

1億円という定価が話題を集めたことで、富裕層が「高級な車を保有している」ことをステータスにするにはもってこいの車、それがGT-Rだったと言えます。

日産を代表するブランドカーの愛好者も多く購入

どこの自動車メーカーにも自社を代表する車種があるものですが、日産の場合はこのGT-Rが代表車種と言えます。

最近では「リーフ」を発売して環境先進企業の一面もアピールしていますが、昔からの日産愛好者からすればGT-Rも日産を代表する車種なのです。

かつての日産と言えば、数多くのスポーツカーを名車として送り出しています。

GT-Rの名前の由来は、プリンス自動車が発売していたスポーツカー、スカイラインを会社の合併と共に日産自動車ブランドとして残し、その時に上位車種としてGT-Rの冠を付けたのがきっかけです。

今の年齢で言えば70代から80代の男性が若々しいころに乗り回していたのがGT-Rなのです。

若いころは買いたくても買えなかった憧れのGT-R、お金に余裕ができた高齢者の世代がここで購入するケースも多いのです。

GT-Rの名前の由来は、あまり知られていません。

GTは「グランドツーリング」で、遠くまで行っても車の走りを楽しむ言葉を表しています。

Rは「レース」のRと、日産が初めて発売したスポーツカー「R380」のRを用いています。

日産からすれば、日産自動車と言う企業のDNAをこのGT-Rに込めていると言っても過言ではありません。

なかなか庶民が購入できる車ではありませんが、チャンスがあればぜひ1度運転してみたいものですね。

ピックアップ記事

関連記事

  1. 【中学生の甥がいる人必見!】入学祝いで絶対喜ばれるプレゼント3選…
  2. 桜島の噴火。2018年に入って活発になっている原因は何?
  3. 東京五輪の裏金は電通による工作か?中止の可能性はあるのか?
  4. 豊洲市場問題は石原慎太郎の責任だった?過去の発言が問題に
  5. 藤野保史の炎上騒動が賛否両論!防衛費は人を殺すための予算なのか?…
  6. 【2018 7月新ドラマ】筆者が期待するドラマ、トップ4!
  7. 豊洲市場のゼネコンは?盛り土を怠った責任は東京都に?
  8. 小室哲哉引退の裏にまたも週刊文春!過去に週刊文春に陥れられた有名…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目記事

ピックアップ記事

kubire3

BUSINESS

LIFESTYLE

WOMEN

PAGE TOP