SOCIAL

上司の八つ当たりを回避できる対処法

【人気急上昇中の記事】 現在 18 名が閲覧中...
マンションが、購入時よりも値上りしているケースが続出中!
あなたのマンション、現在の価値がサクッとカンタンに調べられるツールが、いま話題に。

社会人ともなれば、仕事中でもプライベートであっても、「上司の評価」を気にしていることはないでしょうか。

上司は部下を抱えてさまざまな責任を抱えるポジションであり、経営陣や部下の間に立って判断や指示を出す「板挟み」のポジションでもあります。

そんな上司が抱えているのは、強烈な「ストレス」であり、ストレスを抱えている上司は部下に厳しく当たることもあるでしょう。

上司に八つ当たりをされないように、部下としてどのように対処すればよいのでしょうか。

日ごろから上司の信頼を得ておく

上司のイライラがあなたに向けられるのは、あなたが悪いからではなく、あなたがイライラ解消の矛先になりやすい性質であることが原因です。

例えば、日ごろから評価が低いと上司の八つ当たり対象にされることもありえます。

逆を言えば上司だって、どんなにイライラしていても、自分が信頼している部下や能力を認めている部下には八つ当たりをする事はありません。

なぜなら、自分にとって仕事をしやすい環境を作ってくれている人間を怒って、自らを忌避されるような行動をするはずがないからです。

逆に、評価の低い部下には嫌われても仕事上支障がないので、ここぞとばかりに八つ当たりをされてしまうわけです。

雑用を積極的にこなす

上司からの評価は、あなたが失敗を繰り返したり指示に従わない状態が続くと、当然下がっていきます。

でも、あなたが雑用を率先してこなせば上司の評価は確実にアップするものです。

コピーを取る、書類を整理すると言った雑用であっても真剣に取り組むことです。

また、人の嫌がる仕事や、セクションのすべての社員が仕事をしやすくなるようなサポート業務を積極的にこなしていると、徐々に上司の信頼を勝ちとることもできます。

上司からすれば雑用に対して何も感じない人も中にはいるでしょうが、常識のある上司であれば「縁の下の力持ち」として頑張っている部下を見捨てたりはせず、むしろ信用と信頼を持てるようになります。

上司を立てること

部下として様々な仕事をこなすうちに、上司の指示と自分の目指す方向性が乖離することも出てくるかもしれません。

そんな時は、上司のプライドを損ねないようにしなくてはなりません。

そうしないと、「自分に逆らう生意気な部下だ」と上司が思うようになって、日々の風当たりが強くなってしまう可能性があるのです。

部下としては、上司に対して「上司は何もわかっていない」「俺のやり方が一番良い」など、上司の方針や指示を否定的に受け止めるのは決してよくありません。

たとえ上司の方針ややり方が間違っていたとしても、上司のプライドを損なうような受け止め方や返答は絶対にするべきではありません。

同じように提案するのでも「上司の意見もごもっともですが」と、上司の立場や意見を尊重しつつ提案をすることが社会人としての常識です。

「上司を立てる」ことが出来れば、あなたに対して「前向きに提案が出来る人材」と言う上司の評価だけが残りますから信頼も十分得られるでしょう。

ピックアップ記事

関連記事

  1. トランプ政権の核実験(ベガ)がいまさら明らかになった理由は?
  2. ブラックマンデーはいつまで続く?韓国金融市場の下落が日本にもたら…
  3. 2018年お盆休みの首都高渋滞の目処はどのくらい?少しでも渋滞を…
  4. ヒラリークリントンは認知症?若い頃の病気が影響か
  5. 橋詰功新監督は日大アメフト部を変えることができる?手腕は期待でき…
  6. ヒラリークリントンのメールの内容は?問題点はなんだったのか?
  7. 24時間テレビの寄付金は何に使われる?
  8. 音喜多駿が「胡散臭い」と嫌われる理由とは?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目記事

ピックアップ記事

kubire3

BUSINESS

LIFESTYLE

WOMEN

PAGE TOP