SOCIAL

アメリカ・トランプ大統領とイランの関係悪化!戦争に発展する可能性は?

【人気急上昇中の記事】 現在 18 名が閲覧中...
マンションが、購入時よりも値上りしているケースが続出中!
あなたのマンション、現在の価値がサクッとカンタンに調べられるツールが、いま話題に。

アメリカとイランの関係が悪化している。

核合意離脱を巡り両国は対立しているわけだが、トランプ大統領はイランに対して厳しい文章で警告したのだ。

このまま関係が悪化していけば、アメリカとイランは戦争に発展する可能性はあるのだろうか。

アメリカ・トランプ大統領とイランの関係悪化!

アメリカとイランの関係が悪化したのは、トランプ大統領によるイラン核合意からの離脱によるものだ。

アメリカとイランは、ともにけん制しあっている。

7月22日にトランプ大統領は、自らのツイッターでイランのロウハニ大領領に「二度とアメリカを脅迫するな。

さもなければ、歴史上ほとんど経験したことがないような結果を招くだろう」と発言している。

一方、イランも「米国は、イランとの戦争は全ての戦争の母となることを知るべきだ」「トランプ大統領はライオンの尾でたわむれるな。

それは後悔だけをもたらすだろう」と述べているのだ。

このように、アメリカとイランの両国は強気な姿勢を見せながら、けん制を続けているのである。

アメリカとイランが戦争に発展する可能性は?

アメリカとイランが戦争に発展する可能性は十分あり得るだろう。

トランプ大統領やイラン側の発言からも、最悪のケースとして戦争も選択肢となっていることが窺える。

イランとしては、イラン核合意の履行が狙いであり、トランプ大統領はもっと厳しい条件で核合意が狙いとなっている。

イランはアメリカに対し、原油の重要な海上輸送路・ホルムズ海峡を閉鎖することを示唆しているのだ。

一方、アメリカは8月6日から第1次制裁措置を発動し、11月4日からは第2次制裁措置を科す予定となっている。

トランプ大統領は、「過去最大級」の制裁を発動すると発表しているのだ。

このように、イランとアメリカは本気でやりあっているのである。

どちらかが折れない限り、戦争に発展する可能性はある。

今後の両国の動きについては注視していく必要があるだろう。

アメリカとイランの関係が悪化している。

トランプ大統領は、イランに対し「二度とアメリカを脅迫するな」と発言しており、イランも「ライオンの尾でたわむれるな」と互いにけん制しているのだ。

さらに、イランはホルムズ海峡の閉鎖を示唆し、アメリカは過去最大級の制裁を発動することを発表している。

これは、アメリカとイランのチキンレースとなりそうだ。

どちらも折れることがなければ、戦争にまで発展する可能性は十分あり得る。

それだけに、アメリカとイランの動向には注視しておくべきだろう。

ピックアップ記事

初代編集長・ボス

初代編集長・ボス

投稿者の記事一覧

初代編集長。一部上場企業で働く傍ら、ビジネスで培ったノウハウ提供を趣味としている。ノウハウコレクターとしての一面をもつ。今は引退して芸能ニュースを毎日飽きずに見続けている。

関連記事

  1. 【Kalafina】内部分裂でユニットの存続ができないっていうウ…
  2. 舛添要一が公用車で湯河原別荘通い!度重なる公私混同で辞職に追い込…
  3. 与謝野信の経歴や学歴は?親戚に与謝野馨!日の丸騒動で窮地に!
  4. 京都SUSHI劇場が休館している理由は何?秋元ブランドの崩壊か?…
  5. 台風24号が本州に直撃か。台風前にできる対策まとめ。
  6. 都議選2017は小池百合子の圧勝?都民ファースト過半数をとれる?…
  7. 忘年会で失敗しないお店選びのコツまとめ
  8. カジノ法案成立で日本のカジノはいつ・どこに?有力候補地まとめ

注目記事

ピックアップ記事

  1. 北海道エリア別オススメTOP3
  2. 名刺交換では日常会話を

カテゴリー

BUSINESS

LIFESTYLE

WOMEN

PAGE TOP