SOCIAL

航空会社がオーバーブッキングする理由は何?

【人気急上昇中の記事】 現在 18 名が閲覧中...
マンションが、購入時よりも値上りしているケースが続出中!
あなたのマンション、現在の価値がサクッとカンタンに調べられるツールが、いま話題に。

航空会社がオーバーブッキングをすることは意外とあることなのですが、まさか便そのものが欠航するとはだれも思わなかったでしょう。

実際、著者も国内線を利用した時に航空会社からのアナウンスで「振替協力の依頼」や「謝礼金1万円」などの言葉をよく聞くことがあります。

今回オーバーブッキングが問題になったのは日本航空の羽田~福岡便の出来事で、11月21日夜に福岡に向かう最終便が欠航になってしまったのです。

そもそもオーバーブッキングが生じる理由とはなんなのでしょうか?

航空会社は座席数より多めにチケットを販売する

そもそも、航空会社は座席数より多めにチケットを販売しています。

航空会社のチケットは、航空会社が販売する場合、旅行代理店が取り扱う場合など様々なルートがあるのですが、その時にキャンセルを想定して余分にチケットを販売するのです。

冒頭で触れた「振替協力の依頼」が生じるのは、航空会社が思ったほどキャンセルが出なかった場合、オーバーブッキングが発生します。

実際にオーバーブッキングが生じた場合は、なんとか座席を開けようとした航空会社が「1万円謝礼を払うので別便に乗ってください」と依頼するわけなのです。

このようなチケット販売の形態は法律上も認められており、定款でもオーバーブッキングのために希望する便に乗れないリスクがあることが明記されています。

欠航にまで至るのは極めて珍しい

実際、今回の便でもオーバーブッキングが発生し、乗客に対して別便への振替を求めたのですが、調整に手間取っている間に欠航せざるを得なくなったのです。

と言うのも、福岡空港の運用時間が午後10時までとなっていて、遅れて出発しても運用時間内に到着する見通しが立たなくなったので欠航せざるを得なくなったのが欠航の原因です。

今回の件では、結局取り残された乗客にホテルを用意して宿泊を依頼したのですが、空港のロビーで一夜を明かした人もいるようです。

東京~福岡間の移動シェアは9割が飛行機、1割が新幹線などとされています。

今回のようなオーバーブッキングが続くと、確実に決まった時間に目的地にたどり着きたい人が、新幹線などの別の交通手段を利用するようになる可能性もあります。

航空会社は鉄道にシェアを奪われたくないですから、今後はどの会社もオーバーブッキングを防ぐためにチケット販売数を抑制してくるでしょう。

そのため、利用者の多い路線はチケットが早く売り切れてしまう場合もあり得ますから、予定が決まったら早めにチケットを予約しておく方が良いかもしれません。

ピックアップ記事

関連記事

  1. 澁谷恭正のFacebook画像は存在する?家族の存在も明らかに
  2. 【欅坂46】志田愛佳の活動停止理由は病気?彼氏?ウワサを徹底的に…
  3. 山口敬之の新潮砲!不起訴は安倍の犬で御用ジャーナリストだからか…
  4. 日産リコール121万台!書類偽装の真相とは?
  5. 北海道新幹線の事故は大丈夫か?JR北海道による運行を不安視する声…
  6. 【2018・梅雨入り】関東地方はいつごろ?例年より早いというのは…
  7. カジノ誘致を検討している地域まとめ
  8. 大人よりも危険!子どもの方が熱中症になりやすい科学的な理由とは?…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目記事

ピックアップ記事

kubire3

BUSINESS

LIFESTYLE

WOMEN

PAGE TOP