SOCIAL

iPhone6の故障率が高い理由は?詳しく調査してみた!

【人気急上昇中の記事】 現在 18 名が閲覧中...
マンションが、購入時よりも値上りしているケースが続出中!
あなたのマンション、現在の価値がサクッとカンタンに調べられるツールが、いま話題に。

Appleは高性能の製品を供給しているイメージが強い。

なかでも、iPhoneへの信頼度は高く、日本でもiPhone愛用者は多い。

しかし、iPhone6の故障率が高いことがわかった。

他の端末に比べ、大幅に故障率が高いとのことだ。

それでは、iPhone6の故障率が高い理由とは何なのだろうか。

Apple・iPhone6の故障率が高い!

Appleの主力製品であるiPhoneだが、iPhone6のみ故障率が高いことがわかった。

メーカーや通信キャリア向けに診断ソフトウェアを提供するアメリカの企業・Blanccoは、AndroidやiOSの端末故障率を発表したのだ。

これによると、故障率はAndroidが14%でiOSが12.5%である。

そしてiOSの端末別では、iPhone6の故障率は26%でiPhone6Sが14%となっており、他の端末よりも故障率が高い水準だったのである。

iPhone7シリーズの故障率が7~8%であることからも、iPhone6の故障率がいかに高いのかがわかるだろう。

ただし、Blanccoのデータは、すべてのスマホの故障率を示したものではない。

同社がサービス提供する通信キャリアやメーカーに持ち込まれたデバイスの数値をまとめたものなのだ。

とは言え、iPhone6が他の端末よりも故障率が高いのは事実だろう。

iPhone6の故障率が高い理由とは?

それでは、なぜiPhone6だけが故障率が高いのだろうか。

実は、iPhone6の故障率が高い理由については、はっきりとした理由は明確になっていない。

ただし、最も可能性がある理由としてiOSが挙げられている。

iPhone6に搭載されているiOSが原因との声が多くあり、iPhone6本体とiOSの相性が悪いのではとの意見も見られるのだ。

実際に、iOSのアップデート後、iPhoneのバッテリー消耗が激しくなったり、フリーズして動かなくなったりするなどの現象が見られたという。

そう考えるとiPhone6が故障しやすい理由は、iOSにある可能性は十二分にあるのではないだろうか。

ちなみに、iPhone6の不具合としては「フリーズ」「勝手にタッチされる」「熱くなる」などがある。

しかし、これらの症状は必ずしも呼称とは限らない。

そのため、もしそうなったときには、iSO診断をしてみるのがおすすめだ。

Apple製品は、高品質な商品を提供しているイメージが強い。

しかし、iPhoneの中でもiPhone6の故障率が高いことがわかった。

アメリカの企業。

Blanccoの発表から、iPhone6の故障率は26%であることがわかったのだ。

iPhone7シリーズが7~8%の故障率であることから、いかにiPhone6の故障率が高いかわかるだろう。

iPhone6の故障率が高い理由は、明確にはわかっていない。

しかし、iOSが原因である可能性は高い。

iPhone6とiOSの相性が悪いのではとの意見まであるのだ。

もしiPhone6を使っており、故障したかもと思ったら、まずは焦らずにiSO診断をしてみてください。

ピックアップ記事

関連記事

  1. 北朝鮮の戦争は秒読み?2017年4月と予言の未来人の存在も
  2. 慶應の動画拡散との噂は?広告学研究会のメンバーに反省の色なし
  3. 携帯料金が値下げされたら従業員の給与は減る?
  4. 日本のカジノディーラーの年収はどれくらい?
  5. スルガ銀行の株価が下落の一途。今後上げ素材はある?
  6. ビックカメラリカーは酒専門店としての経営は成り立つ?
  7. 東京サマーランド事件の犯人は子供か?捜査の最新情報
  8. 乗り物酔いを防ぐメガネ!その仕組みとは?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目記事

ピックアップ記事

kubire3

BUSINESS

LIFESTYLE

WOMEN

PAGE TOP