LIFESTYLE

【2018・隅田川花火大会】穴場スポットを徹底調査!

【人気急上昇中の記事】 現在 18 名が閲覧中...
マンションが、購入時よりも値上りしているケースが続出中!
あなたのマンション、現在の価値がサクッとカンタンに調べられるツールが、いま話題に。

東京都を代表する花火大会のひとつが隅田川花火大会だ。

今年2018年も開催されることが決まっており、7月28日に行われる。約2万発のもの花火が打ち上げられ、100万人近い観客が訪れるのだ。

そんな隅田川花火大会だけに、あまり混雑せずに楽しめる穴場スポットが注目だ。

そこで今回は、2018年の隅田川花火大会の穴場スポットについて紹介していきたい。

【2018・隅田川花火大会】穴場スポット①

・水戸街道(国道6号)
隅田川花火大会の穴場スポットとしては、水戸街道が挙げられる。

水戸街道は、隅田川花火大会の第一会場・第二会場どちらの花火も見ることができる穴場スポットなのだ。

しかも、当日は夕方以降から歩行者開放区域ができる。そのため、隅田川花火大会の人気がある穴場スポットと言えるだろう。

・汐入公園
汐入公園も隅田川花火大会の穴場スポットだ。会場から距離があるため、混雑を避けながら花火を楽しむことができる。

しかも、汐入公園には駐車場があるため、車でも行くことができるのだ。ちなみに、駐車場の料金は1時間まで200円であり、以降30分毎に100円となっている。

会場から離れている分、花火の音も小さいため、小さなお子さんでも楽しめることができる穴場スポットなのだ。

【2018・隅田川花火大会】穴場スポット②

・タワーホール船堀の展望室
江戸川区にあるタワーホール船越の展望室も隅田川花火大会の穴場スポットだ。第一会場・第二会場どちらの花火も見ることができる。

やや離れているが、高さ115mからの花火を楽しむことができるのだ。しかも、タワーホール船越の展望室は無料となっている。

気軽に花火と東京の夜景を楽しめる穴場スポットなのである。

・浅草寺境内
隅田川花火大会の穴場スポットとしては、浅草寺境内も挙げられる。意外と盲点になっており、おすすめの穴場スポットのひとつだ。

お寺の雰囲気と花火はよく合っており、思う存分楽しむことができるだろう。デートでも使える穴場スポットである。

2018年も隅田川花火大会が開催される。日本屈指の花火大会であり、100万人近い人出で賑わう花火大会である。

今回は、そんな隅田川花火大会の穴場スポットを紹介してきた。いずれの穴場スポットも花火を楽しむことができるでしょう。

他にも、白髭橋や駒形どぜう前、厩橋なども隅田川花火大会の穴場スポットと言える。

デートなどでも使うことができるので、ぜひ2018年隅田川花火大会を楽しんでみてください。

ピックアップ記事

関連記事

  1. 【田村正和】引退のきっかけは病気?演技力の劣化?真相を調べてみた…
  2. 都知事選を予想!最新世論調査は小池・鳥越・増田の混戦か
  3. 山口敏夫の収監後の現在は?舛添どころじゃないブラックぶりに都民は…
  4. 消費税が10%になるまでに買っておきたいもの5選!
  5. 水道民営化によるメリット・デメリットを徹底解説!
  6. 小林まさひろハンダースの終活!田原俊彦の盟友が残した教訓とは?
  7. 内田茂がドンと呼ばれた経歴とwiki!樺山都議自殺の背景は?
  8. 桃田賢斗の闇カジノはなぜばれたのか?発覚時期に違和感

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目記事

ピックアップ記事

kubire3

BUSINESS

LIFESTYLE

WOMEN

PAGE TOP