LIFESTYLE

平成の次の元号は誰がどうやって決めるのか詳しく調べてみた!

【人気急上昇中の記事】 現在 18 名が閲覧中...
マンションが、購入時よりも値上りしているケースが続出中!
あなたのマンション、現在の価値がサクッとカンタンに調べられるツールが、いま話題に。

平成の終わりが近づいてきている。

天皇陛下の生前退位はすでに決定されており、2019年5月から新しい元号となるのだ。

そこで気になるのが、元号の決め方である。

今回は、平成の次の元号は誰がどうやって決めるのかを中心に紹介していきたい。

平成の次の元号は誰がどうやって決める?

2019年5月からは平成ではなく、新しい元号が使用されることになる。

新しい元号は誰がどうやって決めるのかだが、基本的に政府が複数の学者に新元号の案を提出してもらい、有識者らが議論するようだ。

そして、有識者らが選定したのちに、内閣官房長官に提出される。

その後、内閣の全閣僚会議で決定するという流れになるようだ。

ちなみに、平成の際には漢文学や国文学などに関係している大学教授らが新元号案を考案した。

その中で、陽明学者の安岡正篤氏が「平成」という案を提出したとのことだ。

新元号についても、基本的には平成が決まったのと同じ流れとなる可能性が高く、学者らが新元号を考案し、有識者らが選定したのちに全閣僚会議で決定されることになるだろう。

新元号を決める際の条件はあるの?

新元号を誰がどうやって決めるのかがわかれば、今度は新元号の条件が気になるだろう。

実は、新元号を決める際にはいくつかの条件があるのだ。

それは、『①国民の理想として相応しい意味を持つ』『②漢字2文字』『③書きやすい』『④これまで元号またはおくり名として使われていない』『⑤俗用されていない』である。

これらの条件を満たしていなければ、新元号として使うことはできないのだ。

また、元号の頭文字はアルファベット表記で略されることがある。

例としては、明治(M)・大正(T)・昭和(S)・平成(H)などだ。

そのため、アルファベットの頭文字が被らないように、M・T・S・Hは避けられるのが濃厚となっている。

いつ新元号が発表されるのかは未定だが、混乱を避けるため早い段階で公表するとの見方がある。

どのような元号になるのか楽しみだ。

2019年には平成から新元号になるわけだが、新元号は学者らが案を提出する。

そして、有識者らが選定し、それを内閣官房長官に提出。

その後、全閣僚会議にて決定されるとのことだ。

また、新元号にはいくつかの条件が決められている。

条件をクリアしなければ、新元号になることはできないのだ。

新元号が何になるのか想像もつかないが、新元号の時代が良い時代になることを祈りたい。

ピックアップ記事

初代編集長・ボス

初代編集長・ボス

投稿者の記事一覧

初代編集長。一部上場企業で働く傍ら、ビジネスで培ったノウハウ提供を趣味としている。ノウハウコレクターとしての一面をもつ。今は引退して芸能ニュースを毎日飽きずに見続けている。

関連記事

  1. タクシーの初乗り運賃はなぜ地域で異なる?地域ごとの初乗り運賃まと…
  2. 榮義則 島田紳助・志村けん・星野伸一などのタニマチが逮捕!梁山泊…
  3. “磯風”の撮影画像!戦艦大和と沈んだ駆逐…
  4. 岩﨑友宏の冨田真由襲撃事件にみるアイドル業界の闇
  5. 藤野保史の炎上騒動が賛否両論!防衛費は人を殺すための予算なのか?…
  6. 「あたらしい党」のクラウドファンディング支援総額がヤバい!
  7. ラーメン博物館からすみれが卒業した理由は?今後の復活はあり得る?…
  8. 2018年土浦花火大会の事故は何が原因で起きた?

注目記事

ピックアップ記事

  1. ウィキリークスとビットコインの関係
  2. 北海道エリア別オススメTOP3
  3. メーカー就活必勝法

カテゴリー

BUSINESS

  1. 名刺交換では日常会話を

LIFESTYLE

WOMEN

PAGE TOP