SOCIAL

アルファエックス(次世代新幹線)の特徴をまとめてみた!導入されると何が変わる?

【人気急上昇中の記事】 現在 18 名が閲覧中...
マンションが、購入時よりも値上りしているケースが続出中!
あなたのマンション、現在の価値がサクッとカンタンに調べられるツールが、いま話題に。

JR東日本は、次世代新幹線開発に向け製作中の新型試験車両「アルファエックス(ALFA-X)を報道関係者に公開した。

アルファエックスは10両編成なのだが、どんな特徴があるのだろうか。

また、アルファエックスが導入されたら、新幹線の何が変わるのだろうか。

アルファエックス(次世代新幹線)の特徴をまとめてみた!

次世代新幹線として製造が進められている試験車両・アルファエックスの特徴は、何と言っても「鼻」にある。

アルファエックスは試験車両であり、両端の車両(1号車・10号車)は比較検証のために、異なる形状となっている。

1号車の「鼻」の長さは16mとなっており、これは現在・東北新幹線で主力となっているE5系の15mよりも1mほど長い。

E5系と同じような長さで、どこまで環境性能を追い込めるのか試しているとのことだ。

また、10号車の「鼻」の長さは約22mの長さを誇っている。

1両丸ごと鼻と言ってもいいほどであり、これがアルファエックスの特徴となっているのだ。

アルファエックス(次世代新幹線)の導入により何が変わる?

次世代新幹線の試験車両・アルファエックスの検証によって、今後新幹線は何が変わっていくのだろうか。

今回のアルファエックスでは、営業運転速度のアップを目的にしている。

現在の新幹線の最高時速は320㎞となっているのだが、JR東日本は40㎞アップの360㎞での営業運転を実現させることを目指している。

実際に、アルファエックスでは試験最高速度を時速400㎞ほどに設定しており、高速での安定した走行ができるのか検証する予定となっているのだ。

そのため、次世代新幹線の試験車両・アルファエックスの検証実験が成功し、次世代新幹線が本当に導入された際には、営業運転の速度が大幅に速くなることだろう。

アルファエックスの完成時期は、2019年5月が見込まれている。

その後の検証実験で、どのようなデータが取れるのか楽しみだ。

次世代新幹線の試験車両であるアルファエックスが公開された。

アルファエックスの特徴は、「鼻」にある。

10両編成となっているアルファエックスは、1号車と10号車で「鼻」の長さが違うのだ。

1号車は16mなのに対し、10号車は約22mとなっている。

これが最大の特徴と言えるだろう。

この違いは、比較検証するためとなっている。

もし、次世代新幹線が導入された場合、新幹線は営業運転の速度が大幅にアップさるとみられている。

次世代新幹線がいつ導入されるのか楽しみであり、今後に期待していきたい。

ピックアップ記事

初代編集長・ボス

初代編集長・ボス

投稿者の記事一覧

初代編集長。一部上場企業で働く傍ら、ビジネスで培ったノウハウ提供を趣味としている。ノウハウコレクターとしての一面をもつ。今は引退して芸能ニュースを毎日飽きずに見続けている。

関連記事

  1. みずほ銀行の共同店舗化で何が変わる?利用者にメリットはある?
  2. きらぼし銀行で4億円を着服した犯人の驚くべき犯行方法とは?
  3. 宮本茶屋の脱税が今までバレなかった理由とは?
  4. エコノミークラス症候群にならない為の対策まとめ
  5. 花畑牧場の生キャラメルは機械製造だった?
  6. ゆうちょ銀行の限度額増しでなぜ批判が起きるのか?
  7. 小泉進次郎の結婚はいつ?相手のハードルは上がる一方・・・
  8. BMWが日本で4万台のリコール。理由は何?

注目記事

ピックアップ記事

  1. メーカー就活必勝法
  2. 名刺交換では日常会話を

カテゴリー

BUSINESS

LIFESTYLE

WOMEN

PAGE TOP