SOCIAL

IWCを脱退してまで、日本が商業捕鯨を推進する理由は?

【人気急上昇中の記事】 現在 18 名が閲覧中...
マンションが、購入時よりも値上りしているケースが続出中!
あなたのマンション、現在の価値がサクッとカンタンに調べられるツールが、いま話題に。

日本がIWC(国際捕鯨委員会)を脱退することが確定的となった。

これにより、日本では領海や排他的経済水域(EEZ)で商業捕鯨を再開させる方針となっている。

日本がIWCを脱退してまで、商業捕鯨を推進する理由とは何なのだろうか。

日本がIWCから脱退することが確定的に!

日本がIWCを脱退することが確定的となった。

日本政府は12月26日付で、IWCの加盟・脱退手続きの窓口となる寄託国であるアメリカに脱退を通告した。

2019年6月30日に脱退の効力が発生するため、来年7月から日本では商業捕鯨が再開される見込みとなっている。

日本はIWCの脱退という大きな決断をしたわけだが、海外でも話題になっている。

とくに反捕鯨国は強い反発をしており、オーストラリアは「極めて失望」と批判しているのだ。

さらに、オーストラリアのプライス環境相は「あらゆる形の商業捕鯨と、いわゆる『調査捕鯨』に反対する」と表明しているのだ。

今後も反捕鯨国が中心となり、国際社会での圧力を高めることが予測されている。

また、シー・シェパードなどの反捕鯨団体による妨害活動の可能性も危険視されている。

IWCを脱退してまで日本が商業捕鯨を推進する理由とは?

日本は、IWCを脱退してまでも商業捕鯨を推進するという決断を下した。

日本政府は、日本の食文化や伝統を守るために、商業捕鯨の再開を主張してきた。

しかし、日本が商業捕鯨を推進する理由はそれだけではない。

実は、これまでの商業捕鯨の禁止によって、鯨が増えすぎているのだ。

その結果、サンマやイカなどが食べられてしまい、生態系が崩れているのである。

このまま鯨が増えすぎてしまえば、さらに生態系が崩れていき、サンマやイカなどの漁獲量に影響を与える可能性があるのだ。

そのような事情があるため、日本はIWCを脱退してまで商業捕鯨を推進しているのである。

もちろん、日本もIWCの脱退を望んでいたわけではない。

実際に今年の9月のIWC総会で日本は、科学的な見地から商業捕鯨再開が可能であることを説明し、商業捕鯨再開の提案をしている。

しかし、反捕鯨国の反対により否決されているのだ。

日本としては、もう反捕鯨国との共存は不可能だと判断したのだろう。

日本がIWCを脱退することが確定的となった。

これにより、約30年ぶりに商業捕鯨が再開される予定だ。

日本が商業捕鯨を推進する理由は、日本の食文化や伝統が挙げられる。

さらに、鯨が増えすぎによる生態系の崩れも、商業捕鯨を推進する理由だ。

今後、反捕鯨国を中心とした国際社会での圧力が高まることが予測され、反捕鯨団体による妨害活動の可能性が危険視されている。

これらに対し、日本はどんな対応ができるのか注目だ。

ピックアップ記事

初代編集長・ボス

初代編集長・ボス

投稿者の記事一覧

初代編集長。一部上場企業で働く傍ら、ビジネスで培ったノウハウ提供を趣味としている。ノウハウコレクターとしての一面をもつ。今は引退して芸能ニュースを毎日飽きずに見続けている。

関連記事

  1. オスプレイ沖縄墜落は結局何が問題なのか?安全性低いのは機体の欠陥…
  2. 中村彩自民党から都議選へ!慶應出身との経歴は?
  3. お年玉の相場はいくら?幼稚園児・小学生から高校生いつまであげる?…
  4. 佐々木善三弁護士の経歴・案件実績を見れば都合の良い「第三者」であ…
  5. 羽賀研二の資産隠しがヤバイ!どうやって資産を隠していた?
  6. ヒラリー・クリントンはFBIに逮捕されるのか?注目の大統領選の行…
  7. 【京阪電車】電車のパンタグラフが破損した理由は何?
  8. 社会人1年目の彼女が喜ぶクリスマスプレゼント5選!

注目記事

ピックアップ記事

  1. 北海道エリア別オススメTOP3
  2. 新元号は令和

カテゴリー

BUSINESS

LIFESTYLE

WOMEN

PAGE TOP