CULTURE

建国記念日2017年の振替は?由来についても振り返る

建国記念日、正確には、建国記念の日というが、今年は残念なことに、2月11日の土曜日で、振替休日はない。

これは、2月11日に固定されているためで、ハッピーマンデー制度は適用されない。

そして今年は残念なことに、金曜日や土曜日の、祝日がとても多い。

働く人にとっては、地獄の年となりそうだが、致し方ない。

話がそれたが、実はこの建国記念日、明治時代からの祝日で、歴史があり、その意味を知ると、心から祝うべき祝日なのだ。

意外と知られていない建国記念日の由来

建国記念日、文字通り国が出来た日、なのだがその由来は、紀元節と言うものから来ていることはあまり知られていない。

紀元節とは、初代天皇である、神武天皇が即位された日を2月11日とするもので、非常に歴史を感じさせるものである。

日本という国が出来た日、それも神話の時代の話、なんとも感慨深い。

明治時代に出来た、建国記念日、そこには深い歴史と、意味が込められているのである。

実はこの建国記念日、一度無くなってしまっているのだが、そこにもわが国の歴史が含まれている。

一度なくなりまた復活、おめでとう建国記念日

わが国日本の、近代史を語る上で、避けては通れないのが、第二次世界大戦での敗戦だろう。

実はこの建国記念日も、敗戦の被害者なのだ。

戦後GHQの指導の下にあった日本。そんな中、建国記念日もGHQの強い意志の元、廃止を迫られることになる。

恐らく、天皇制での強い統制の元軍部の暴走により、巻き起こった第二次世界大戦での、日本の戦いを見て、脅威を感じたアメリカが、愛国心を無くしてやろうという考えの下、指導したことだろう。

敗戦国とあって、GHQには逆らえず、建国記念日は廃止となってしまうのだが、象徴天皇となったものの、天皇制が無くならなかった事は唯一の救いだろう。

廃止されてしまった、建国記念日だが、それから数年後、紀元節を復活させようという動きが国会で起こる。

しかし、天皇制の元制定された過去のある、紀元節に、当時の野党が「戦争時を連想させ、保守的だ」として猛反対。

何とか復活させたい人の動きによって、純粋に「建国を祝う日」として、建国記念の日として1966年に制定された。

敗戦という歴史の波にもまれた、建国記念日、由来を紐解くと最も歴史のある祝日と言うことになる。

由来を知ると2月11日に固定されているのが良く分かるだろう。

建国記念日は、歴史に感慨を感じ、日本という国に感謝しながら過ごしたいものである。

ピックアップ記事

関連記事

  1. 駒崎弘樹の炎上騒動まとめ!なぜ炎上するのか?
  2. 母の日2017年のおすすめギフト!20代男から贈るなら
  3. スザンヌの長男とのキス画像が炎上で賛否両論
  4. 新入社員の挨拶を1分でまとめるには?構成・内容・文字数のベストを…
  5. ユニクロ福袋2017中身ネタバレ!値段・販売日・予約方法について…
  6. 札幌雪祭り2017 芸能人がくる日程はいつわかる?
  7. 小室圭の実家や父親は?家柄はやはり良いのか
  8. 小林麻央が退院するのはなぜ?終末医療を1月以降始めるとの噂も

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目記事

ピックアップ記事

kubire3

BUSINESS

LIFESTYLE

WOMEN

PAGE TOP