LIFESTYLE

ファストフード業界に明暗が!ケンタッキーは復活できるのか?

【人気急上昇中の記事】 現在 18 名が閲覧中...
マンションが、購入時よりも値上りしているケースが続出中!
あなたのマンション、現在の価値がサクッとカンタンに調べられるツールが、いま話題に。

消費税増税が2019年10月に迫る中、持ち帰りを基本とするファストフード業界に明暗が分かれています。

うまく店舗内サービスを提供することができた企業もあれば、対策が後手後手になっている企業もあるなど、企業間の格差がまた広がりそうな勢いです。

2019年のファストフード業界で低迷しているあの企業は復活することができるのでしょうか?

新規顧客の獲得に苦戦しているケンタッキー

ケンタッキーは主に扱っているのが「フライドチキン」ということもあり、コンビニで同種の商品が多数展開されるようになって業績が低迷しています。

また、ビジネスモデルとして「昼食」や「夕食のおかず」ともならないフライドチキンは定期的に購入する顧客数が絶対的に少ないので、余計にケンタッキーの業績低迷を招くことになっています。

ケンタッキーでもその点は理解しているようで、昼食やコーヒーブレイクとして利用してもらえるようにメニューの見直しを進めています。

コンビニの攻勢を乗り切ったミスタードーナツ

一方、コンビニの攻勢をうまく乗り切ったのはミスタードーナツです。

セブンイレブンの「セブンカフェ」「セブンドーナツ」攻勢に一時期は業績がかなり悪化しましたが、コンビニ側のサービス見直しによる事実上の撤退の結果、ミスタードーナツは息を吹き返しました。

ここからミスドが立ち直るためには、成功を収めつつある「ランチメニュー」をより充実させ、コンビニに奪われた「カフェ利用者」をいかに取り返すかにかかっています。

急激な業績回復に成功したマクドナルド

一方、異物混入などが相次いで業績が悪化していたマクドナルドはキャンペーン戦略が成功して業績を回復させ、さらに利益を上げることに成功しています。

「チキンタツタ」「月見バーガー」などの季節商品のバリエーションにチーズをトッピングした対抗商品を提供しつつ、顧客のリクエストに応じて「倍々サービス」を提供するなど、学生層だけでなく食事代わりにマックを利用する社会人をうまく取り込むことに成功しています。

また、小さい子ども連れの利用者にはテーブルまで商品を運ぶケータリングサービスも好評ですから、しばらくマックの好調は続くと思われます。

復活のポイントは「ここにしかない商品・サービス」

ファストフード業界に求められているのは、金額や消費税などを気にすることなく「この商品を食べたいから」という購買意欲を高めることです。

そういう意味ではマクドナルドや吉野家など商品展開の工夫で成功している企業と、そうでない企業の差は顕著です。

今は不振にあえいでいる企業も、成功した企業をお手本にして反撃に転じてくるでしょう。

ピックアップ記事

関連記事

  1. 新入社員必見!上司の心を掴んで離さない挨拶例文集!押さえるべきポ…
  2. 仕事のための自己啓発の正しい例3選!中毒にならないために意識すべ…
  3. 育休延長2年はいつから?職場では迷惑との声もあるが少子高齢化の歯…
  4. 新元号は、いつ発表される?発表後に確認しておきたい事は?
  5. 国保の保険料上限がまた引き上げ!いったいどこまで上がる?
  6. 台風16号2016最新進路!関東への上陸はいつ?
  7. 敬老の日のプレゼントはコレがオススメ!もらって嬉しいプレゼントと…
  8. 高齢者の脱水症状で死亡例も!対処法4選!

注目記事

ピックアップ記事

カテゴリー

BUSINESS

LIFESTYLE

WOMEN

PAGE TOP