LIFESTYLE

【2018・隅田川花火大会】穴場スポットを徹底調査!

【人気急上昇中の記事】 現在 18 名が閲覧中...
マンションが、購入時よりも値上りしているケースが続出中!
あなたのマンション、現在の価値がサクッとカンタンに調べられるツールが、いま話題に。

東京都を代表する花火大会のひとつが隅田川花火大会だ。

今年2018年も開催されることが決まっており、7月28日に行われる。約2万発のもの花火が打ち上げられ、100万人近い観客が訪れるのだ。

そんな隅田川花火大会だけに、あまり混雑せずに楽しめる穴場スポットが注目だ。

そこで今回は、2018年の隅田川花火大会の穴場スポットについて紹介していきたい。

【2018・隅田川花火大会】穴場スポット①

・水戸街道(国道6号)
隅田川花火大会の穴場スポットとしては、水戸街道が挙げられる。

水戸街道は、隅田川花火大会の第一会場・第二会場どちらの花火も見ることができる穴場スポットなのだ。

しかも、当日は夕方以降から歩行者開放区域ができる。そのため、隅田川花火大会の人気がある穴場スポットと言えるだろう。

・汐入公園
汐入公園も隅田川花火大会の穴場スポットだ。会場から距離があるため、混雑を避けながら花火を楽しむことができる。

しかも、汐入公園には駐車場があるため、車でも行くことができるのだ。ちなみに、駐車場の料金は1時間まで200円であり、以降30分毎に100円となっている。

会場から離れている分、花火の音も小さいため、小さなお子さんでも楽しめることができる穴場スポットなのだ。

【2018・隅田川花火大会】穴場スポット②

・タワーホール船堀の展望室
江戸川区にあるタワーホール船越の展望室も隅田川花火大会の穴場スポットだ。第一会場・第二会場どちらの花火も見ることができる。

やや離れているが、高さ115mからの花火を楽しむことができるのだ。しかも、タワーホール船越の展望室は無料となっている。

気軽に花火と東京の夜景を楽しめる穴場スポットなのである。

・浅草寺境内
隅田川花火大会の穴場スポットとしては、浅草寺境内も挙げられる。意外と盲点になっており、おすすめの穴場スポットのひとつだ。

お寺の雰囲気と花火はよく合っており、思う存分楽しむことができるだろう。デートでも使える穴場スポットである。

2018年も隅田川花火大会が開催される。日本屈指の花火大会であり、100万人近い人出で賑わう花火大会である。

今回は、そんな隅田川花火大会の穴場スポットを紹介してきた。いずれの穴場スポットも花火を楽しむことができるでしょう。

他にも、白髭橋や駒形どぜう前、厩橋なども隅田川花火大会の穴場スポットと言える。

デートなどでも使うことができるので、ぜひ2018年隅田川花火大会を楽しんでみてください。

ピックアップ記事

関連記事

  1. ルノーが日産を経営統合したがっている本当の理由
  2. 籠池泰典の息子と橋下徹に関係が…。次々と明るみにでる籠池謎の人脈…
  3. 広瀬すず・アリスの兄の顔画像は?酒気帯び運転に至った経緯はなんだ…
  4. 野村不動産社員の過労自殺が安倍内閣に及ぼす影響とは?ひた隠しにす…
  5. ブラックインターンシップを見分ける方法は?
  6. 籠池泰典の逮捕はあるか?贈賄と詐欺の可能性が浮上
  7. 岸和田イレブンスリー暴走(11・3暴走)の発端は何?
  8. 30代男性の平均年収はいくら?働く男子の懐事情を公開!

注目記事

ピックアップ記事

カテゴリー

BUSINESS

LIFESTYLE

WOMEN

PAGE TOP