LIFESTYLE

国保の保険料上限がまた引き上げ!いったいどこまで上がる?

【人気急上昇中の記事】 現在 18 名が閲覧中...
マンションが、購入時よりも値上りしているケースが続出中!
あなたのマンション、現在の価値がサクッとカンタンに調べられるツールが、いま話題に。

厚生労働省が、国民健康保険(国保)で高所得層が払う保険料の上限を3万円引き上げることを決めた。

国保の財政改善が狙いであり、来年度からの実施を目指しているとのことだ。

国保の保険料の上限の引き上げは2年連続なのだが、いったいどこまで上がっていくのだろうか。

国保の保険料上限がまた引き上げ!

国民健康保険(国保)は、自営業者や非正規社員らが加入しており、保険料は所得が高い世帯ほど高くなる。

ただし、国保は上限が設定されており、現在の国保の保険料上限は年77万円となっている。

厚生労働省は、国保の保険料上限を3万円増の年80万円に引き上げることを決めたのだ。

現在は年間所得が840万円以上の世帯が、上限の年77万円の保険料だ。

来年度からは、年間所得が880万円以上の世帯が、年80万円の保険料払うことになるのである。

国保の保険料上限の対象となるのは、加入者全体の1.99と見込まれている。

今回の国保の保険料上限の引き上げは、国保の財政改善が狙いとのことだ。

国保の保険料上限はいったいどこまで上がる?

高所得層を対象にした、国保の保険料上限の引き上げは2年連続となっている。

これで心配になるのが、国保の保険料上限はいったいどこまで上がっていくのかだろう。

具体的な数字はわからないが、国保の保険料上限は今後も上がっていく可能性が高い。

これは、国保の仕組みを考えれば当然の流れと言える。

医療機関で会計をする際に、国民健康保険証を提出することで、医療費の7~9割が保険料で負担される仕組みとなっているのだ。

高齢化社会となり、医療機関にかかる患者が増えていることを考えれば、国保の財政が厳しいことがわかる。

そのため、このまま抜本的な見直しをすることができなければ、さらに国保の保険料上限は上がっていくことだろう。

将来、国保の保険料上限がどんどん引き上げられる可能性はあるのである。

国民健康保険料(国保)の保険料上限を3万円引き上げることを厚生労働省は決めた。

これまで、国保の保険料上限は年77万円だったのだが、今回の決定で年80万円となる。

対象となるのは加入者全体の1.99%と見込まれており、国保の財政改善が狙いだ。

このまま、国保の保険料上限は上がっていく可能性は高い。

高齢化社会となり、国保の財政は厳しいのが現状となっている。

それだけに、財源確保のために保険料上限を上げていく可能性が高いのだ。

もっと将来を見据え、抜本的な改革を期待したいものだ。

ピックアップ記事

関連記事

  1. 忽那汐里がデッドプール2で演じる役がヤバイ!?姿は?能力は?どん…
  2. 【2018 お中元】50代男性上司にあげると喜ばれるおすすめ4選…
  3. マック赤坂の年収!都知事選にかける費用の出どころは?
  4. 稲田朋美防衛省辞任はあるか?森友問題で窮地に
  5. 箱根駅伝のアンパンマン号に乗っていたのは誰?
  6. 台風20号2016年最新進路!気象庁の沖縄上陸予測は?
  7. 橋本健神戸市議が今井絵理子と不倫!辞職はあるか?
  8. 北朝鮮が非核化の意思表示で企んでいることとは?経済制裁が効いてい…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目記事

ピックアップ記事

kubire3

BUSINESS

LIFESTYLE

WOMEN

PAGE TOP