SOCIAL

昆虫食自販機を利用しているのはどんな人?

【人気急上昇中の記事】 現在 18 名が閲覧中...
マンションが、購入時よりも値上りしているケースが続出中!
あなたのマンション、現在の価値がサクッとカンタンに調べられるツールが、いま話題に。

最近話題になっている「昆虫食」をご存知ですか?

熊本県にあるバルーンショップに設置してある「昆虫食自動販売機」が注目を集めています。

今回は、昆虫食についてと、昆虫食自販機の利用者についてまとめていきます。

世界では常識?昆虫食とは?

昆虫を食べる…。

この言葉を聞くだけで、悪寒が走りそうなものですが、実際、世界中で昆虫を食料として扱われているのは、日本であまり報道されていません。

昆虫食はアジアで29ヵ国、南北アメリカで23ヵ国、アフリカでは36ヵ国で「食料」として扱われています。

日本でもイナゴの佃煮や、蜂の子の佃煮などが缶詰で以前から販売されています。

こうした昆虫を食べるということは、昔から行なわれていました。

タイの一部地域では、昆虫食の習慣が「嗜好品」という扱いで未だに残っており、テレビ番組でも度々取り上げられています。

アジア圏の昆虫食の基本は、「素揚げ」や、「調味料」が挙げられます。

ゲンゴロウやタガメなどが油で素揚げされ、山積みになって市場で販売されていることもあります。

昆虫食は、栄養価が高く、例えば、コオロギ4匹で、大きめのコップ1杯分の牛乳と同程度のカルシウムが摂取できる他、フンコロガシ1匹でステーキよりも多い鉄分を摂取することが可能です。

将来の食料危機に向けた昆虫食の研究は、ヨーロッパ圏でも進められており、デンマークやロンドン、スイスでも昆虫を使ったスーパーフードの開発が進められています。

昆虫食自販機の利用者は?物好き?

熊本県の昆虫側自販機のニュースでは、1カ月間で50万円以上の売上があったと報じられています。

自販機で販売されている昆虫食の値段は、700円~1300円(徐々に値上げしています)と、決して安くはない価格です。

50万円を平均単価の1000円で割ると、およそ500人の利用者が昆虫側自販機を利用したことになります。

報道ではどんな客層の人が購入したかまでは触れていませんが、ネット上で多くの記事を発見しました。

ユーチューバーやブロガーの「食べてみた」系のネタとして購入されているものもあれば、お菓子感覚で購入した人もいます。

意外に幅広い層に販売されているという感じがしました。

また、外国人観光客にも人気のようです。

映画にもなった「テラフォーマーズ」では、ゴキブリを火星に住ませて、環境整備を行なうという設定でした。

近い将来、人口増による食糧難は避けられないという説があります。

テラフォーマーズのような世界が実際に起こり得る可能性もあるでしょう。

ゴキブリは、昆虫食の中でも特に栄養価が高い、スーパーフードとして注目されています。

見た目のグロさから、嫌悪感を抱く人も多いですが、将来はお米やパンに替わる主食になる可能性もあります。

未来の食糧難に備えて、試しにチョコレートでコーティングされたバッタから試してみてはいかがでしょうか?

プロテインやサプリメントよりも効果があるかも知れませんよ。

ピックアップ記事

関連記事

  1. 豊洲市場問題は石原慎太郎の責任だった?過去の発言が問題に
  2. オキナワキョウチクトウは猛毒なのに街路樹として植えられているのは…
  3. 今村雅弘激怒の記者の名前はどこの誰?記者の方が明らかに悪いという…
  4. ラグビー日本代表マフィが暴行で逮捕!暴行に至った理由は何!
  5. “水橋高校”髪切り生活指導の真相は?髪を…
  6. 関西大学の模試回答を販売していた人物は何者?
  7. 台風の被害が今年、特に多いのはなぜ?
  8. 大坂正明指名手配犯が時効前に逮捕!大学はどこだった?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目記事

ピックアップ記事

kubire3

BUSINESS

LIFESTYLE

WOMEN

PAGE TOP