SOCIAL

仙台の警察官刺殺事件。犯人の目的は何?考察してみた。

【人気急上昇中の記事】 現在 18 名が閲覧中...
マンションが、購入時よりも値上りしているケースが続出中!
あなたのマンション、現在の価値がサクッとカンタンに調べられるツールが、いま話題に。

9月19日午前4時ごろ、仙台市宮城野区東仙台2丁目の仙台東署東仙台交番で、清野裕彰巡査長が訪ねてきた男に刃物で刺され亡くなった事件。

この事件の犯人は近所に住む21歳の大学生だったことが衝撃的でした。

何より気になるのは「なぜこのような犯行に及んだのか?」と言うことです。

動機について語ることなく犯人が亡くなってしまったため、真実は闇の中になってしまったのですが、ここまでセンセーショナルな事件になると動機は大変気になります。

そこで、私なりに犯人の目的は何であったのかを考察してみました。

考察1:模倣犯であった

6月26日に富山県の富山中央署奥田交番で起きた事件が、今回の仙台市で起きた事件と類似性があります。

富山の事件を起こしたのは20歳の青年でしたが、この時の犯行は交番で警官を襲い拳銃を盗むところから始まりました。

青年は拳銃を使って近隣の小学校を襲おうとして警備員を射殺、その後警官に追い詰められ銃撃され重傷を負いました。

交番を襲ったことと若者であるということは仙台の事件と共通する部分があります。

青年は銃撃されて一時重体になりましたがその後容体は回復し、現在も取り調べが行われてはいますが動機については一切語っていません。

このような事件が今年に起こったことは、今回の事件が模倣された可能性も捨てきれません。

考察2:メッセージを訴えたかった可能性

かつて秋葉原にレンタカーを借りて突入し、その後ナイフを持って多くの人々に切りかかった加藤智弘容疑者。

加藤容疑者はあのような事件を起こしたことについて「自分も死のうと思った」「自分の境遇を理解してほしかった」と語り、自分の好意を半ば正当化しようとしているそぶりを見せました。

仙台の事件も、犯人が亡くなった今となっては本人の口から動機は語られませんでしたが、その後にマスコミなどが動機探しをすることは十分予測できることです。

犯人はそのことを考え、ブログやSNSなどに動機を書き込んでいる可能性もあります。

敢えてこのような事件を起こし、自分に注目させたうえでメッセージを主張したかったというのは最近の犯罪でよくみられるパターンです。

このような事件が起きることは決して許されるわけではありません。

特に最近はSNSなどでさまざまな噂が拡散し、他人の行動に影響を受けやすい時代ともなっています。

私が一番気にしているのは模倣犯の登場です。

富山の事件、仙台の事件…交番を襲って拳銃を盗もうとする大胆不敵な犯行は、同様の犯行をもくろむ模倣犯が出てくる可能性が高いでしょう。

かつて福岡県で高速バスをバスジャックした少年がいましたが、事件直後には同様の犯行を犯す少年が登場したのも事実です。

今回の仙台の事件が、模倣犯の登場と言う負の連鎖のきっかけにならなければよいなと心から思います。

ピックアップ記事

初代編集長・ボス

初代編集長・ボス

投稿者の記事一覧

初代編集長。一部上場企業で働く傍ら、ビジネスで培ったノウハウ提供を趣味としている。ノウハウコレクターとしての一面をもつ。今は引退して芸能ニュースを毎日飽きずに見続けている。

関連記事

  1. 後藤輝樹のwiki削除!政見放送で放送禁止用語連発の無法者のプロ…
  2. お年玉の相場はいくら?幼稚園児・小学生から高校生いつまであげる?…
  3. ロシアがウクライナ艦船に砲撃した理由は何?
  4. ビットコイン下落はいつまで続く?仮想通貨は安全なのか?
  5. NHKの受信料が免除されるのはどんなケース?
  6. 富川悠太アナの失言集!報道ステーション更迭は時間の問題?
  7. オウム死刑囚を全国各地に移送する裏事情とは?
  8. 齋藤礼伊奈が都議選に!経歴や思想から政策を予想

注目記事

ピックアップ記事

  1. 北海道エリア別オススメTOP3
  2. 名刺交換では日常会話を
  3. 新元号は令和

カテゴリー

BUSINESS

LIFESTYLE

WOMEN

PAGE TOP