LIFESTYLE

新型クラウンの売り上げが好調!購入しているのはどういう層?

【人気急上昇中の記事】 現在 18 名が閲覧中...
マンションが、購入時よりも値上りしているケースが続出中!
あなたのマンション、現在の価値がサクッとカンタンに調べられるツールが、いま話題に。

トヨタの新型クラウンがフルモデルチェンジされ、7月31日で約1ヶ月が経過しました。

発売後1カ月での受注台数は約3万台で、月間目標販売台数に設定していた4,500代の約7倍になっています。

クラウンと言えば日本における高級車の代名詞と呼べる車種、それが一気にこれだけの売り上げを見せるとはだれも想像していなかったでしょう。

そもそも今回の新型クラウン、こぞって買い求めているのはどんな層の人なのでしょうか?

65歳以上のセカンドライフを楽しむ世代層

まず、新型クラウンの価格を確認してみましょう。

新型クラウンの価格設定は、2リッターターボ車は460万~560万、2.5リッターハイブリット車は498万~605万、3.5リッターハイブリット車は520万~718万円となっています。

少なくとも500万円の費用を自家用車にポンと出せる世代と言えば、退職金や資産運用のお金を持つなど「財産に余裕のある世代」しかありません。

特に65歳以降のシニア世代は、セカンドライフをこれから20年以上楽しめる世代であり、これからまだまだ自家用車を使う世代でもあります。

そんなセカンドライフ世代が、資産的に余裕もあることでクラウンを購入する意欲に目覚めているのかもしれません。

お金に糸目を付けずに好きな車を買う世代もいる

一方、20代や30代の若者でも新型クラウンを購入する人はいます。

クラウンは高級車である以上に、走りを楽しめる高性能の自動車とも言えます。

若い時にはスポーツカーに乗って若い女性を捕まえたい!と言うような男性も多かったと思いますが、今の時代にそのようなスポーツカーがあまり存在しないのです。

バブル全盛期のころはホンダ「プレリュード」、日産「シルビア」、トヨタ「カローラレビン」「スープラ」など、若い世代が買えるスポーツカーがたくさんありました。

それが今はファミリーカーや実用性に富んだミニバンが全盛期で、スポーツカーと呼べるのはトヨタ「86」などしかありません。

それでもスポーツカーを好む若者がいなくなったわけではありませんから、そんな彼らがクラウンに自動車で走る楽しみを求めて購入するわけです。

車は家族構成や年齢、それに収入によって好みも変わってきます。

クラウンが購入できる世代が増えたということは、それだけ日本の経済が回復基調にあるとも言えます。

ですが、若い世代が次第に減少する少子化時代になり、自動車メーカーのターゲットも「若い世代の家族」より「セカンドライフを楽しむ世代」に切り替わっているのかもしれません。

高級車のクラウンがこれだけ売り上げを伸ばすのですから、自動車メーカーもだんだんシニア世代に特化した自動車づくりにシフトするかもしれませんね。

ピックアップ記事

関連記事

  1. 前川喜平は逮捕されるか?泥沼暴露劇の行く末は…?
  2. 力士の退職金の相場はいくら?
  3. 小林麻央の余命は3ヶ月?現在顔が黒い理由に注目が集まる
  4. 前川喜平は加計学園告発で援交報道が捏造されたのか?文春の告発内容…
  5. 台風24号の進路は?日本への影響は?警戒しておきたい地域。
  6. マクロン大統領で日本経済への影響はどうなる?
  7. 吉野正芳の経歴や派閥は?新大臣は辞任せずやり抜けるか?
  8. 藤野保史の炎上騒動が賛否両論!防衛費は人を殺すための予算なのか?…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目記事

ピックアップ記事

kubire3

BUSINESS

LIFESTYLE

WOMEN

PAGE TOP