LIFESTYLE

快眠グッズを紹介!快眠からほど遠くて困っている人に試してほしい3つのアイテム

【人気急上昇中の記事】 現在 18 名が閲覧中...
マンションが、購入時よりも値上りしているケースが続出中!
あなたのマンション、現在の価値がサクッとカンタンに調べられるツールが、いま話題に。

心も体も疲れやすくなってしまいがちな現代社会で、ぐっすりと夢も見ないくらい安眠できたり、起きた時の爽快感がこみ上げてくるような快眠から遠ざかっている人も多いと思います。

スマートフォンやパソコンの普及で、絶えず情報を吸収できる環境は頭の働きを休める機会を奪い、そこに人間関係や仕事関係のプレッシャーがストレスとなる悪循環が続くことで、本当に心身の疲労を回復できるだけの睡眠がとれなくなっているのです。

そこで今回は快眠からほど遠い状態になっている皆さんに使ってほしいアイテムをいくつかご紹介します。

その1 抱き枕

抱き枕を使うことに恥ずかしさを感じて、使うことを敬遠する人もいるかもしれません。

ですが、寝ているところを誰も見るわけではないので、安眠のためにはぜひ使ってみてほしいアイテムなのです。

抱き枕は身体を横にして眠りやすくなることから、寝ている時に手足をはじめ、身体全体をリラックスさせることができるので安眠しやすくなります。

購入することが恥ずかしい場合でも、インターネット経由で購入できるので安心してください。

その2 バスタオル枕

寝ている時に枕の高さが合わないと、起きた時に首が痛かったり、肩こりが激しくなったりして快眠することができません。

その場合、まず自分の身体にとって一番ベストな枕の高さを調べなくてはなりませんが、それを行うためには「バスタオル枕」がお勧めです。

作り方はいたって簡単で、バスタオルを2枚用意し折りたたんだり重ねたりして理想の高さを調整するだけです。

バスタオル枕のいいところは、体調によって適宜高さを変えることが出来るので、疲労の回復具合が明らかに違う事と、バスタオルなので汚れたら簡単に洗う事の出来る利便性があります。

その3 敷き毛布

敷き毛布は冷え性などで悩んでいる人におすすめのアイテムです。

人間だれしも入浴中やこたつに入っている時など、温かくなるとついつい眠気がやってきますが、敷き毛布であれば、温まった体温を外に逃がすことなくキープできるのでぬくもりを感じながら自然な眠りにつけます。

似たようなアイテムに電気毛布がありますが、電気代などのことを考えると少しでも安価で使い続けることのできるアイテムの方がお勧めです。

敷き毛布の「もふもふ」感は、より快適な眠りをもたらしてくれますから、ぜひ一度試してもらいたい方法です。

ピックアップ記事

初代編集長・ボス

初代編集長・ボス

投稿者の記事一覧

初代編集長。一部上場企業で働く傍ら、ビジネスで培ったノウハウ提供を趣味としている。ノウハウコレクターとしての一面をもつ。今は引退して芸能ニュースを毎日飽きずに見続けている。

関連記事

  1. ガソリンの値段が高騰してしまう理由は何?
  2. 吹雪で身動きが取れない「ホワイトアウト」に遭遇したときの対処方法…
  3. 地震の震源地は深さで危険度は変わるの?「浅い」と「深い」どっちが…
  4. 2018年台風19号の進路は?本州への影響は?
  5. ふたご座流星群が観測できる国内スポットは?
  6. 台風20号2016年最新進路!気象庁の沖縄上陸予測は?
  7. 朝寝坊を防ぐ方法はある?効果てきめんの寝坊対策
  8. 台風16号2016最新進路は?米軍とヨーロッパの比較

注目記事

ピックアップ記事

  1. タトゥーを入れる人には深い意味を込める人も多い
  2. 名刺交換では日常会話を
  3. 新元号は令和

カテゴリー

BUSINESS

  1. ウィキリークスとビットコインの関係

LIFESTYLE

WOMEN

PAGE TOP