SOCIAL

セブンイレブンのオーナーが立ち上がった!24時間営業が困難な理由とは?

【人気急上昇中の記事】 現在 18 名が閲覧中...
マンションが、購入時よりも値上りしているケースが続出中!
あなたのマンション、現在の価値がサクッとカンタンに調べられるツールが、いま話題に。

東大阪市でセブンイレブンを経営するオーナーが人員不足などを理由に24時間営業を取りやめている問題が全国的に話題になっています。

セブンイレブン側はフランチャイズ契約を盾に24時間営業の実施を迫る一方、オーナー側は「必要な支援が受けられていない」ことを理由に拒否するなど、問題は深刻になっています。

24時間営業が売りのコンビニがなぜこのような事態になっているのでしょうか。

人材不足が深刻なコンビニ業界

コンビニ店舗数は年々増加傾向にありますが、深夜営業はもっぱらアルバイトやパート店員を雇用して行っている実情があります。

それが、このところの人材不足で時給をいくら高くしても応募者がないほどの状況が続いており、契約を履行するためにオーナー自らが深夜営業のシフトに入って何とかこなしている状況です。

実際、今回立ち上がった東大阪市のオーナーは、共に深夜営業をこなしていた奥様が急逝され、葬儀もそこそこに自らが深夜営業のシフトに入らねばならなかった実情、そのことを相談しても人員の派遣等明確な対策を講じてくれなかった本部への怒りが問題提起に至った要因であると明かしています。

セブンイレブンの新たな取り組みは功を奏するか

今回の問題提起に対して、セブンイレブン側は「契約がある」としてオーナーの主張を否定するものの、昨今の働き方改革の中で「実証実験を行う必要性はある」としています。

実証実験は3月中旬から開始され、直営店舗10カ所で営業時間を午前7時から午後11時の間に短縮して実施されます。

あくまで直営店のみでの実施となるため、フランチャイズ契約を結んでいるオーナーからは「ぜひFC店舗も実験店舗にしてほしい」「病院内店舗などで営業時間の短縮実績が有るのだから問題はないはずだ」との意見が相次いでいます。

既に同様の取り組みはファミリーマートやローソンでは行われており、セブンイレブンはようやく重い腰を上げたような形になっていますが、実際にどのような結果が出るのかが注目されるところです。

24時間営業を求めているのは顧客側か

セブンイレブンは今回の件について「公共インフラとして24時間営業を継続する責務」があるとコメントしていますが、肝心の顧客側である私たちはどのように考えているのでしょうか。

既に正月3が日の営業見直しなど、小売店舗では働き方改革の名のもとに営業時間の短縮機運が高まっているところですが、コンビニが同様に追随すれば、必要な時に買い物ができないデメリットはあるものの、その分「働きやすい時間帯」での労働ができるようになるメリットはあります。

何かを犠牲にしてまで提供されるサービスはすでに時代遅れと言っても過言ではありません。

私たち顧客側の人間も、今回の出来事について真剣に考え直す必要がありそうです。

ピックアップ記事

初代編集長・ボス

初代編集長・ボス

投稿者の記事一覧

初代編集長。一部上場企業で働く傍ら、ビジネスで培ったノウハウ提供を趣味としている。ノウハウコレクターとしての一面をもつ。今は引退して芸能ニュースを毎日飽きずに見続けている。

関連記事

  1. 上杉隆が出馬でデマ都知事の誕生か?知花くららとの交際が気になる人…
  2. 西田昌司の裏切りとは?森友問題で注目の国会の爆弾男
  3. 蓮舫二重国籍の問題点は?刑事告発まであるか
  4. 溝畑泰秀和歌山立てこもり犯の動機は?事件の経緯まとめ
  5. クアドリガCXの仮想通貨はパスワード分からず取り戻せない?解決策…
  6. 田野岡大和の母親の名前と画像だけ公開されない理由とは?
  7. アルファエックス(次世代新幹線)の特徴をまとめてみた!導入される…
  8. 平成の次の元号は何?浮上している元号まとめ

注目記事

ピックアップ記事

  1. パイオニア上場廃止で影響は?

カテゴリー

BUSINESS

  1. 商品企画ってどんな仕事?

LIFESTYLE

WOMEN

PAGE TOP