SOCIAL

籠池泰典の嫁の経歴は?退任で集まる注目

【人気急上昇中の記事】 現在 18 名が閲覧中...
マンションが、購入時よりも値上りしているケースが続出中!
あなたのマンション、現在の価値がサクッとカンタンに調べられるツールが、いま話題に。

9日に行われた森友学園の現地調査が波紋を呼んでいる。

森友学園問題についての調査が小学校建設予定地で行われたが、当初は2時間が予定されていた調査はわずか20分で打ち切りという結果になった。

なぜこんなことになったのだろうか。

原因は、調査を行っていた府職員と籠池理事長の妻・諄子氏によるトラブルのようだ。

これまでも森友学園の教育実態を探る中で何度か話題にのぼっている諄子氏だが、どのような人物なのだろうか。その経歴とともに追ってみよう。

籠池理事長の妻・諄子氏の驚くべき経歴

現地調査の当日、籠池理事長が報道陣の前に姿を見せた。

周囲を取り囲む報道陣や近所の人に対し、今回の事件は「4年前から仕組まれてきた」と各界に向けて批判、その上で「学校を開設させてほしい」と主張した。

その一方で妻の諄子氏は携帯電話を片手に「マスコミに資料を出しているのはお前か」と職員に詰め寄って撮影。これにより身の危険を感じた職員と冷静に話し合う事が出来ず、わずか20分で調査が打ち切られてしまった。

以前から夫とともに過激な発言や園児への接し方が問題視されてきた副理事の諄子氏だが、今回の件でさらに注目を浴びている。

諄子氏の経歴について探す人も増えたことで、学歴は見つからなかったが過去に逮捕歴があることが発覚した。
訴えられた理由は児童への暴行だ。

遅刻寸前で急いでいた小学生に挨拶をした際、返事が小さくて聞こえなかったことから「挨拶もできないのか」と激怒し、暴行を加えた。

当然怒った親に謝罪を求められたが拒否し、傷害罪で訴えられた後も出頭を拒み続けたため半月に渡る拘留処分を受けた。

終わらない騒動、小学校の認可申請も取りやめに

この事件を皮切りに他の保護者ともトラブルが増え続けた結果、当時運営していた開成幼稚園は悪評により閉園まで追い込まれた。

しかしこれだけの騒ぎが起こったにも関わらず、塚本幼稚園でもこの教育方針は変わっていない。依然として森友学園問題の影で異様な教育方法として報道されている。

だが、保護者の声を無視し続けた結果が巡ってきたようだ。

連日の報道による森友学園のイメージ悪化を拭いきれず、家族への批判が大きくなり過ぎたことで小学校の認可が困難になったのだ。
10日の記者会見では、認可の見通しが薄さや運営している幼稚園への影響を理由に、4月開校予定だった小学校の認可申請を取り下げたことが発表された。

しかし国有地の問題はまだ決着がついておらず、またここまで悪評が全国放送されてしまった以上イメージ回復が絶望的なのは間違いないだろう。

一つの区切りを迎えた森友学園だが、大本の国有地問題についても早期解決を目指してもらいたい。

ピックアップ記事

関連記事

  1. 埼玉朝霞の行方不明 斎藤杏花さんが保護!少女誘拐の男の行方は?
  2. 都知事選を予想!最新世論調査は小池・鳥越・増田の混戦か
  3. 年末年始の帰省ラッシュを避けやすい交通機関は?
  4. 通常国会2017の召集日程と会期はいつからいつまで?注目法案は
  5. 生体認証での手ぶら決済は現実的?
  6. 西内まりやが引退!?契約更新なしで今後どうなる?
  7. 大口病院の犯人は誰か?看護師犯人説が濃厚か
  8. 仕事ができる男認定される行動●選!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目記事

ピックアップ記事

kubire3

BUSINESS

LIFESTYLE

WOMEN

PAGE TOP