SOCIAL

自己破産者マップが波紋を呼んでいる!その理由は?

【人気急上昇中の記事】 現在 18 名が閲覧中...
マンションが、購入時よりも値上りしているケースが続出中!
あなたのマンション、現在の価値がサクッとカンタンに調べられるツールが、いま話題に。

Googleマップには様々な機能があって、みなさんも困った時には使っていることが多いと思います。

様々な機能の中で、自分が思う位置にピンを立ててその地図を共有できる機能があることはご存知でしょうか。

例えば、ラーメンマニアがお気に入りのラーメン店を紹介するためなどに使われていることが多いのですが、今回問題となっているのは「自己破産者」の住所地がピンで示されている「自己破産者マップ」です。

自己破産した人の当時の住所や名前まで明記されているこのマップ、なぜここまで波紋を呼んでいるのでしょうか?

当該個人の再スタートを妨げる

「自己破産」と言う言葉にネガティブなイメージを持つ人は多いと思います。

借金を踏み倒した、会社が倒産したなど、無一文になってしまった人と言うイメージがありますが、実際にはそうとは限りません。

懸命に働いていたが病気で働けなくなりマイホームを手放すことになってしまった場合や、離婚した結果収入を失って借金をして暮らしてしまう多重債務者などのケースもあり、必ずしもネガティブな事例ばかりとは言えないのです。

中には、再び生活を再建しようと頑張っている人も多いわけで、それらの人々がマップを見て「お前は元自己破産者だ」と言われるようになれば、生活を再建する道が閉ざされてしまう場合もあるのです。

なぜ自己破産者が一般市民に知られた?

公の仕組みとして「官報」と言う広告物があります。

これは、法律を決めたり、自己破産をするなど、「特に国民に知らしめるべき情報」である場合、テレビやラジオ、新聞やインターネットなどで周知するのではなく、官報と言う公の印刷物を配布して、全国民に知らしめたこととするルールがあるのです。

自己破産者の情報は官報に掲載され、当時の住所や氏名も明記されてしまうので、官報を購読していればマップの製作などお手の物なのです。

自己破産者の情報を周知することは、金融機関などが多重債務者を生み出さないなど必要な事ではありますが、今回のマップは正直言ってやりすぎでしょう。

一度ネットに流れた情報は消えない

今回の騒動の結果、マップの製作者はマップの削除を発表していますが、一度ネットに流れ出た情報はずっと残り続けます。

また、マップ形式でなくても「自己破産者リスト」など、別の形でネット上を伝播する可能性だってあり得ます。

自己破産することの善悪の判断は誰にもできませんが、少なくとも生活再建のために頑張っている人の気持ちに逆行するような行動は絶対にやめるべきです。

ピックアップ記事

初代編集長・ボス

初代編集長・ボス

投稿者の記事一覧

初代編集長。一部上場企業で働く傍ら、ビジネスで培ったノウハウ提供を趣味としている。ノウハウコレクターとしての一面をもつ。今は引退して芸能ニュースを毎日飽きずに見続けている。

関連記事

  1. 台風24号の進路は?日本への影響は?警戒しておきたい地域。
  2. ブート品の古着販売で逮捕!コピー品との違いを徹底解説!
  3. 都知事選の結果順位!2016年候補者21名の大混戦を制したのは?…
  4. 消費税増税10%は10月で確定?軽減税率の適用対象は?
  5. 西田昌司の裏切りとは?森友問題で注目の国会の爆弾男
  6. トランプ暗殺の予言とは?可能性はあるのか
  7. 慶應の動画拡散との噂は?広告学研究会のメンバーに反省の色なし
  8. 【石原さとみ】歴代彼氏が多すぎる!過去の熱愛報道をまとめてみた!…

注目記事

ピックアップ記事

  1. メーカー就活必勝法
  2. ウィキリークスとビットコインの関係

カテゴリー

BUSINESS

  1. パイオニア上場廃止で影響は?
  2. 商品企画ってどんな仕事?

LIFESTYLE

WOMEN

PAGE TOP