SOCIAL

アルファエックス(次世代新幹線)の特徴をまとめてみた!導入されると何が変わる?

【人気急上昇中の記事】 現在 18 名が閲覧中...
マンションが、購入時よりも値上りしているケースが続出中!
あなたのマンション、現在の価値がサクッとカンタンに調べられるツールが、いま話題に。

JR東日本は、次世代新幹線開発に向け製作中の新型試験車両「アルファエックス(ALFA-X)を報道関係者に公開した。

アルファエックスは10両編成なのだが、どんな特徴があるのだろうか。

また、アルファエックスが導入されたら、新幹線の何が変わるのだろうか。

アルファエックス(次世代新幹線)の特徴をまとめてみた!

次世代新幹線として製造が進められている試験車両・アルファエックスの特徴は、何と言っても「鼻」にある。

アルファエックスは試験車両であり、両端の車両(1号車・10号車)は比較検証のために、異なる形状となっている。

1号車の「鼻」の長さは16mとなっており、これは現在・東北新幹線で主力となっているE5系の15mよりも1mほど長い。

E5系と同じような長さで、どこまで環境性能を追い込めるのか試しているとのことだ。

また、10号車の「鼻」の長さは約22mの長さを誇っている。

1両丸ごと鼻と言ってもいいほどであり、これがアルファエックスの特徴となっているのだ。

アルファエックス(次世代新幹線)の導入により何が変わる?

次世代新幹線の試験車両・アルファエックスの検証によって、今後新幹線は何が変わっていくのだろうか。

今回のアルファエックスでは、営業運転速度のアップを目的にしている。

現在の新幹線の最高時速は320㎞となっているのだが、JR東日本は40㎞アップの360㎞での営業運転を実現させることを目指している。

実際に、アルファエックスでは試験最高速度を時速400㎞ほどに設定しており、高速での安定した走行ができるのか検証する予定となっているのだ。

そのため、次世代新幹線の試験車両・アルファエックスの検証実験が成功し、次世代新幹線が本当に導入された際には、営業運転の速度が大幅に速くなることだろう。

アルファエックスの完成時期は、2019年5月が見込まれている。

その後の検証実験で、どのようなデータが取れるのか楽しみだ。

次世代新幹線の試験車両であるアルファエックスが公開された。

アルファエックスの特徴は、「鼻」にある。

10両編成となっているアルファエックスは、1号車と10号車で「鼻」の長さが違うのだ。

1号車は16mなのに対し、10号車は約22mとなっている。

これが最大の特徴と言えるだろう。

この違いは、比較検証するためとなっている。

もし、次世代新幹線が導入された場合、新幹線は営業運転の速度が大幅にアップさるとみられている。

次世代新幹線がいつ導入されるのか楽しみであり、今後に期待していきたい。

ピックアップ記事

関連記事

  1. 都知事選の結果順位!2016年候補者21名の大混戦を制したのは?…
  2. 【西城秀樹】元カノ・十朱幸代との破局理由が悲しすぎる!
  3. 仕事始めの挨拶メールはコレをコピペでOK!おすすめテンプレ3選
  4. 南橋浩の大学などの経歴は?エリート銀行員の転落人生・・・
  5. ウエンツ瑛士がロンドン留学を決断した理由は何?
  6. 生体認証での手ぶら決済は現実的?
  7. 高木啓幹事長が偉そうすぎてひどい!税金でクラブ通いの汚れた幹事長…
  8. 移動式オービスはレーダー探知機で感知できるのか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目記事

ピックアップ記事

kubire3

BUSINESS

LIFESTYLE

WOMEN

PAGE TOP