LIFESTYLE

マイナンバーカードが保険証になったら従来の保険証はどうなる?

【人気急上昇中の記事】 現在 18 名が閲覧中...
マンションが、購入時よりも値上りしているケースが続出中!
あなたのマンション、現在の価値がサクッとカンタンに調べられるツールが、いま話題に。

菅官房長官は2月15日のデジタル・ガバメント閣僚会議において、マイナンバーカードを健康保険証として利用可能にする準備を進めるように指示しました。

今回は、マイナンバーカードが保険証になったら従来の保険証はどうなるのかということについて考察していきます。

マイナンバーカードに健康保険証の機能を付帯する計画

実は、このマイナンバーカードに健康保険証など他の機能を付帯させる案は以前からありました。

しかし、マイナンバーカードの普及率は、全国民の1割にとどまっており、本格的なマイナンバーカード導入を推進するためにも、健康保険証の機能を一刻も早く付帯させたいというのが政府の本音のようです。

政府が発表した計画では、平成21年3月から原則全ての病院でマイナンバーカードを健康保険証として使えるようにするというのが青写真です。

また、マイナンバーカードに付帯させる機能として、マイナンバーカードを使って買い物をした人に国のお金でポイントを還元する仕組みの準備を進める考えも示しました。

地元商店街などで使われている自治体ポイントの仕組みを使うそうなので、保険証の付帯化よりも早くこの計画が進みそうですね。

従来の保険証が必要なくなる?どんなメリットが?

従来の保険証がマイナンバーカードに付帯すると、色々なメリットがあります。

例えば、社保から国保へ切り替えをした際、返却忘れをしてしまい、誤って社保を使ってしまうと、後日7割の医療費が請求されます。

こうした手続きのタイムラグによるヒューマンエラーが無くなることも期待されています。

また、医療機関でマイナンバーの利用が普及すると、レセプト(診療報酬証明書)の情報も紐付けることができるようになります。

患者の同意が必要ですが、過去の処方歴などを確認できるため、お薬手帳などの情報も一括管理できるようになるかも知れませんね。

マイナンバーカードは今のうちに作っておいた方がいいです。

私(筆者)は、マイナンバーが導入されてからすぐに作りました。

マイナンバーカードを取り巻くインフラの整備はされていませんが、今後マイナンバーカードが色々なことに簡単に利用できる時代が必ず来ると思ったからです。

マイナンバーカードのインフラが整えば、今後駆け込み需要で多くの人が一斉に作ることになるでしょう。

そうなると、マイナンバーカードを申請してから手元に届くまでに長い時間がかかってしまいます。

今のうちに作っておき、マイナンバーカードでできることを少しずつ把握していくことが、マイナンバーカードを便利に使えるようにするための第一歩なのではないでしょうか?

ちなみに、確定申告がもうすぐですが、マイナンバーカードとカードリーダーがあれば、自宅で簡単に確定申告ができますよ。

ピックアップ記事

初代編集長・ボス

初代編集長・ボス

投稿者の記事一覧

初代編集長。一部上場企業で働く傍ら、ビジネスで培ったノウハウ提供を趣味としている。ノウハウコレクターとしての一面をもつ。今は引退して芸能ニュースを毎日飽きずに見続けている。

関連記事

  1. アスペルガー症候群って何?アスペルガー症候群の人との関わり方。
  2. 山田洋次の「東京家族」のあらすじとネタバレ!現代の家族関係の特徴…
  3. Tレグ細胞がアレルギーにきく?たけしのみんなの医学で紹介の新事実…
  4. 子供からの高額なサンタさんプレゼント要求!とっておきの断り方4選…
  5. はれのひ社長の搾取は銀行側もグルだった?
  6. 小林まさひろハンダースの終活!田原俊彦の盟友が残した教訓とは?
  7. 【2018・梅雨入り】関東地方はいつごろ?例年より早いというのは…
  8. 40代男性の平均貯金額はいくら?働く男子の懐事情を公開!

注目記事

ピックアップ記事

  1. メーカー就活必勝法

カテゴリー

BUSINESS

  1. 業界分析・企業分析をしよう!

LIFESTYLE

WOMEN

PAGE TOP