SOCIAL

熊本の震度6弱が前震との噂も!本震に備え、準備しておきべきことは?

【人気急上昇中の記事】 現在 18 名が閲覧中...
マンションが、購入時よりも値上りしているケースが続出中!
あなたのマンション、現在の価値がサクッとカンタンに調べられるツールが、いま話題に。

1月3日、熊本県熊本地方を震源とする地震があり、熊本県和水町で震度6弱を観測した。

震度6弱を観測したわけだが、実は「前震では?」との噂もある。

本震に備えて準備をしておくべきことは何だろうか。

熊本の震度6弱が前震との噂も!

1月3日午後6時10分に、熊本県熊本地方を震源とする地震があった。

熊本県和水町で震度6弱を観測しており、さらに熊本市北区や玉東町でも震度5弱を観測している。

この地震の震源の深さは10キロであり、マグニチュードは5.1と推定されている。

この地震が、「前震ではないか?」という噂があるようだ。

その理由は、2016年に起こった熊本地震にある。

2016年の熊本地震では、4月14日にマグニチュード6.5の前震があった。

そして、4月16日にマグニチュード7.3の本震が発生したのだ。

この時は、前震から約28時間後に本震が起きており、この時の記憶から今回の地震も前震ではとの声があるのだ。

この噂については、まだ不明な点が多く断定することはできない。

しかし、前震であることを否定することもできないため、もしものことを想定して、準備をする必要があるだろう。

本震に備え、準備しておくべきことは?

本震に備えて準備しておくべきことは、まずは水を用意しておくことだ。

ポリタンクに水を補充したり、お風呂に水を溜めたりおくなど、使用できる水を準備しておくことが大切だ。

また、食料と飲料水を最低3日分は準備しておくべきだ。

大規模災害の場合には、1週間分の備蓄が望ましいとされているので、できれば1週間分を準備しておくのがいいだろう。

さらに、本震で自宅が被災したケースも考え、非常時に持ち出すものをリュックサックに詰めておくべきだろう。

食料や飲料水だけでなく、貴重品(通帳・印鑑・保険証など)や救急用品(包帯や常備薬など)、衣類なども詰めておくべきだ。

準備に余裕があるなら、家具の固定をするのもおすすめだ。

本震に備えて、できるだけ準備をしておこう。

1月3日に熊本で震度6弱の地震があったわけだが、「前震では?」との噂がある。

前震の可能性を完全否定することができない以上、本震に備えて準備しておくべきだろう。

本震に備えての準備としては、水の確保や食料・飲料水の準備をしておくべきだ。

また、被災した場合のことを考え、持ち出すものをリュックサックに詰めておくことも大切だ。

今回の熊本の地震に限らず、大きな地震があった場合、前震の可能性も考えて本震に備えるべきだろう。

ピックアップ記事

初代編集長・ボス

初代編集長・ボス

投稿者の記事一覧

初代編集長。一部上場企業で働く傍ら、ビジネスで培ったノウハウ提供を趣味としている。ノウハウコレクターとしての一面をもつ。今は引退して芸能ニュースを毎日飽きずに見続けている。

関連記事

  1. 澁谷恭正のFacebook画像は存在する?家族の存在も明らかに
  2. 松井一郎知事の学歴は?その正体はチンピラ前科ありだった!
  3. 加計学園と安倍晋三の癒着か?第二の森友問題と話題に
  4. 台風の名前は誰が決めている?台風に名前を付ける理由が意外!
  5. 鳥越俊太郎は反日?がんを抱えて出馬の男の決意とは?
  6. 大阪の松井知事と吉村市長の狙いは?知事と市長が入れ替わると何が起…
  7. マック赤坂の年収!都知事選にかける費用の出どころは?
  8. 住宅ローンの変動金利。メリットとデメリットまとめ。

注目記事

ピックアップ記事

  1. パイオニア上場廃止で影響は?
  2. 北海道エリア別オススメTOP3
  3. 名刺交換では日常会話を

カテゴリー

BUSINESS

LIFESTYLE

WOMEN

PAGE TOP