SOCIAL

イニエスタが日本のクラブを選んだ理由は何?

【人気急上昇中の記事】 現在 18 名が閲覧中...
マンションが、購入時よりも値上りしているケースが続出中!
あなたのマンション、現在の価値がサクッとカンタンに調べられるツールが、いま話題に。

先日行われた2018明治安田生命Jリーグ第17節で日本デビューとなった元スペイン代表アンドレス・イニエスタ選手。

世界的プレイヤーのイニエスタ選手はどうして、極東の国日本を選んだのでしょうか?

今回は、イニエスタ選手がヴィッセル神戸、Jリーグを選んだ理由についてまとめていきます。

アンドレス・イニエスタというスーパースターとは?

アンドレス・イニエスタ選手は、世界一のクラブ、スペインのリーガエスパニョーラに所属するバルセロナFCで中心選手として長年活躍してきました。

代表レベルでも、南アフリカW杯でスペインを初優勝に導くなど、多大な貢献をしてきたワールドクラスのスーパースターです。

類いまれなるパスセンスは、世界最高との呼び声も高く、アルゼンチン代表メッシ選手や、ブラジル代表ネイマール選手、ウルグアイ代表スアレス選手で構成される「MSN」を陰でコントロールをしていたのは、イニエスタ選手がいたからだとも言われています。

先日行われたロシアW杯でも、その才能をいかんなく発揮し、ベスト16で敗れはしたものの、イニエスタ健在を世にアピールしました。

なぜ日本?なぜ神戸?

まず、ヴィッセル神戸を選んだ理由については、前所属のバルセロナのメインスポンサーにヴィッセル神戸のスポンサーである楽天が選ばれたことがきっかけでしょう。

イニエスタ選手がヴィッセル神戸に入団が決まった時のインタビューでは、次のように語っています。

「幸運なことに色々なオファーがあった。私に関心を持ってくれた他のクラブにも感謝したい。私がヴィッセル神戸に決めた理由は、提示されたプロジェクトが非常に興味深かったからだ。私に対して人としてプレイヤーとして信頼を持ってくれたことが大きかった。」

イニエスタともなると、入団するだけで広告塔の役割を持つため、商業的な価値を持つのは当たり前です。

ヴィッセル神戸は、イニエスタ入団より前に、元ドイツ代表のルーカス・ポドルスキ選手を入団させています。

商業的な側面というよりも、チームとしてきちんとした戦略の中でイニエスタ選手が必要だということを伝えた結果、ヴィッセル神戸に入団を決めたようです。

また、イニエスタ選手は元々大の親日家としても知られています。

自身が尊敬する元バルセロナのミカエル・ラウドルップ選手(現在は引退)が所属していたヴィッセル神戸入団の際には、先輩に相談をしたのではないかとみられています。

中国の巨額のオファーに目もくれず、治安的、文化的にもイニエスタ選手にマッチしたのが日本だったということですね。

イニエスタ選手の入団会見で印象に残っているのは、「国民の一部になりたいです」と語っていたことです。

生粋のスペイン人でありながら、所属する未知の国の文化を深く知りたい、文化の一員になりたいという懐の深さは、他の外国人にはあまり見られない姿勢です。

日本人として、イニエスタ選手を歓迎するとともに、サッカーファンとしてイニエスタ選手の活躍に期待が高まります。

家族で日本に引っ越してきたようですので、娘さんたちも神戸のインターナショナルスクールに通うのでしょう。

どんな風に日本の文化に溶け込むのか気になる所ですね。

今後の活躍から目が離せません。

ピックアップ記事

初代編集長・ボス

初代編集長・ボス

投稿者の記事一覧

初代編集長。一部上場企業で働く傍ら、ビジネスで培ったノウハウ提供を趣味としている。ノウハウコレクターとしての一面をもつ。今は引退して芸能ニュースを毎日飽きずに見続けている。

関連記事

  1. 大口病院の入院患者殺害事件。犯人の動機は何?
  2. ゴーンの弁護人が辞任した理由は?「ゴーンを見限った?」それとも「…
  3. 慶応の動画拡散は加害者側がワザと流していたことが判明!そのワケが…
  4. 舛添要一 第三者の弁護士とは誰になるのか?逃げ切りの姿勢を強める…
  5. 「消費税10%とかクソ」の意見から見える日本の将来。
  6. 畠成章が籠池泰典・塚本幼稚園に口利きした政治家か?本人の対応は?…
  7. 蓮舫の本名と国籍は?日本は他民族総理を受け入れられるのか?
  8. 横山幸雄謹慎処分から解雇の原因がヤバイ!上野学園大学騒動

注目記事

ピックアップ記事

  1. ウィキリークスとビットコインの関係
  2. タトゥーを入れる人には深い意味を込める人も多い
  3. メーカー就活必勝法

カテゴリー

BUSINESS

  1. もしかして五月病?原因と予防法まとめ

LIFESTYLE

WOMEN

PAGE TOP