SOCIAL

マウントゴックス元CEOに有罪判決!仮想通貨の不正流出を防ぐ方法はある?

【人気急上昇中の記事】 現在 18 名が閲覧中...
マンションが、購入時よりも値上りしているケースが続出中!
あなたのマンション、現在の価値がサクッとカンタンに調べられるツールが、いま話題に。

仮想通貨であるビットコインが大量に流出したマウントゴックス事件に動きがあった。

12月12日、業務上横領などの罪に問われたマウントゴックスの元CEO(最高経営責任者)・マルク・カルプレス被告の公判が行われた。

検察側は、懲役10年を求刑したのである。

仮想通貨の不正流出を防ぐ方法はあるのだろうか。

マウントゴックス元CEOに懲役10年を求刑!

仮想通貨・ビットコインの世界最大の取引所を運営し、利用者から預かった金を着服したとして、業務上横領などの罪に問われたマウントゴックス元CEO・マルク・カルプレス被告の公判が行われ、検察側は懲役10年を求刑した。

検察側によると、マルク・カルプレス被告は2013年9月~12月に会社と無関係の事業を買収する必要や生活費のため、利用者から預かった現金を着服したと主張している。

マウントゴックスは、2014年2月に85万ビットコイン(約465億円相当)がサイバー攻撃によって盗まれたと発表し、経営破綻していた。

しかし、これは、データを書き換えて流出したように見せかけ、一部を着服していたのである。

12月27日に最終弁論があり、結審する予定となっている。

仮想通貨の不正流出を防ぐ方法はある?

マウントゴックス事件は、ビットコインが不正流出したわけではなく、取引所であるマウントゴックスが着服していたわけだ。

着服していたのがバレないように、不正流出したように見せかけていたのである。

仮想通貨の不正流出や着服を防ぐ方法は、信頼できる取引所を利用することだ。

ここで言う信頼できる取引所とは、大手の取引所なら大丈夫というわけではない。

なぜなら、マウントゴックスはビットコインの世界最大の取引所だったからだ。

このことから、メジャーなら不正流出や着服がないとは限らないのである。

信頼できる取引所を見つける方法は、「代表取締役」と「会社のセキュリティ体制」をチェックすることだ。

どちらも、取引所のサイトからチェックできるはずである。

代表取締役の経歴を見れば、どんな人物か理解でき、胡散臭い人物ではないのか確認できる。

また、信頼できる取引所は、厳しいセキュリティ体制をウリにしているケースが多い。

そのため、どんなセキュリティ体制なのかをチェックしておくべきだ。

仮想通貨の不正流出を防ぐためには、信頼できる取引所を利用するようにしよう。

マウントゴックス元CEOであるマルク・カルプレス被告の公判が行われ、検察側は懲役10年を求刑した。

マウントゴックス事件は、マルク・カルプレス被告が着服を隠すために、不正流出したように見せかけたものだったのである。

仮想通貨の不正流出や着服を防ぐ方法は、信頼できる取引所を利用することだ。

そのためには、「代表取締役」「会社のセキュリティ体制」をチェックすることである。

代表取締役は信頼できる人物なのか、不正流出しないようなセキュリティ体制なのかを確認するべきだ。

仮想通貨は、信頼できる取引所を利用するようにしよう。

ピックアップ記事

初代編集長・ボス

初代編集長・ボス

投稿者の記事一覧

初代編集長。一部上場企業で働く傍ら、ビジネスで培ったノウハウ提供を趣味としている。ノウハウコレクターとしての一面をもつ。今は引退して芸能ニュースを毎日飽きずに見続けている。

関連記事

  1. セブンイレブンのオーナーが立ち上がった!24時間営業が困難な理由…
  2. ヒラリークリントンはメール問題がきっかけでまさかの落選か?
  3. 東京医科大学の裏口入学リストは一般人でも見れる?
  4. プエルトリコ破産の理由は?2017年日本への影響は今後どうなる?…
  5. 消費税10%は、いつから実施される?生活や景気への影響は?
  6. 3億円事件の犯人として挙げられている人物まとめ
  7. 三田佳子の次男が逮捕4回目!覚せい剤ってそんなに簡単に手に入るの…
  8. 新型iphoneの最上位20万円のiphoneはどんな層が買う?…

注目記事

ピックアップ記事

  1. ウィキリークスとビットコインの関係
  2. タトゥーを入れる人には深い意味を込める人も多い
  3. 新元号は令和
  4. 北海道エリア別オススメTOP3

カテゴリー

BUSINESS

  1. 商品企画ってどんな仕事?

LIFESTYLE

WOMEN

PAGE TOP