SOCIAL

アメリカ・トランプ大統領とイランの関係悪化!戦争に発展する可能性は?

【人気急上昇中の記事】 現在 18 名が閲覧中...
マンションが、購入時よりも値上りしているケースが続出中!
あなたのマンション、現在の価値がサクッとカンタンに調べられるツールが、いま話題に。

アメリカとイランの関係が悪化している。

核合意離脱を巡り両国は対立しているわけだが、トランプ大統領はイランに対して厳しい文章で警告したのだ。

このまま関係が悪化していけば、アメリカとイランは戦争に発展する可能性はあるのだろうか。

アメリカ・トランプ大統領とイランの関係悪化!

アメリカとイランの関係が悪化したのは、トランプ大統領によるイラン核合意からの離脱によるものだ。

アメリカとイランは、ともにけん制しあっている。

7月22日にトランプ大統領は、自らのツイッターでイランのロウハニ大領領に「二度とアメリカを脅迫するな。

さもなければ、歴史上ほとんど経験したことがないような結果を招くだろう」と発言している。

一方、イランも「米国は、イランとの戦争は全ての戦争の母となることを知るべきだ」「トランプ大統領はライオンの尾でたわむれるな。

それは後悔だけをもたらすだろう」と述べているのだ。

このように、アメリカとイランの両国は強気な姿勢を見せながら、けん制を続けているのである。

アメリカとイランが戦争に発展する可能性は?

アメリカとイランが戦争に発展する可能性は十分あり得るだろう。

トランプ大統領やイラン側の発言からも、最悪のケースとして戦争も選択肢となっていることが窺える。

イランとしては、イラン核合意の履行が狙いであり、トランプ大統領はもっと厳しい条件で核合意が狙いとなっている。

イランはアメリカに対し、原油の重要な海上輸送路・ホルムズ海峡を閉鎖することを示唆しているのだ。

一方、アメリカは8月6日から第1次制裁措置を発動し、11月4日からは第2次制裁措置を科す予定となっている。

トランプ大統領は、「過去最大級」の制裁を発動すると発表しているのだ。

このように、イランとアメリカは本気でやりあっているのである。

どちらかが折れない限り、戦争に発展する可能性はある。

今後の両国の動きについては注視していく必要があるだろう。

アメリカとイランの関係が悪化している。

トランプ大統領は、イランに対し「二度とアメリカを脅迫するな」と発言しており、イランも「ライオンの尾でたわむれるな」と互いにけん制しているのだ。

さらに、イランはホルムズ海峡の閉鎖を示唆し、アメリカは過去最大級の制裁を発動することを発表している。

これは、アメリカとイランのチキンレースとなりそうだ。

どちらも折れることがなければ、戦争にまで発展する可能性は十分あり得る。

それだけに、アメリカとイランの動向には注視しておくべきだろう。

ピックアップ記事

初代編集長・ボス

初代編集長・ボス

投稿者の記事一覧

初代編集長。一部上場企業で働く傍ら、ビジネスで培ったノウハウ提供を趣味としている。ノウハウコレクターとしての一面をもつ。今は引退して芸能ニュースを毎日飽きずに見続けている。

関連記事

  1. 山口達也はなぜ「山口達也メンバー」と呼ばれてるのか?容疑者ではな…
  2. アート引越センター不祥事で4人が書類送検。未成年の深夜労働問題。…
  3. ゾゾタウンの非正規労働者問題。派遣社員の何が問題?
  4. 石垣島へ自衛隊を配備させるデメリットは?
  5. 飲み過ぎに注意 AAAの浦田直也さんが女性に暴行して逮捕?一体何があった?
  6. NHK常時ネット配信は、スマホやPC持っているだけで受信料が発生…
  7. トランプのツイッターの日本語訳をリアルタイムで見る方法!
  8. 電通過労死問題の上司の現在は?左遷しない限り電通は変わらない

注目記事

ピックアップ記事

  1. ウィキリークスとビットコインの関係
  2. タトゥーを入れる人には深い意味を込める人も多い
  3. パイオニア上場廃止で影響は?
  4. 病院に3億円を追加寄付する中本さん

カテゴリー

BUSINESS

LIFESTYLE

  1. もしかして五月病?原因と予防法まとめ

WOMEN

PAGE TOP