LIFESTYLE

地震の震源地は深さで危険度は変わるの?「浅い」と「深い」どっちが危険か調べてみた!

【人気急上昇中の記事】 現在 18 名が閲覧中...
マンションが、購入時よりも値上りしているケースが続出中!
あなたのマンション、現在の価値がサクッとカンタンに調べられるツールが、いま話題に。

地震が起こると、「震度」「マグニチュード」と共に「震源地の深さ」が報道される。

地震において、実は震源地の深さはとても重要なのです。

そこで気になるのが、震源地の深さは「浅い」場合と「深い」場合ではどちらが危険なのかだろう。

今回は、地震の震源地の深さにフォーカスを当てていきたい。

地震の震源地の深さと危険度の関係!

地震の震源地の深さは、危険度と関係がある。なぜなら、地震の震源地の深さによって地震の範囲が変わってくるのだ。

地震の震源地が「浅い」場合、狭い範囲で揺れをもたらすという特徴がある。

また、地面に近いため地上は強く揺れる傾向があるのだ。

その一方で、地震の震源地が「深い」場合、広い範囲で揺れをもたらす特徴がある。

そして、地面から遠いため、比較的に穏やかな揺れとなる傾向があるのだ。

このように、地震の震源地の深さには、地震の揺れと大きな関係があり、危険度とも関係していると言えるのである。

そのため、今後は地震があったときには、震源地の深さにも注目するべきだろう。

震源地が「浅い」「深い」どっちが危険なの!?

震源地の深さは、地震の揺れに大きな違いがある。震源地が「浅い」場合と「深い」場合では、どっちが危険なのかだが、正直どちらも危険である。

なぜなら、震源地が「浅い」と狭いエリアだが強い揺れとなってしまいため、被害が出る可能性が高いのだ。

そのため、震源地が「浅い」場合はとても危険だ。その一方で、震源地が「深い」と揺れは弱いが広い範囲で揺れる。

しかし、強い地震だった場合には、広い範囲で被害を受ける可能性があり危険なのだ。

このように、震源地の「浅い」「深い」のどちらも危険度が高く、どっちが危険と言い切ることはできないのである。

いずれにしても、地震は危険なものであるという認識を持ち、地震への対策・準備をしておくべきだろう。

地震が発生すると震源地の深さが報道される。なぜなら、震源地の深さも地震の中では重要なファクターなのである。

震源地が「浅い」場合、強い揺れで狭い範囲が揺れる傾向が強い。そして、震源地が「深い」場合、揺れは弱いが広い範囲となる傾向が強いのだ。

震源地が「浅い」「深い」では、どちらが危険なのか気になると思うが、どっちも危険なので注意しておいてほしい。

地震は危険なものとの認識をしっかりと持ち、地震への対策・準備をしておくべきだ。

ピックアップ記事

関連記事

  1. 平成の次の元号は誰がどうやって決めるのか詳しく調べてみた!
  2. たばこ1箱1000円はいつから?実現性には疑問の声も
  3. もやもや病の原因と症状は?徳永英明が罹って注目の奇病とは・・・
  4. 台風21号の進路は?2017年ラストの台風
  5. 仕事のための自己啓発の正しい例3選!中毒にならないために意識すべ…
  6. 梅雨入り2017関東の予測はいつ?雨量の予測も
  7. 初詣に彼女と行きたい、縁結びオススメスポット4選!【関西地方】
  8. 台風12号2016最新進路情報!気象庁と米軍の予測の違いは?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目記事

ピックアップ記事

kubire3

BUSINESS

LIFESTYLE

WOMEN

PAGE TOP