SOCIAL

口永良部島の噴火間近?!今回は3年前よりどれくらいヤバイ?

【人気急上昇中の記事】 現在 18 名が閲覧中...
マンションが、購入時よりも値上りしているケースが続出中!
あなたのマンション、現在の価値がサクッとカンタンに調べられるツールが、いま話題に。

鹿児島県の口永良部島で火山活動が高まっている。

この動きに対し、気象庁は8月15日に噴火警戒レベルを4に引き上げた。

今後も警戒するべきであり、噴火間近の可能性まであるのだ。

口永良部島と言えば、3年前の2015年にも噴火しており、危険な状況だった。

今回は3年前よりどのくらいヤバイのだろうか。

口永良部島が噴火間近!?

口永良部島の火山活動が8月15日未明から活発化され、火山性地震が増加している。

これに伴い、気象庁は噴火警戒レベルを2から4へと引き上げた。

警戒レベル4は「避難準備」であり、警戒が必要な居住地域では避難の準備が必要である。

口永良部島では、8月15日の1日で37回もの火山性地震が観測された。

これまでの火山性地震の震源地はごく浅かったのだが、8月15日の震源は新岳の南西山麓付近の深さ約5キロと推定されている。

これは、3年前の2015年に口永良部島が噴火する前に発生した地震と同じ場所と推定されているのだ。

それだけに、今後さらに火山活動が活発化し、噴火する恐れがあるので警戒が必要となっている。

今回は3年前よりどれくらいヤバイ?

口永良部島は、3年前の2015年にも噴火があった。

2015年5月29日に新岳から噴火し、噴煙は火山から約10,000メートルの高さまで達している。

このときには、噴火警戒レベルを5に引き上げられ、住民は避難を余儀なくされた。

また、この噴火で犬の散歩をしていた男性がやけどを負っている。

今回の口永良部島の火山活動は、3年前よりも警戒する必要があるようだ。

なぜなら、今回は規模の大きな地震が起こる期間が前回に比べて短いため、火山活動の活発化の進む具合が3年前よりも早い可能性があるのだ。

それだけに、口永良部島の住民の方は、随時情報を集め、いざとなったら避難できる準備をしておくべきだろう。

また、高齢者の方や体の不自由な方などは、あらかじめ避難をしておくべきだ。

いずれにしても、噴火への警戒を強めておくべきだろう。

口永良部島の火山活動が8月15日の未明から活発化し、火山性地震が増加している。

この日だけで37回もの火山性地震が観測されているのだ。

気象庁は噴火警戒レベルを4に引き上げており、住民の方は警戒が必要となっている。

口永良部島は3年前の2015年にも噴火があった。

このときよりも、規模の大きい地震の起こる期間が前回に比べて短いため、火山活動の活発化の進み具合が早い可能性がある。

それだけに、口永良部島住民は情報を収集し、警戒を強めておくべきだろう。

ピックアップ記事

関連記事

  1. EXILEが活動休止していたのはなぜ?2年半ぶりに復活ライブ!
  2. 2018年の新型iPhone、何が変わった?
  3. 鳥越俊太郎反日都知事誕生はほぼ不可能な3つの理由
  4. 内田茂逮捕の可能性は?監査役の会社が不正受注疑惑
  5. 後藤輝樹のwiki削除!政見放送で放送禁止用語連発の無法者のプロ…
  6. 【山口達也の弁護士】矢田次男は凄腕というウワサは本当?日馬富士や…
  7. 木南晴夏はなぜムラサキと呼ばれている?
  8. プロ麻雀リーグ「Mリーグ」に登録される選手予想。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目記事

ピックアップ記事

kubire3

BUSINESS

LIFESTYLE

WOMEN

PAGE TOP