SOCIAL

働き方改革はいつから施行される?企業毎に異なる施行日まとめ

【人気急上昇中の記事】 現在 18 名が閲覧中...
マンションが、購入時よりも値上りしているケースが続出中!
あなたのマンション、現在の価値がサクッとカンタンに調べられるツールが、いま話題に。

働き方改革が成立し、順次施行が開始されます。

働き方改革は企業ごとに施行日が異なるのが特徴です。

今回は、働き方改革の内容と働き方改革法案の施行日を企業毎にまとめていきます。

働き方改革の内容とは?

働き方改革は8つの法案に分けられます。

法案の内容は以下です。

(1) 時間外労働の上限規制
36協定の特別条項につき、従来上限規制がありませんでしたが、「年間720時間、単月100時間未満、複数月平均80時間」の限度を設定することが義務付けられます。

(2) 年次有給取得の義務化
有給休暇が年10日以上ある労働者について、そのうち5日の取得を企業に義務付けられます。

(3) 勤務間インターバル制度の普及推進
前日の終業時刻と翌日の始業時刻の間に、一定時間の休息の確保を努力義務する必要があります。

(4) 中小企業の時間外割増率猶予措置の廃止
月60時間を超える時間外労働について、中小企業は割増率25%で据え置かれていましたが、大企業と同様に50%の割増率となります。

(5) 産業医の機能強化
事業主は産業医に必要な情報を提供し、産業医の勧告を衛生委員会に報告することが義務となります。

(6) 同一労働同一賃金の義務化
正社員と非正規労働者の不合理な待遇差の禁止、派遣労働者の派遣先または同種業務労働者との均等待遇実施、正社員との待遇差の内容・理由の説明が義務化されます。

(7) 高度プロフェッショナル制度の創設
一定の収入(1075万円以上を想定)があり高度の専門性知識を必要とする業務に従事する場合、本人の同意などを条件に労働時間および休日・深夜の割増賃金等の規定が適用除外されます。

(8) フレックスタイム制の清算期間延長
フレックスタイム制の清算期間を現行の1ヵ月から3ヶ月に延長されます。

施行日はいつから?

企業毎に施行日が異なる法案は以下です。

(1) 時間外労働の上限規制
大企業 2019年4月、中小企業 2020年4月

(4)中小企業の時間外割増率猶予措置の廃止
中小企業 2023年4月

(6)同一労働同一賃金の義務化
大企業 2020年4月、中小企業 2021年4月

ちなみに、大企業と中小企業の定義は以下を確認してください。

業種は主に4種類に分けられます。

小売業…資本金の額または出資の総額5000万円以下/常時使用する労働者数50人以下

サービス業…資本金の額または出資の総額5000万円以下/常時使用する労働者数100人以下
卸売業…資本金の額または出資の総額一億円以下/常時使用する労働者数100人以下
その他の事業…資本金の額または出資の総額3億円以下/常時使用する労働者数300人以下

残業代ゼロ法案とも言われていますが、働き方改革の方針は「長時間労働の是正」、「多様で柔軟な働き方の実現」、「雇用形態にかかわらない公正な待遇の確保のための措置」です。

働き方改革が日本経済において将来的にどうなるのかは、専門家によって意見はバラバラなのが気になります。

日本の経済はどうなっていくのでしょうか?

世界で一番働いているのが日本人とも言われています。

今回の働き方改革では、過労死などを引き起こす現状の労働基準法を見直し、ワークライフバランスを見つめなおすきっかけになると期待されています。

しかし、法整備だけでは大きな前進は期待できるのでしょうか?

働き方改革の内容をきちんと理解し、企業レベル、個人レベルまで浸透させないことには、法整備をしても無意味だと感じました。

ブラック企業という言葉が無くならない限り、本当の意味での働き方改革は出来ないと思います。

皆さんはどう思いますか?

ピックアップ記事

関連記事

  1. 溝畑泰秀和歌山立てこもり犯の動機は?事件の経緯まとめ
  2. 通常国会2017の召集日程と会期はいつからいつまで?注目法案は
  3. ゲイリー・オールドマンが辻一弘を指名した理由は?オスカーを取れる…
  4. 炎上した証券会社社員は大和証券社員か?しばき隊に所属していたのと…
  5. プロ麻雀リーグ「Mリーグ」に登録される選手予想。
  6. 大人よりも危険!子どもの方が熱中症になりやすい科学的な理由とは?…
  7. 【関ジャニ∞】渋谷すばる脱退の真相は薬?彼女?徹底に調べてみた!…
  8. 仮想通貨ファクトムだけが爆上げしている理由は何?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目記事

ピックアップ記事

kubire3

BUSINESS

LIFESTYLE

WOMEN

PAGE TOP