SOCIAL

熊本の震度6弱が前震との噂も!本震に備え、準備しておきべきことは?

【人気急上昇中の記事】 現在 18 名が閲覧中...
マンションが、購入時よりも値上りしているケースが続出中!
あなたのマンション、現在の価値がサクッとカンタンに調べられるツールが、いま話題に。

1月3日、熊本県熊本地方を震源とする地震があり、熊本県和水町で震度6弱を観測した。

震度6弱を観測したわけだが、実は「前震では?」との噂もある。

本震に備えて準備をしておくべきことは何だろうか。

熊本の震度6弱が前震との噂も!

1月3日午後6時10分に、熊本県熊本地方を震源とする地震があった。

熊本県和水町で震度6弱を観測しており、さらに熊本市北区や玉東町でも震度5弱を観測している。

この地震の震源の深さは10キロであり、マグニチュードは5.1と推定されている。

この地震が、「前震ではないか?」という噂があるようだ。

その理由は、2016年に起こった熊本地震にある。

2016年の熊本地震では、4月14日にマグニチュード6.5の前震があった。

そして、4月16日にマグニチュード7.3の本震が発生したのだ。

この時は、前震から約28時間後に本震が起きており、この時の記憶から今回の地震も前震ではとの声があるのだ。

この噂については、まだ不明な点が多く断定することはできない。

しかし、前震であることを否定することもできないため、もしものことを想定して、準備をする必要があるだろう。

本震に備え、準備しておくべきことは?

本震に備えて準備しておくべきことは、まずは水を用意しておくことだ。

ポリタンクに水を補充したり、お風呂に水を溜めたりおくなど、使用できる水を準備しておくことが大切だ。

また、食料と飲料水を最低3日分は準備しておくべきだ。

大規模災害の場合には、1週間分の備蓄が望ましいとされているので、できれば1週間分を準備しておくのがいいだろう。

さらに、本震で自宅が被災したケースも考え、非常時に持ち出すものをリュックサックに詰めておくべきだろう。

食料や飲料水だけでなく、貴重品(通帳・印鑑・保険証など)や救急用品(包帯や常備薬など)、衣類なども詰めておくべきだ。

準備に余裕があるなら、家具の固定をするのもおすすめだ。

本震に備えて、できるだけ準備をしておこう。

1月3日に熊本で震度6弱の地震があったわけだが、「前震では?」との噂がある。

前震の可能性を完全否定することができない以上、本震に備えて準備しておくべきだろう。

本震に備えての準備としては、水の確保や食料・飲料水の準備をしておくべきだ。

また、被災した場合のことを考え、持ち出すものをリュックサックに詰めておくことも大切だ。

今回の熊本の地震に限らず、大きな地震があった場合、前震の可能性も考えて本震に備えるべきだろう。

ピックアップ記事

関連記事

  1. フジ建設が海上の森隣の違法建設で評判ガタ落ち・・ソーラー業者のブ…
  2. 森本哲也の経歴と案件実績は?佐々木善三と並んだ理由を推測してみる…
  3. 宮崎緑はなぜ生前退位有識者メンバーに選ればれたのか?
  4. ドナルドトランプ支持率の真実が明らかに?隠れトランプ派が当選の理…
  5. 通常国会2017の召集日程と会期はいつからいつまで?注目法案は
  6. 豊洲市場の設計者は日建設計か?内田茂の関係も
  7. ららぽーと横浜の転落死の謎!高校生は万引きをしていたのか?
  8. 田野岡貴之も嫁も殺人を犯した犯人ではない!その3つの理由とは?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目記事

ピックアップ記事

kubire3

BUSINESS

LIFESTYLE

WOMEN

PAGE TOP