SOCIAL

破産者マップ運営者は逮捕される?その場合、罪の重さは?

【人気急上昇中の記事】 現在 18 名が閲覧中...
マンションが、購入時よりも値上りしているケースが続出中!
あなたのマンション、現在の価値がサクッとカンタンに調べられるツールが、いま話題に。

破産者情報をGoogleマップで見られるようにしたサイト「破産者マップ」が閉鎖された。

破産者マップは公開されて以降、様々な物議を醸してきた。

プライバシーの侵害やいじめ、自殺を招くなどの批判が相次いでいたのだ。

破産者マップ運営者は、今回の騒動で逮捕されるのだろうか。

また、逮捕された場合、罪の重さはどれほどのものなのだろうか。

破産者マップ運営者は逮捕されるのか?

自己破産をした人の指名や住所などをGoogleマップ上で可視化した破産者マップは、3月19日未明に閉鎖されたことがわかった。

運営者によると、3月16日時点で1日230万アクセスを記録しており、とてつもないアクセス数となっていたようだ。

破産者マップには批判が多くあり、「破産者マップ被害対策弁護団」が発足し、活動資金を募るクラウドファンディングまで始まっている。

この弁護団は、破産者マップに記載することは名誉やプライバシーの侵害に当たると主張。

破産者マップの閉鎖へ向けて、発信者情報の開示や差し止め、損害賠償請求などを行なう方針だ。

名誉棄損や個人情報保護法違反での刑事告訴・告発も検討中とのことである。

刑事告訴・告発となった場合、破産者マップ運営者は逮捕される可能性はあるだろう。

破産者マップ運営者が逮捕された場合の罪の重さは?

破産者マップ運営者が逮捕された場合、考えられる罪状は名誉棄損罪もしくは個人情報保護法違反だろう。

名誉棄損罪の場合、法定刑は「3年以下の懲役もしくは禁錮又は50万円以下の罰金」とされている。

ただ、名誉棄損罪は親告罪となっており、被害者が告訴しなければ刑事手続きが進むことはない。

また、個人情報保護法違反の場合、「6カ月以下の懲役又は30万円以下の罰金となっている。

破産者マップのケースで個人情報保護法違反に当たるのかは微妙ではあるが、「破産者マップ被害対策弁護団」が刑事告訴・告発をすれば警察も動き出すことだろう。

破産者マップ運営者が逮捕となれば、意外と重い罪に問われるかもしれない。

すでに閉鎖となった「破産者マップ」だが、運営者は逮捕される可能性があるだろう。

「破産者マップ被害対策弁護団」が結成されており、すでにクラウドファンディングがスタートしている。

そして、「破産者マップ被害対策弁護団」は刑事告訴・告発まで示唆しているのだ。

逮捕された場合、名誉棄損罪もしくは個人情報保護法違反が罪状となる可能性が高い。

名誉棄損罪なら懲役3年、個人情報保護法違反なら懲役6カ月が一番重い刑となる。

そう考えると、破産者マップ運営者は意外と重い罪に問われる可能性があるだろう。

ピックアップ記事

初代編集長・ボス

初代編集長・ボス

投稿者の記事一覧

初代編集長。一部上場企業で働く傍ら、ビジネスで培ったノウハウ提供を趣味としている。ノウハウコレクターとしての一面をもつ。今は引退して芸能ニュースを毎日飽きずに見続けている。

関連記事

  1. BMWが日本で4万台のリコール。理由は何?
  2. アルファエックス(次世代新幹線)の特徴をまとめてみた!導入される…
  3. 明石市の泉房穂市長が暴言で炎上!一方で擁護する声も
  4. 蓮舫の夫の村田信之が可哀相すぎる!男性蔑視の女総理に未来は作れる…
  5. 就活での顔採用は本当にある?面接でみられるポイントとは?
  6. 稲田朋美が泣く訳は?辻元清美に泣かされた!
  7. 「保育園落ちた日本しね」の批判的に見るべきポイント2つ
  8. きらぼし銀行で4億円を着服した犯人の驚くべき犯行方法とは?

注目記事

ピックアップ記事

  1. メーカー就活必勝法
  2. パイオニア上場廃止で影響は?

カテゴリー

BUSINESS

LIFESTYLE

WOMEN

PAGE TOP