SOCIAL

マウントゴックス元CEOに有罪判決!仮想通貨の不正流出を防ぐ方法はある?

【人気急上昇中の記事】 現在 18 名が閲覧中...
マンションが、購入時よりも値上りしているケースが続出中!
あなたのマンション、現在の価値がサクッとカンタンに調べられるツールが、いま話題に。

仮想通貨であるビットコインが大量に流出したマウントゴックス事件に動きがあった。

12月12日、業務上横領などの罪に問われたマウントゴックスの元CEO(最高経営責任者)・マルク・カルプレス被告の公判が行われた。

検察側は、懲役10年を求刑したのである。

仮想通貨の不正流出を防ぐ方法はあるのだろうか。

マウントゴックス元CEOに懲役10年を求刑!

仮想通貨・ビットコインの世界最大の取引所を運営し、利用者から預かった金を着服したとして、業務上横領などの罪に問われたマウントゴックス元CEO・マルク・カルプレス被告の公判が行われ、検察側は懲役10年を求刑した。

検察側によると、マルク・カルプレス被告は2013年9月~12月に会社と無関係の事業を買収する必要や生活費のため、利用者から預かった現金を着服したと主張している。

マウントゴックスは、2014年2月に85万ビットコイン(約465億円相当)がサイバー攻撃によって盗まれたと発表し、経営破綻していた。

しかし、これは、データを書き換えて流出したように見せかけ、一部を着服していたのである。

12月27日に最終弁論があり、結審する予定となっている。

仮想通貨の不正流出を防ぐ方法はある?

マウントゴックス事件は、ビットコインが不正流出したわけではなく、取引所であるマウントゴックスが着服していたわけだ。

着服していたのがバレないように、不正流出したように見せかけていたのである。

仮想通貨の不正流出や着服を防ぐ方法は、信頼できる取引所を利用することだ。

ここで言う信頼できる取引所とは、大手の取引所なら大丈夫というわけではない。

なぜなら、マウントゴックスはビットコインの世界最大の取引所だったからだ。

このことから、メジャーなら不正流出や着服がないとは限らないのである。

信頼できる取引所を見つける方法は、「代表取締役」と「会社のセキュリティ体制」をチェックすることだ。

どちらも、取引所のサイトからチェックできるはずである。

代表取締役の経歴を見れば、どんな人物か理解でき、胡散臭い人物ではないのか確認できる。

また、信頼できる取引所は、厳しいセキュリティ体制をウリにしているケースが多い。

そのため、どんなセキュリティ体制なのかをチェックしておくべきだ。

仮想通貨の不正流出を防ぐためには、信頼できる取引所を利用するようにしよう。

マウントゴックス元CEOであるマルク・カルプレス被告の公判が行われ、検察側は懲役10年を求刑した。

マウントゴックス事件は、マルク・カルプレス被告が着服を隠すために、不正流出したように見せかけたものだったのである。

仮想通貨の不正流出や着服を防ぐ方法は、信頼できる取引所を利用することだ。

そのためには、「代表取締役」「会社のセキュリティ体制」をチェックすることである。

代表取締役は信頼できる人物なのか、不正流出しないようなセキュリティ体制なのかを確認するべきだ。

仮想通貨は、信頼できる取引所を利用するようにしよう。

ピックアップ記事

初代編集長・ボス

初代編集長・ボス

投稿者の記事一覧

初代編集長。一部上場企業で働く傍ら、ビジネスで培ったノウハウ提供を趣味としている。ノウハウコレクターとしての一面をもつ。今は引退して芸能ニュースを毎日飽きずに見続けている。

関連記事

  1. 熊本の震度6弱が前震との噂も!本震に備え、準備しておきべきことは…
  2. ブラックマンデーはいつまで続く?韓国金融市場の下落が日本にもたら…
  3. 務台俊介のおんぶが話題に!復興の足手まといと非難轟々
  4. 小池百合子が嫌いな人が増加中!嫌われ度は期待値の現れとの見方も
  5. 金正男暗殺は影武者の可能性も?刺青が違うとの指摘があがるが真相は…
  6. トランプ大統領が新天皇と会見する理由は何?
  7. 森本哲也の経歴と案件実績は?佐々木善三と並んだ理由を推測してみる…
  8. 塚越裕美子の事務所はどこ?芸能活動の形跡もアリ!

注目記事

ピックアップ記事

  1. ウィキリークスとビットコインの関係
  2. 北海道エリア別オススメTOP3

カテゴリー

BUSINESS

  1. 業界分析・企業分析をしよう!

LIFESTYLE

WOMEN

PAGE TOP