LIFESTYLE

隠れインフルエンザが原因で学級閉鎖も!有効な見分け方や予防法はあるのか?

2018年もインフルエンザが猛威を振るっており、学級閉鎖の学校も増えているようだ。今季のインフルエンザの特徴は、隠れインフルエンザが流行しているとの声もある。インフルエンザの見分け方や予防法について紹介していきたい。

隠れインフルエンザが原因で学級閉鎖も!

今年もインフルエンザが猛威を振るっており、学級閉鎖になっている学校も多くある。今年のインフルエンザでは、隠れインフルエンザが流行しているようだ。隠れインフルエンザというのは正式な病名ではない。インフルエンザに罹っているが、高熱が出ないことを隠れインフルエンザと言うのだ。

隠れインフルエンザが厄介なのは、高熱が出ないためインフルエンザと気づきにくいことだ。インフルエンザと気づかずに学校・会社に行き、ウイルスをまき散らしてしまう。そのため、インフルエンザが拡がってしまい、学校では学級閉鎖にまでなっているのだ。また、気づくのが遅くなるため、重症化する可能性もある。そのため、「インフルエンザ=高熱」という認識を改める必要があるだろう。

隠れインフルエンザの見分け方や予防法は?

隠れインフルエンザの見分け方としては、強いのどの痛みや関節・筋肉が痛む、疲労感・だるさなどがある。高熱が出なくても、それらの症状があるなら隠れインフルエンザの可能性がある。しかし、インフルエンザと自己判断するのは難しい。そのため、症状が現れたら病院で診断を受けるのがベストだ。

隠れインフルエンザも通常のインフルエンザと予防法は変わらない。飛沫感染や接触感染が主なため、手洗いやマスクの着用で予防することができる。また、加湿器を使用して湿度を保つことで、防御機能の低下を防ぎインフルエンザに罹りにくくなる。インフルエンザの予防法がそのまま隠れインフルエンザでも有効となっているのだ。しっかりとインフルエンザ予防をし、インフルエンザに罹らないようにしてください。

今年もインフルエンザが流行している。今年は隠れインフルエンザが流行っており、学級閉鎖になっている学校もあるようだ。隠れインフルエンザとは、高熱が出ないインフルエンザのことである。高熱が出なくても、強いのどの痛みや関節・筋肉が痛む、疲労感・だるさがある場合は隠れインフルエンザの可能性がある。高熱がなくても隠れインフルエンザに要注意なのだ。

隠れインフルエンザの予防法は、通常のインフルエンザと変わらない。手洗い・うがいの徹底と湿度管理で予防することができる。しっかしと予防し、隠れインフルエンザに罹らないようにしましょう。

ピックアップ記事

関連記事

  1. 都知事選の結果順位!2016年候補者21名の大混戦を制したのは?…
  2. 豊洲市場問題は石原慎太郎の責任だった?過去の発言が問題に
  3. ヒアリの天敵は?対策と特徴のまとめ
  4. 内田茂の自宅はどこ?大物都議会議員の自宅が実は…
  5. 消費税10%は、いつから実施される?
  6. 冨田真由 犯人のツイッターを分析すると事件の背景が読めてくる
  7. 籠池泰典は日本会議の役員?黒幕の存在でトカゲの尻尾切りか
  8. 【前田敦子と熱愛中!】プレイボーイ・勝地涼の歴代彼女まとめ!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目記事

ピックアップ記事

kubire3

BUSINESS

LIFESTYLE

WOMEN

PAGE TOP