SOCIAL

熊本の震度6弱が前震との噂も!本震に備え、準備しておきべきことは?

【人気急上昇中の記事】 現在 18 名が閲覧中...
マンションが、購入時よりも値上りしているケースが続出中!
あなたのマンション、現在の価値がサクッとカンタンに調べられるツールが、いま話題に。

1月3日、熊本県熊本地方を震源とする地震があり、熊本県和水町で震度6弱を観測した。

震度6弱を観測したわけだが、実は「前震では?」との噂もある。

本震に備えて準備をしておくべきことは何だろうか。

熊本の震度6弱が前震との噂も!

1月3日午後6時10分に、熊本県熊本地方を震源とする地震があった。

熊本県和水町で震度6弱を観測しており、さらに熊本市北区や玉東町でも震度5弱を観測している。

この地震の震源の深さは10キロであり、マグニチュードは5.1と推定されている。

この地震が、「前震ではないか?」という噂があるようだ。

その理由は、2016年に起こった熊本地震にある。

2016年の熊本地震では、4月14日にマグニチュード6.5の前震があった。

そして、4月16日にマグニチュード7.3の本震が発生したのだ。

この時は、前震から約28時間後に本震が起きており、この時の記憶から今回の地震も前震ではとの声があるのだ。

この噂については、まだ不明な点が多く断定することはできない。

しかし、前震であることを否定することもできないため、もしものことを想定して、準備をする必要があるだろう。

本震に備え、準備しておくべきことは?

本震に備えて準備しておくべきことは、まずは水を用意しておくことだ。

ポリタンクに水を補充したり、お風呂に水を溜めたりおくなど、使用できる水を準備しておくことが大切だ。

また、食料と飲料水を最低3日分は準備しておくべきだ。

大規模災害の場合には、1週間分の備蓄が望ましいとされているので、できれば1週間分を準備しておくのがいいだろう。

さらに、本震で自宅が被災したケースも考え、非常時に持ち出すものをリュックサックに詰めておくべきだろう。

食料や飲料水だけでなく、貴重品(通帳・印鑑・保険証など)や救急用品(包帯や常備薬など)、衣類なども詰めておくべきだ。

準備に余裕があるなら、家具の固定をするのもおすすめだ。

本震に備えて、できるだけ準備をしておこう。

1月3日に熊本で震度6弱の地震があったわけだが、「前震では?」との噂がある。

前震の可能性を完全否定することができない以上、本震に備えて準備しておくべきだろう。

本震に備えての準備としては、水の確保や食料・飲料水の準備をしておくべきだ。

また、被災した場合のことを考え、持ち出すものをリュックサックに詰めておくことも大切だ。

今回の熊本の地震に限らず、大きな地震があった場合、前震の可能性も考えて本震に備えるべきだろう。

ピックアップ記事

関連記事

  1. パパ活で逮捕者続出!何が原因でバレている?意外な落とし穴とは。
  2. 小泉進次郎の結婚はいつ?相手のハードルは上がる一方・・・
  3. 2018年の海開きはいつ頃?例年より早い?遅い?
  4. 年収800~900万円超の控除見直しで手取りいくら減る?
  5. 車盗難リレーアタック、防ぐ為の簡単な対策とは?
  6. 殺人インフルエンザってなに?日本上陸前の対策はあるのか
  7. 日産リコール121万台!書類偽装の真相とは?
  8. 可決秒読み?話題の受動喫煙法案を徹底解説。

注目記事

ピックアップ記事

カテゴリー

BUSINESS

LIFESTYLE

WOMEN

PAGE TOP