SPORTS

高校野球センバツ2017の出場校が発表!優勝候補はどこだ?

【人気急上昇中の記事】 現在 18 名が閲覧中...
マンションが、購入時よりも値上りしているケースが続出中!
あなたのマンション、現在の価値がサクッとカンタンに調べられるツールが、いま話題に。

先週、春の選抜高校野球大会の出場校が発表された。

各都道府県の大会を勝ち上がった学校が出場する夏の大会と違い、春は前年の秋季都道府県大会とその上位者による地区大会の実績などを考慮して選出された、28の学校が出場する。

他に、困難な状況を克服した学校や、他校の模範となる学校から選出される21世紀枠が3校。前年の明治神宮大会で優勝した学校の地区から1校、計32校が紫紺の優勝旗を目指して戦いを繰り広げる。

多くの注目選手が出場する今大会。早くも優勝候補の予想が盛んである。

センバツ2017出場校

まず一般枠から。
北海道【札幌第一】
東北【仙台育英】【盛岡大付】
関東・東京【作新学院】【東海大市原望洋】【前橋育英】【健大高崎】【早稲田実業】【日大三】
北信越【福井工大福井】【高岡商業】
東海【至学館】【静岡】、
近畿【履正社】【神戸国際大付】【大阪桐蔭】【滋賀学園】【智弁学園】【報徳学園】【高田商業】
中国・四国【宇部鴻城】【市立呉】【明徳義塾】【帝京第五】【創志学園】
九州【福岡大大壕】【東海大福岡】【熊本工業】【秀岳館】(近畿は一般枠6校+明治神宮大会優勝校地区枠1校)
21世紀枠
【不来方】(岩手)、【多治見】(岐阜)、【中村】(高知)
以上、計32校が出場する。
今年の入場行進曲は、星野源の『恋』である。

優勝候補はこの5校!

➀早稲田実業(東京)
まず最も注目を集めると予想されるのは、清宮選手を擁する早稲田実業だろう。清宮は、昨年末に高校通算78号の本塁打を記録している。しかしその清宮に勝るとも劣らない活躍をしているのが、1年生ながら4番を任されている野村選手である。

野村は、東京都大会決勝の日大三校戦で9回裏にサヨナラツーランホームランを打つなど、1年生とは思えない勝負強さと長打力を持つ。

あとは投手力。攻撃力は申し分ないため、どこまで投手陣が踏ん張れるかで優勝争いに加われるか決まるだろう。

②履正社高校(大阪)
明治神宮大会で早稲田実業を破って優勝した履正社。清宮に対抗して「西の大砲」と呼ばれる安田選手が打線を引っ張る。打球の飛距離なら清宮より上とも評されている安田と共に、打の主軸を担う若林もいる。そしてエースの竹田投手は、最高145kmのストレートとスライダーを持ち、安定感もある。
投打のレベルが非常に高くバランスがいい。着実に優勝争いに絡んでくるだろう。

③大阪桐蔭高校(大阪)
この高校の特徴は、何といっても投手の層の厚さである。エースの徳山投手の後ろには、最速146kmのストレートを持つ根尾投手、左腕の横川投手が控えており、体制は万全である。たとえ勝ち上がって連戦状態になったとしても何の心配もない。

また打力も高く、山本選手、藤原選手、中川選手などのスター選手を擁している。総合力では随一だろう。

④福岡大大壕(福岡)
最速144kmのストレートとスライダー、カーブ、チェンジアップを駆使する技巧派投手、三浦投手を擁する。三浦は昨年秋の地区大会で、準決勝までの3試合を完封するなどの活躍を見せている。

打撃陣の主砲は、高校通算44本のホームランを打つ東選手。この二人が投打を引っ張る、総合力の高いチームである。

⑤仙台育英(宮城)
投手力の強さが注目ポイントである。昨年の東北地区大会では、4試合で4失点と安定したピッチングで優勝している。エース長谷川投手の他、センターの佐川選手、ショートの西巻選手もマウンドに立つ。地区大会ではこの3人の継投で1安打完封勝利を収めた。投と同じく、打もつなぐバッティングが持ち味。投と打のつなぎがうまく回れば、優勝する可能性も充分にある。

応援したい21世紀枠

優勝候補の学校はもちろんだが、大注目して応援したいのは21世紀枠で選出された学校である。名門校とは比べ物にならないほどの厳しい環境や困難を乗り越えて練習し、晴れの舞台に立つ選手たち。例え1勝でも、彼らにとっては奇跡のような出来事になるだろう。

岩手県の不来方(こずかた)高校は、女子生徒の人数が男子の2倍。野球部員も10名しかいない。しかし、昨秋の県大会では準優勝と大健闘した。

岐阜県の多治見高校は、グランドを他の部と共有するため、内野部分しか使えないという厳しい状況ながら、練習時間と内容を工夫するなどして克服。岐阜大会で初優勝した。

高知県の中村高校は、中高一貫の進学校。部員は16人と少なく、内6名が1年生。グランドが火曜日と木曜日しか使えないという厳しい練習環境の中、高知大会では決勝で明徳義塾を破り優勝している。

出場するからには優勝したい。一つでも多く勝ちたい。名門校の有名選手も、そうでない学校のそうでない選手も、思いは同じだろう。

例えその思いが叶わなかったとしても、未来の自分へつながる何かを見つけてほしい。大人からの願いである。

ピックアップ記事

関連記事

  1. 【西野朗】イケメン監督の経歴は?妻や子供も美形ってウワサは本当?…
  2. 斎藤慧がドーピング陽性!アセタゾラミドって無意識に摂取できるの?…
  3. 高田千明の全盲の原因は?パラリンピックを目指す全盲ママアスリート…
  4. 松田知幸射撃の経歴やプロフィール!中年の星の警察官は日本人メダル…
  5. 東京マラソン2017の芸能人出場者は?注目は◯◯!
  6. 貴公俊の処分はどうなる?原因は貴乃花親方の力量不足か!?
  7. 今井月がハーフでかわいいと話題に!母はフィリピン人との噂を検証し…
  8. 高木京介 契約更改するもキャンプで賭博発覚して退団決定か?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目記事

ピックアップ記事

kubire3

BUSINESS

LIFESTYLE

WOMEN

PAGE TOP