SOCIAL

日本カビの対策は?抗生物質が効かないって本当?

日本カビ(カンジダ・アウリス)が欧米・アジアで真菌感染症として脅威をもたらしているようだ。

日本人研究者により世界で初めて報告された日本カビ。この日本カビが欧米・アジアなどでも発見されており、死亡者まで出ているのである。今後、日本カビについて注意・警戒をする必要があるのかもしれない。

日本カビの対策は?

日本では、帝京大学大学院医学系研究科の槇村浩一教授によって日本カビが発見されている。このとき日本カビは、70歳の女性患者の耳漏から発見されたのだが、カビの病原性は低かった。そして、抗菌薬に対する耐性も示さなかったのである。しかし、韓国・インド・パキスタン・米国・南アフリカなどでも日本カビは発見されており、死亡する事例まで報告されているのだ。

ちなみに、日本カビは日本から広がったのではなく、各国にもともとあったとされている。日本カビの感染経路は、接触感染が主だと考えられているようだ。これまでに海外では、院内感染も報告されているという。

日本カビ対策は、これと言って見当たらないのが現状となっている。まだ日本カビについてわかっておらず、対策も後手になっているのだ。基本的なことだが、健康な状態で感染しないように免疫力を高めておくことが一番の対策だろう。

日本カビは抗生物質が効かないって本当?

日本カビが問題視されているのが、治療薬が効かない耐性化である。耐性化されれば抗生物質が効かなくなる。アメリカの研究によると、アメリカの9割以上の日本カビが最優先で選択される治療薬への耐性を持っているという。

さらに、日本カビの5割は2種類以上の抗菌薬に耐性を持っており、4%に至っては全抗菌薬が効かないとのことだ。しかも、アメリカだけでなく、韓国やインドでも耐性化した日本カビが確認されているのである。それだけに日本カビが問題視されているのだ。

ちなみに、日本では耐性化された日本カビは見つかっていない。しかし、海外から耐性化された日本カビが入ってくる可能性はある。そうなると、抗生物質が効かない以上危険だろう。日本カビの研究が進み、治療法や対策が見つかることを願っている。

日本カビと言われると、日本固有のカビみたいだが事実は異なる。日本人により発見されたから通称として日本カビとされているのだ。そんな日本カビが世界で流行している。耐性化された日本カビだと抗生物質が効かないという。

しかも、耐性化された日本カビは複数の国で確認されているのだ。できるだけ早く治療方法や対策方法を確立して、日本カビの脅威から多くに人を守ってもらいたい。

ピックアップ記事

関連記事

  1. 島袋里奈さんFacebookの霊視結果通りの事態に・・・沖縄県民…
  2. 神宮外苑で白熱電球が炎上!東京デザインウィークの惨事は防げなかっ…
  3. 藤丸敏が豊洲タワマン不倫か?経歴や実績は?
  4. 長谷川秀夫が過労死問題で炎上!なにが問題だったのか?
  5. 北海道新幹線の事故は大丈夫か?JR北海道による運行を不安視する声…
  6. 佳子さまの彼氏と噂の富士急行御曹司の堀内基光さんはメガバンク勤務…
  7. 籠池泰典の嫁の経歴は?退任で集まる注目
  8. ドゥテルテ大統領が親日の理由は?なぜ日本には暴言を吐かないのか

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目記事

ピックアップ記事

kubire3

BUSINESS

LIFESTYLE

WOMEN

PAGE TOP