SOCIAL

「ET―KING」いときんさんが若くして死去。命を奪った肺腺がんってどんな病気?

【人気急上昇中の記事】 現在 18 名が閲覧中...
マンションが、購入時よりも値上りしているケースが続出中!
あなたのマンション、現在の価値がサクッとカンタンに調べられるツールが、いま話題に。

人気ヒップホップグループ「ET-KING」のリーダー・いときん(本名・山田祥正)さんが1月31日に亡くなっていたことがわかった。

いときんさんはまだ38歳でした。いときんさんが亡くなった原因は肺腺がんだ。肺腺がんとはどんな病気なのだろうか。

人気グループ「ET-KING」のいときんさんが死去

「ET-KING」のリーダー・いときんさんが1月31日、大阪府和泉市内の病院で死去したことがわかった。いときんさんは2017年6月の定期健診で異常が見つかり、7月の検査でステージ4の肺腺がんと診断されていた。

その後、8月に肺腺がんであることを公表している。いときんさんは、2017年12月28日に行われたET-KINGの全国ツアー『えびす巡業~出稼ぎ篇~』の最終公演に出演しており、これが最後の公の場となってしまった。

また、4月25日にリリース予定のニューアルバム『LIFE』に、いときんさんは全曲レコーディングに参加していたとのことである。そのため、いときんさんにとっては、ニューアルバム『LIFE』が遺作となってしまった。

いときんさんの通夜は2月3日、葬儀告別式は2月4日に大阪・やすらぎ天空館にて行われる。ファンのために記帳台も設けられるとのことだ。

肺腺がんとはどんな病気?

まだ38歳のいときんさんが死去した原因は、肺腺がんによりものだ。肺腺がんは、肺がんの中でも最も多いがんとされている。日本人の肺がんの約半数が肺腺がんだと言われているのだ。

肺腺がんの特徴は男性より女性に多く、喫煙との因果関係は弱いとされている。さらに、初期症状が出にくいのが特徴で、化学療法や放射線治療法が効きにくいのである。いときんさんも自覚症状がなかったとのことであり、肺腺がんは症状が出にくいので発見が遅れやすいのだ。

代表的な症状としては、咳や痰、発熱などが挙げられる。肺腺がんで助かるためには、できるだけ早期に発見するのが重要だ。それだけに、定期的に検査を受けるのがおすすめです。

人気グループ「ET-KING」のいときんさんが38歳の若さで死去した。死因は肺腺がんであり、昨年8月に肺腺がんであることを公表していた。いときんさんの死因である肺腺がんは、肺がんの中でも最も多いがんとされている。

しかも、肺腺がんは初期症状が出にくいのが特徴となっている。いときんさんも自覚症状がなかったとのことであり、少しでも異常があったら検査するべきだろう。

肺腺がんは早期発見・治療をするべきであり、定期健診を受けるのがおすすめだ。いときんさん死去は非常に残念であり、ご冥福をお祈り申し上げます。

ピックアップ記事

関連記事

  1. 籠池泰典の証人喚問の日時・時間はいつ?与党の反対議員が恐れる最悪…
  2. 貴公俊の処分はどうなる?原因は貴乃花親方の力量不足か!?
  3. 健康ゴールド免許は実現する?いつから始まるか
  4. 宇都宮健児が都知事選出馬か 極左で共産党候補者との評判は妥当なの…
  5. 石破茂の娘と嫁が美人と話題に!大物政治家の家族はどんな人?
  6. スルガ銀行の株価が下落の一途。今後上げ素材はある?
  7. 稲田朋美防衛省辞任はあるか?森友問題で窮地に
  8. 川崎麻世とカイヤの離婚裁判!勝つのはどっち?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目記事

ピックアップ記事

kubire3

BUSINESS

LIFESTYLE

WOMEN

PAGE TOP