SOCIAL

横浜の簡易宿泊所で火事!中高層マンションやビル火災で逃げ遅れないためには?

【人気急上昇中の記事】 現在 18 名が閲覧中...
マンションが、購入時よりも値上りしているケースが続出中!
あなたのマンション、現在の価値がサクッとカンタンに調べられるツールが、いま話題に。

1月4日、横浜市にある簡易宿泊所「扇荘別館」の一室から出火し、火事となった。

これにより、2人の遺体が発見さており、搬送先の病院でも1人の死亡が確認されている。

中高層マンションやビル火災で逃げ遅れないためには、どう避難するべきなのだろうか。

横浜の簡易宿泊所で火事!

横浜市にある簡易宿泊所の「扇荘別館」が火事となり、10階建て5階の4室や共有の廊下やトイレなどを焼いた。

県警や市消防局からの情報では、焼か跡から2人の遺体が発見されており、さらに搬送先の病院でも1人の死亡が確認されている。

また、13人が重軽傷を負っており、多くの方が被害を受けた。

この火事は、1時間ほどで鎮火されたとのことだ。

出火当時、140人ほどが宿泊していたとされている。

過去にも簡易宿泊所の火災があり、大きな被害をもたらした。

2015年5月は川崎市で2棟が全焼して11人が死亡している。

また、2017年5月には北九州市で簡易宿泊所に使われていたアパートから出火し、6人が亡くなっている。

中高層マンションやビル火災で逃げ遅れないためには?

簡易宿泊所だけでなく、中高層マンションやビル火災でも死亡者が出るケースが多い。

それだけに、それらの場所で火災に遭遇した際に、逃げ遅れないためにはどのように避難するべきなのか知っておくべきだろう。

中高層マンションやビル火災などの避難では、とにかく早く逃げることが大事だ。

初期の火事だとあまり危機感を感じないことがあるが、速やかに避難するようにしよう。

避難する際には、口をハンカチや服で覆い、低い姿勢で避難するべきだ。

煙は空気より軽いので、天井から覆っていく。

そのため、低い姿勢で避難するのがポイントになっている。

避難する場合、下に逃げるのが基本なのだが、エレベーターを使用するのは厳禁だ。

火災の影響で停電してしまい、エレベーターが停止するリスクがある。

そのため、避難する際には非常階段を使って、下に逃げていくようにするべきなのである。

横浜市にある簡易宿泊所で火事となり、すでに3人の死亡が確認されている。

過去にも、他の簡易宿泊所で死亡者が出る火災が起こっており、簡易宿泊所に泊まる際にはできるだけ自力で身を守るべきだ。

そのためにも、中高層マンションやビル火災で逃げ遅れない方法を知っていくのがいいだろう。

中高層マンションやビル火災では、できるだけ早く下に逃げるのがポイントだ。

また、避難する際には、口をハンカチや服で覆って、低い姿勢を心がけよう。

さらに、エレベーターを使用しての避難はリスクがあるので厳禁となっている。

普段から避難経路を確認し、自分の身は自分で守ろう。

ピックアップ記事

関連記事

  1. 3.11黙祷反対デモって何?誰が何のために先導するデモなのか?
  2. 【中学生の甥がいる人必見!】入学祝いで絶対喜ばれるプレゼント3選…
  3. ビジネスマン必見!大量の情報から必要な情報を効率的に集める方法!…
  4. り災者の会は裁判で勝てる?損害賠償は認められるのか?
  5. 籠池泰典は日本会議の役員?黒幕の存在でトカゲの尻尾切りか
  6. 加計学園と安倍の癒着がヤバすぎ!週刊現代の秀逸スクープ!
  7. 籠池泰典の嫁の経歴は?退任で集まる注目
  8. 美人局の手口に騙されない為に注意しておくべき事は?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目記事

ピックアップ記事

kubire3

BUSINESS

LIFESTYLE

WOMEN

PAGE TOP