SOCIAL

海上自衛隊への志願者が減少の一途をたどる理由とは?

【人気急上昇中の記事】 現在 18 名が閲覧中...
マンションが、購入時よりも値上りしているケースが続出中!
あなたのマンション、現在の価値がサクッとカンタンに調べられるツールが、いま話題に。

2010年代の日本の安全保障を振り返ると、尖閣諸島への中国艦船の進出や、北朝鮮からの弾道ミサイル関連の脅威がみられ、それらのへの対策がかなり必要になってきます。

特に、安全保障のために存在する自衛隊のうち、中国艦船への対応や弾道ミサイルの迎撃に尽力するのが海上自衛隊です。

そんな海上自衛隊への志願者が、年々減少している傾向がみられるようになってきました。

安全保障上重要な役割を持っている海上自衛隊、なぜここにきて志願者が減少してきたのでしょうか。

危険な任務に遂行するイメージが付きまとう

海上自衛隊は2000年代になってPKOなどで海外派兵を行うことも増えてきました。

インド洋での支援活動、ソマリア沖での海賊対策など、その活躍の場は世界中に広がりを見せています。

逆にその世界的な活動が危険な活動と言うイメージを持たれる結果となり、志願者が減少している要因にもなっているようです。

国民の意識が低下している

戦前であれば「お国のため」と言って兵隊にもいくし、工場で勤労もするし、かつての日本人は本当に国に対して忠実であったと言えます。

そのころと比べるのは極端かもしれませんが、平静が終わろうとするこの世の中では、国のために何かをするという概念すら失われつつあります。

つまり「国を守る」という使命感が根本的に失われつつある中で、自衛隊を職業として選択する意識が存在しなくなっているのです。

他にも給与がいい仕事がある

少子化になって現代社会は「人手不足」が問題になっています。

少しでも人材を確保しようとすれば、給与をアップして、福利厚生も充実させて、いまどきの「ワークライフバランス」をしっかりと確保できるようにしないとなりません。

自衛隊はどうしてもそういうわけにはいきませんから、PR活動を積極的に行って希望者を増やす以外に方法はありません。

でも、民間企業の求人攻勢にかかれば自衛隊の待遇は明らかに劣ってしまうので、民間企業の方に人材が流出してしまうのです。

自衛隊の役割がどれほど重要であるか、その点については多くの国民が理解しています。

でも、その役割を自分が自衛官になって担うかと聞かれれば「誰かがしてくれるならば自分はしたくない」と言うのが本音でしょう。

これが意識の退化と言い切るのは早計ですが、少なくとも崇高な使命であることを励みに勤務に励むと言う意識は低下しているのかもしれません。

今後、自衛隊の役割はさらに多様化していくでしょうから、国もそろそろ本腰を入れて人材確保の対策を講じる必要があるでしょう。

ピックアップ記事

初代編集長・ボス

初代編集長・ボス

投稿者の記事一覧

初代編集長。一部上場企業で働く傍ら、ビジネスで培ったノウハウ提供を趣味としている。ノウハウコレクターとしての一面をもつ。今は引退して芸能ニュースを毎日飽きずに見続けている。

関連記事

  1. 増田寛也は韓国贔屓か?グリッド構想推進の経歴から読み解く思考回路…
  2. 舛添要一 家族旅行は税金で・・・週刊文春が特大スクープ!
  3. 【Facebook】流出した2900万人の個人情報はどこの国の個…
  4. 2018年台風13号(サンサン)の予想進路は?
  5. 【前田敦子と熱愛中!】プレイボーイ・勝地涼の歴代彼女まとめ!
  6. 平成の次の元号は何?浮上している元号まとめ
  7. 鳥貴族がかたくなに値下げしない理由は何?
  8. 民間人月旅行の費用はどれぐらい?具体的に実現するのは何年後?

注目記事

ピックアップ記事

  1. メーカー就活必勝法

カテゴリー

BUSINESS

LIFESTYLE

  1. もしかして五月病?原因と予防法まとめ

WOMEN

PAGE TOP