SOCIAL

IWCを脱退してまで、日本が商業捕鯨を推進する理由は?

【人気急上昇中の記事】 現在 18 名が閲覧中...
マンションが、購入時よりも値上りしているケースが続出中!
あなたのマンション、現在の価値がサクッとカンタンに調べられるツールが、いま話題に。

日本がIWC(国際捕鯨委員会)を脱退することが確定的となった。

これにより、日本では領海や排他的経済水域(EEZ)で商業捕鯨を再開させる方針となっている。

日本がIWCを脱退してまで、商業捕鯨を推進する理由とは何なのだろうか。

日本がIWCから脱退することが確定的に!

日本がIWCを脱退することが確定的となった。

日本政府は12月26日付で、IWCの加盟・脱退手続きの窓口となる寄託国であるアメリカに脱退を通告した。

2019年6月30日に脱退の効力が発生するため、来年7月から日本では商業捕鯨が再開される見込みとなっている。

日本はIWCの脱退という大きな決断をしたわけだが、海外でも話題になっている。

とくに反捕鯨国は強い反発をしており、オーストラリアは「極めて失望」と批判しているのだ。

さらに、オーストラリアのプライス環境相は「あらゆる形の商業捕鯨と、いわゆる『調査捕鯨』に反対する」と表明しているのだ。

今後も反捕鯨国が中心となり、国際社会での圧力を高めることが予測されている。

また、シー・シェパードなどの反捕鯨団体による妨害活動の可能性も危険視されている。

IWCを脱退してまで日本が商業捕鯨を推進する理由とは?

日本は、IWCを脱退してまでも商業捕鯨を推進するという決断を下した。

日本政府は、日本の食文化や伝統を守るために、商業捕鯨の再開を主張してきた。

しかし、日本が商業捕鯨を推進する理由はそれだけではない。

実は、これまでの商業捕鯨の禁止によって、鯨が増えすぎているのだ。

その結果、サンマやイカなどが食べられてしまい、生態系が崩れているのである。

このまま鯨が増えすぎてしまえば、さらに生態系が崩れていき、サンマやイカなどの漁獲量に影響を与える可能性があるのだ。

そのような事情があるため、日本はIWCを脱退してまで商業捕鯨を推進しているのである。

もちろん、日本もIWCの脱退を望んでいたわけではない。

実際に今年の9月のIWC総会で日本は、科学的な見地から商業捕鯨再開が可能であることを説明し、商業捕鯨再開の提案をしている。

しかし、反捕鯨国の反対により否決されているのだ。

日本としては、もう反捕鯨国との共存は不可能だと判断したのだろう。

日本がIWCを脱退することが確定的となった。

これにより、約30年ぶりに商業捕鯨が再開される予定だ。

日本が商業捕鯨を推進する理由は、日本の食文化や伝統が挙げられる。

さらに、鯨が増えすぎによる生態系の崩れも、商業捕鯨を推進する理由だ。

今後、反捕鯨国を中心とした国際社会での圧力が高まることが予測され、反捕鯨団体による妨害活動の可能性が危険視されている。

これらに対し、日本はどんな対応ができるのか注目だ。

ピックアップ記事

初代編集長・ボス

初代編集長・ボス

投稿者の記事一覧

初代編集長。一部上場企業で働く傍ら、ビジネスで培ったノウハウ提供を趣味としている。ノウハウコレクターとしての一面をもつ。今は引退して芸能ニュースを毎日飽きずに見続けている。

関連記事

  1. レゴランドが値下げに踏み切り!新しい観光地として定着するのか?
  2. 小泉進次郎の学歴はなぜ低いのか?頭は良い悪い?
  3. 藤岡真の炎上は福島差別問題の深さを物語る〜TOKIOラーメン人殺…
  4. JALの副操縦士飲酒問題。なぜ今まで飲酒検査をスルーできた?
  5. イラン経済制裁はどこまで続く?収束のポイントは?
  6. 日本初の夜間無人スーパーはどこにある?防犯対策は万全?
  7. 石破氏の国会議員票が極端に少なかったのはなぜ?
  8. NHK常時ネット配信は、スマホやPC持っているだけで受信料が発生…

注目記事

ピックアップ記事

  1. 名刺交換では日常会話を

カテゴリー

BUSINESS

  1. 商品企画ってどんな仕事?
  2. 業界分析・企業分析をしよう!

LIFESTYLE

WOMEN

PAGE TOP