LIFESTYLE

地震の震源地は深さで危険度は変わるの?「浅い」と「深い」どっちが危険か調べてみた!

【人気急上昇中の記事】 現在 18 名が閲覧中...
マンションが、購入時よりも値上りしているケースが続出中!
あなたのマンション、現在の価値がサクッとカンタンに調べられるツールが、いま話題に。

地震が起こると、「震度」「マグニチュード」と共に「震源地の深さ」が報道される。

地震において、実は震源地の深さはとても重要なのです。

そこで気になるのが、震源地の深さは「浅い」場合と「深い」場合ではどちらが危険なのかだろう。

今回は、地震の震源地の深さにフォーカスを当てていきたい。

地震の震源地の深さと危険度の関係!

地震の震源地の深さは、危険度と関係がある。なぜなら、地震の震源地の深さによって地震の範囲が変わってくるのだ。

地震の震源地が「浅い」場合、狭い範囲で揺れをもたらすという特徴がある。

また、地面に近いため地上は強く揺れる傾向があるのだ。

その一方で、地震の震源地が「深い」場合、広い範囲で揺れをもたらす特徴がある。

そして、地面から遠いため、比較的に穏やかな揺れとなる傾向があるのだ。

このように、地震の震源地の深さには、地震の揺れと大きな関係があり、危険度とも関係していると言えるのである。

そのため、今後は地震があったときには、震源地の深さにも注目するべきだろう。

震源地が「浅い」「深い」どっちが危険なの!?

震源地の深さは、地震の揺れに大きな違いがある。震源地が「浅い」場合と「深い」場合では、どっちが危険なのかだが、正直どちらも危険である。

なぜなら、震源地が「浅い」と狭いエリアだが強い揺れとなってしまいため、被害が出る可能性が高いのだ。

そのため、震源地が「浅い」場合はとても危険だ。その一方で、震源地が「深い」と揺れは弱いが広い範囲で揺れる。

しかし、強い地震だった場合には、広い範囲で被害を受ける可能性があり危険なのだ。

このように、震源地の「浅い」「深い」のどちらも危険度が高く、どっちが危険と言い切ることはできないのである。

いずれにしても、地震は危険なものであるという認識を持ち、地震への対策・準備をしておくべきだろう。

地震が発生すると震源地の深さが報道される。なぜなら、震源地の深さも地震の中では重要なファクターなのである。

震源地が「浅い」場合、強い揺れで狭い範囲が揺れる傾向が強い。そして、震源地が「深い」場合、揺れは弱いが広い範囲となる傾向が強いのだ。

震源地が「浅い」「深い」では、どちらが危険なのか気になると思うが、どっちも危険なので注意しておいてほしい。

地震は危険なものとの認識をしっかりと持ち、地震への対策・準備をしておくべきだ。

ピックアップ記事

初代編集長・ボス

初代編集長・ボス

投稿者の記事一覧

初代編集長。一部上場企業で働く傍ら、ビジネスで培ったノウハウ提供を趣味としている。ノウハウコレクターとしての一面をもつ。今は引退して芸能ニュースを毎日飽きずに見続けている。

関連記事

  1. 台風12号の被害状況をまとめてみた!静岡、三重、滋賀もヤバイ!
  2. 台風19号2016最新進路情報!米軍とヨーロッパの比較は?
  3. 台風20号2016年最新進路!気象庁の沖縄上陸予測は?
  4. 仕事のための自己啓発の正しい例3選!中毒にならないために意識すべ…
  5. 【中学生の甥がいる人必見!】入学祝いで絶対喜ばれるプレゼント3選…
  6. こんまりメソッド NetFlixで配信!面白い?本との違いを比較…
  7. 台風8号2018年の予想進路は?日本列島直撃も?
  8. 自律神経の疲労回復法は?神経が疲れ切った時にはどうすればいい?

注目記事

ピックアップ記事

  1. 名刺交換では日常会話を
  2. メーカー就活必勝法

カテゴリー

BUSINESS

LIFESTYLE

WOMEN

PAGE TOP