SOCIAL

韓国のレーダー照射事件はわざと?北朝鮮の漁船救助自体がでっち上げの可能性は?

【人気急上昇中の記事】 現在 18 名が閲覧中...
マンションが、購入時よりも値上りしているケースが続出中!
あなたのマンション、現在の価値がサクッとカンタンに調べられるツールが、いま話題に。

12月20日、日本の防衛省が日本海で韓国軍によるレーダー照射を受けたとして、外交ルートで事実確認を行う旨を発表しました。

これは、日本海上空を紹介していた海上自衛隊の哨戒機に韓国海軍の駆逐艦がレーダーを照射したもので、レーダー照射は国際的には「次は実弾をお見舞いする」と言う威嚇行動の際たるものであり、そのことが防衛省を憤慨させているのです。

従軍慰安婦像の件を皮切りに、徴用工への補償問題など、さまざまな火種が爆発して不安定になっている日韓関係ですが、今回の事件も何らかの影響をもたらすのでしょうか。

韓国海軍は「北朝鮮漁船救助のため」と理由を説明

日本からの抗議に対して、韓国国防省は12月21日夜に説明を行いました。

今回のレーダー照射については「通常の作戦中にレーダーを運用した」と述べ、日本の哨戒機を追跡する目的で運用した事実はないことを明らかにしています。

また、これとは別に韓国海軍関係者が取材に対し明かしたところでは、「遭難した船舶がいたためレーダーを使用したところ、日本の哨戒機が瞬間的にレーダーの範囲内に入った」とのことで、明確に日本の哨戒機を狙ったものではないことを説明しています。

その後韓国統一省が12月22日になり、日本海の公海上で北朝鮮船舶を発見し船員3人を救助し、1遺体を収容していたと発表したことから、今回の件が「故意ではなく偶然」と言うことをさらに強調して問題に火消しに走っています。

韓国側の主張には矛盾がある?

この件で登場した韓国の駆逐艦に搭載されているレーダー装備を見てみましょう。

搭載されていると思われるのは、自国企業・大宇社製の対空捜索用レーダー「AN/SPS-49V5」や、航法レーダー「AN/SPS-55K」と思われます。

そして、これらのレーダーとは別に火器管制レーダーと言うものも存在します。

火器管制レーダーとは敵に照準を定めるために使うもので、海上自衛隊ではこの火器管制レーダーが照射されたと説明しています。

今回使われるべきレーダーは、あくまで漁船の捜索であった場合、周囲の船の様子を確認する航法レーダーであり、空から北朝鮮航空機の接近を危惧する場合には対空捜索レーダーを使う程度のことです。

つまり、火器管制レーダーを使う必要が無い任務についていたのに、なぜそれを使ったのかという理由が分からないのです。

そのような矛盾があるからこそ、日本政府は外交ルートを通じて韓国政府に抗議をするわけです。

韓国政府はあらゆる方法で日本政府にかまってもらおうとしている気すらします。

あれほど諸問題がありながら、ここまで小さな問題を起こしてばかりなのですから、好きな女の子に振り向いて欲しい男の子の行動と同じとしか思えません。

何度抗議しても同じ状態が続くのであれば、無視するのが一番いいのかもしれません。

どうせ歴史問題とか、1000年の恨みとかいろいろ言われるのですから、どうあがいても改善が見込めないことに力を入れるよりももっとほかのことにエネルギーを使った方が日本にとってもよいはずですから。

ピックアップ記事

関連記事

  1. カジノ法案の成立を急ぐ自公幹部の思惑とは?
  2. 台風の被害が今年、特に多いのはなぜ?
  3. 蓮舫二重国籍疑惑!2ちゃんねるの反応は?
  4. 舛添要一が公用車で湯河原別荘通い!度重なる公私混同で辞職に追い込…
  5. マック赤坂の政見放送予定はいつ?伝説再びなるか?
  6. 北朝鮮の戦争は秒読み?2017年4月と予言の未来人の存在も
  7. 初鹿明博の舞台女優の名前は誰?週刊新潮が報じたスキャンダルで党幹…
  8. 南スーダン自衛隊の状況は?稲田朋美を狙った襲撃か

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目記事

ピックアップ記事

kubire3

BUSINESS

LIFESTYLE

WOMEN

PAGE TOP