LIFESTYLE

健康ゴールド免許は実現する?いつから始まるか

【人気急上昇中の記事】 現在 18 名が閲覧中...
マンションが、購入時よりも値上りしているケースが続出中!
あなたのマンション、現在の価値がサクッとカンタンに調べられるツールが、いま話題に。

10月26日、小泉進次郎衆議院議員らを中心とする自民党の若手議員20人のグループが2020年以降の社会保障改革に関する提言をまとめた。IT化、グローバル化を見据え、高齢化がより進むであろう2020年以降の雇用と社会保障の在り方などを提案するものである。

その中でも注目を集めているのが『健康ゴールド免許』である。健康管理に努めた人の医療保険の自己負担の割合を引き下げようというものだが、これが多くの批判を集めている。

健康ゴールド免許とは?

今回の小泉進次郎議員らの提言は、将来の日本を考える意味で非常に意欲的な内容になっている。社会保険を非正規労働者にも適用する「勤労者皆社会保障制度」。低所得労働者の社会保険料本人負担の免除、軽減。年金の支給開始年齢を引き上げ、働く高齢者にも保険料の支払い義務を持たせる。軽い疾患に対する医薬品の全額自己負担化など、高齢化と人口減少が止まらないだろう日本の未来に向け、歳出を抑えて社会保障の質を維持することを主な目的としている。

この提言の中でも目を引くのが『健康ゴールド免許』である。高齢化が進み、医療や介護の費用が年々増加している現在、医療介護制度をこのまま維持していくためには、自己負担額を上げるよりも、そもそも医療費を使わない健康な人、健康に生活するために努力している人を支援しようという制度であるようだ。

日頃から定期的に健康診断を受け、健康を維持していると認められれば『ゴールド免許』が与えられ、所持者は自己負担の割合を3割から2割に引き下げられる。医療費の多くは、生活習慣病、がん、認知症への対応に使われているが、これらの病気は日頃から健康管理をしっかりしていれば予防や進行の抑制が可能な場合もある。

せっせと健康診断を受けて予防に努めてきたのに生活習慣病になってしまった人と、自堕落な生活の末に同じ病気を招いてしまった人が同じ負担額では自助努力を動機づけられない。そこで負担額に差が付けられるという訳である。

確かにその例で考えれば単純に不公平さを感じるが、そもそも自助努力を健診の回数だけで判断するのに無理はないのだろうか。

例えば、健診にも特定健診(メタボ健診)のように身体周りと血液の検査程度のものから、人間ドックのように内臓から何から全身くまなく調べるものまで多種多様のものがある。

特定健診しか受けていない人と人間ドックも受けている人との間に、努力の差を図るということだろうか。それとも同じに考えるのだろうか。それに不公平さを感じる人はいないのだろうか。

健診を受けているかいないかだけで判断するとしたら、筆者には無理があるように感じられる。それに、過去に癌を発症したが現在は完治し、その後日々健康管理に努めているというパターンにはどう対処してもらえるのだろうか。個人の過去の病歴まで国が把握しなければ判断がつかないケースも出てくるのではないだろうか。そうなると、私たちはそこまで国に管理されなければならなくなるのだろうか。このアイディアにすぐさま反対するわけではないが、どうしても机上の空論に思えてしまう。

また、この構想は見る人によっては、健康管理を怠った人に対する差別や罰則であると捉えられる可能性もあるのではないだろうか。既にネットでは「きれいな長谷川豊」という評価までされている。

フリーアナウンサーの長谷川豊氏が、自身のブログで「人口透析患者の多くが自堕落な生活を続けたことが原因による自業自得の患者である。自業自得な患者の費用は全額自己負担にし、無理なら殺せ」という過激な発言をしたことで一時は大変な騒ぎになったが、見方によればこの発言と趣旨が同じだということなのだ。

実現すればいつから始まるのか

もし数々の問題がクリアされてこの制度が実現するとしたら、いつになるのだろうか。この提言が「2020年以降の雇用と社会保障制度の在り方」に関してのものであることから、2020年より前になることはないだろう。この提言を上に報告して、上の委員会で会議を重ね、国会に提出し・・・さて、この工程にどれくらい時間がかかるのだろうか。この制度が施行されることが決まっても、準備などにかなりの時間を要すると思われるので、「忘れた頃に」という可能性が高いのではないだろうか。

ゴールド免許も気になるが、老後の生活に直接関わってくる事柄が提言の中に含まれている。「年金の支給開始年齢の引き上げ」である。上限を70歳からさらに引き上げ、70歳を過ぎても保険料を納付できるというものである。

高齢になっても働き続けなければならないということか。「いつまでも元気で働き続けるためには日頃から健康管理に努めなければならなりません。でも頑張った結果、ゴールド免許がもらえて自己負担が2割になりますよ」

餌が少しも美味しそうに見えない。

ピックアップ記事

初代編集長・ボス

初代編集長・ボス

投稿者の記事一覧

初代編集長。一部上場企業で働く傍ら、ビジネスで培ったノウハウ提供を趣味としている。ノウハウコレクターとしての一面をもつ。今は引退して芸能ニュースを毎日飽きずに見続けている。

関連記事

  1. 冨田真由 犯人のツイッターを分析すると事件の背景が読めてくる
  2. 山本有二農林水産大臣の経歴は?更迭は避けられないとの見方強まる
  3. 平川動物公園のホワイトタイガーが飼育員を襲った理由は?
  4. NHK受信料2.5%値下げが確定。将来的にどこまで下がる?
  5. 麻生太郎の問題発言(名言・迷言)を集めてみた!
  6. プーチン来日!会談のホテルは山口のどこ?
  7. 平成の次の元号は誰がどうやって決めるのか詳しく調べてみた!
  8. 林文子 旦那と離婚危機が流されるも実際は過労で入院していた

注目記事

ピックアップ記事

  1. ウィキリークスとビットコインの関係
  2. メーカー就活必勝法

カテゴリー

BUSINESS

LIFESTYLE

WOMEN

PAGE TOP