SPORTS

神村奨の裁判の判決がすごい!引退時の成績や年俸は?

【人気急上昇中の記事】 現在 18 名が閲覧中...
マンションが、購入時よりも値上りしているケースが続出中!
あなたのマンション、現在の価値がサクッとカンタンに調べられるツールが、いま話題に。

昨年の4月30日に女性宅に侵入し乱暴した罪に問われ、逮捕された神村奨被告に横浜地裁が判決を下した。

被害者が多数いたこともあり裁判長も極めて悪質な事案と判断した結果、懲役30年とかなり重い判決となっている。

元Jリーガーと言われればプロとして成功をおさめ、このような危険な行為に手を出すメリットがないように思えるが、果たして実態はどうなのだろう。このような犯行に及んだ背景に迫ってみよう。

判決は懲役30年!横浜地裁は”極めて悪質”と判断

まずは神村被告の犯行履歴を見てみよう。
犯行が行われていたのは2009年から逮捕されるまでの2015年の約6年、発表された範囲では被害者は8人にのぼることが分かった。神奈川県や埼玉県で女性7人に乱暴、ほか1人は未遂となっている。

犯行時には、高い身体能力を使ってオートロックマンションの外壁をよじのぼり侵入、施錠されていない部屋を探しあて刃物を突き付けて脅し、手首を拘束して乱暴を行った。さらにその様子を撮影していたという。

逮捕一月前の3月31日にも無施錠の部屋に侵入して女子大生(22)を暴行し、頭に全治一週間の怪我を負わせていたことがわかった。

今年11月28日に横浜地裁で裁判員裁判の初公判が行われた際に神村被告は起訴内容を「間違いない」と認め、これにより12日の判決で求刑通りの懲役30年が言い渡された。今まで生きてきた年数の半分以上の重い刑期だ。

この刑期を科した片山隆夫裁判長は今回の事件について、

「同種の事案と比べても極めて悪質な犯行。有期懲役の上限が相当だ」
と述べている。

なぜこのような犯行におよんだのか?元Jリーガーの実態

しかし元Jリーガーと言われれば、このような犯行に手を染める動機はなさそうに思える。弁護側の主張するように「性嗜好障害と診断され、治療を受ければ更生の可能性が高い」という理由もあるだろうが、果たして原因はそれだけなのか。

ここ最近のJリーグでは、選手の地力強化する方針のために2014年からJ3を発足するなどプロの裾野を広げてきた。一見プラス効果が期待できそうだが、関係者内では不安の声が強い。

今まではプロの枠が狭かったからこそ、大学在学中にメンバーが振るいにかけられていたが、獲得枠が広がったことによりサッカーレベルが低かったり、素行の悪い選手が入り込みやすい環境になっているようだ。

さらに少数ではあるが、大学の知名度アップのために選手を売り込むのに対し、Jリーグ側も言い値で選手を獲得できることから150万円程度の大卒低年俸選手もいる。そうして雇われた選手の多くは3年以内に放流されることが多い。

神村被告も引退までの間に弱小チームを1年で解雇されるなど、プロとして順調とは言い難かったようだ。

今回の悪質な事件により、被害者たちの苦痛は計り知れない。神村被告にはしっかりと刑期を受け止め反省してもらいたいものだ。

ピックアップ記事

関連記事

  1. 五味隆典vs魔裟斗のルールは?大晦日最注目の一戦
  2. ロッベン、バイエルン退団でJリーグに来る可能性はある?
  3. 松田知幸射撃の経歴やプロフィール!中年の星の警察官は日本人メダル…
  4. 橋本清が薬で逮捕か?選手会が絶縁を命じられた男の黒い噂とは?
  5. メイウェザーがRIZIN出場をキャンセルした理由は何?
  6. 福原愛が「引退」と言う言葉を使わないのは訳がある?
  7. 斎藤慧がドーピング陽性!アセタゾラミドって無意識に摂取できるの?…
  8. 大阪なおみを苦しめたウイルス性疾患とは?

注目記事

ピックアップ記事

カテゴリー

BUSINESS

LIFESTYLE

WOMEN

PAGE TOP