SOCIAL

上司の八つ当たりを回避できる対処法!雑用も立派な業務と思うこと

【人気急上昇中の記事】 現在 18 名が閲覧中...
マンションが、購入時よりも値上りしているケースが続出中!
あなたのマンション、現在の価値がサクッとカンタンに調べられるツールが、いま話題に。

社会人ともなれば、仕事中でもプライベートであっても、「上司の評価」を気にしていることはないでしょうか。

上司は部下を抱えてさまざまな責任を抱えるポジションであり、経営陣や部下の間に立って判断や指示を出す「板挟み」のポジションでもあります。

そんな上司が抱えているのは、強烈な「ストレス」であり、ストレスを抱えている上司は部下に厳しく当たることもあるでしょう。

上司に八つ当たりをされないように、部下としてどのように対処すればよいのでしょうか。

日ごろから上司の信頼を得ておく

上司のイライラがあなたに向けられるのは、あなたが悪いからではなく、あなたがイライラ解消の矛先になりやすい性質であることが原因です。

例えば、日ごろから評価が低いと上司の八つ当たり対象にされることもありえます。

逆を言えば上司だって、どんなにイライラしていても、自分が信頼している部下や能力を認めている部下には八つ当たりをする事はありません。

なぜなら、自分にとって仕事をしやすい環境を作ってくれている人間を怒って、自らを忌避されるような行動をするはずがないからです。

逆に、評価の低い部下には嫌われても仕事上支障がないので、ここぞとばかりに八つ当たりをされてしまうわけです。

雑用を積極的にこなす

上司からの評価は、あなたが失敗を繰り返したり指示に従わない状態が続くと、当然下がっていきます。

でも、あなたが雑用を率先してこなせば上司の評価は確実にアップするものです。

コピーを取る、書類を整理すると言った雑用であっても真剣に取り組むことです。

また、人の嫌がる仕事や、セクションのすべての社員が仕事をしやすくなるようなサポート業務を積極的にこなしていると、徐々に上司の信頼を勝ちとることもできます。

上司からすれば雑用に対して何も感じない人も中にはいるでしょうが、常識のある上司であれば「縁の下の力持ち」として頑張っている部下を見捨てたりはせず、むしろ信用と信頼を持てるようになります。

上司を立てること

部下として様々な仕事をこなすうちに、上司の指示と自分の目指す方向性が乖離することも出てくるかもしれません。

そんな時は、上司のプライドを損ねないようにしなくてはなりません。

そうしないと、「自分に逆らう生意気な部下だ」と上司が思うようになって、日々の風当たりが強くなってしまう可能性があるのです。

部下としては、上司に対して「上司は何もわかっていない」「俺のやり方が一番良い」など、上司の方針や指示を否定的に受け止めるのは決してよくありません。

たとえ上司の方針ややり方が間違っていたとしても、上司のプライドを損なうような受け止め方や返答は絶対にするべきではありません。

同じように提案するのでも「上司の意見もごもっともですが」と、上司の立場や意見を尊重しつつ提案をすることが社会人としての常識です。

「上司を立てる」ことが出来れば、あなたに対して「前向きに提案が出来る人材」と言う上司の評価だけが残りますから信頼も十分得られるでしょう。

ピックアップ記事

初代編集長・ボス

初代編集長・ボス

投稿者の記事一覧

初代編集長。一部上場企業で働く傍ら、ビジネスで培ったノウハウ提供を趣味としている。ノウハウコレクターとしての一面をもつ。今は引退して芸能ニュースを毎日飽きずに見続けている。

関連記事

  1. 滋賀女性教諭が淫行で懲戒免職!生徒との恋愛はどこまでOKか調べて…
  2. 高畑裕太被害者画像が流出!?画像はデマと断定
  3. 北海道で震度6強の地震!地震の際に身を守るため行うべきことは?
  4. 日産リコール121万台!書類偽装の真相とは?
  5. 中山泰秀vs橋下徹!アホボンはポルシェがお好き?
  6. 宇都宮健児が都知事選出馬か 極左で共産党候補者との評判は妥当なの…
  7. 鳥貴族の盗撮事件が起きたのはどこの店舗?
  8. 藤井六段の師匠・杉本七段の実力は?初対決の結果は?

注目記事

ピックアップ記事

  1. 名刺交換では日常会話を

カテゴリー

BUSINESS

LIFESTYLE

WOMEN

PAGE TOP