ENTERTAINMENT

大黒摩季は病気で子供ができなかった?壮絶な闘病生活とは

【人気急上昇中の記事】 現在 18 名が閲覧中...
マンションが、購入時よりも値上りしているケースが続出中!
あなたのマンション、現在の価値がサクッとカンタンに調べられるツールが、いま話題に。

『ららら』『夏が来る』そして、アトランタ五輪のテーマソングにもなった『熱くなれ』などのヒット曲で知られる、シンガーソングライターの大黒摩季。元々ほとんどメディアの露出することのなかった大黒摩季だが、ここ数年は病気療養のために活動自体を休止していた。

その大黒摩季が、今年8月に6年ぶりに活動を開始。18日には実に18年ぶりとなるテレビ出演が予定されている。ファンにとっては待ちに待った復帰だが、大黒摩季が闘っていた病気とは何だったのだろうか。

大黒摩季の病気とは

大黒摩季は2010年8月、13枚目のアルバム『すっぴん』の発表後、10月末に無期限の活動休止に入った。その理由は、子宮疾患の治療のためだった。

実はこの疾患が見つかったのは1996年のことだったが、当時の大黒は多忙を極めていたため本格的な治療はしていなかった。子宮腺筋症、子宮内膜症、子宮筋腫、そして左卵巣嚢腫など複数の疾患を併発しており、子宮が他の内臓を圧迫するほどに肥大していた。

これ以上悪化すると子宮を全摘出しなくてはならなくなる恐れがあり、本格的な治療に入らざるを得なくなったため、活動を休止したのだ。

闘病生活とともに

もう一つ、治療に踏み切った理由がある。それは女性にとって悲しい出来事だった。2003年に一般男性と結婚した大黒は、妊娠によって分泌されるホルモンが症状の改善につながることから、妊娠するための体外受精を試みる。しかし、悲しいことに何度かの流産を経験することになる。流産は子宮内膜の不全によって起こった可能性が高いため、子供を持つことを望んでいた大黒は子宮の疾患を根治するために治療に踏み切ったのだ。

大黒の抱えていた疾患の内、子宮内膜症は子宮の内側を覆っている組織である子宮内膜が、本来の場所以外の所にでき増殖する疾患である。子宮内膜症は現代病とも呼ばれ、女性のライフスタイルの変化により近年増加している。外科手術や薬での治療が行わるが、薬には副作用があり、ホットフラッシュや、不眠、汗など更年期障害のような症状が出ることがある。長く続けていると骨粗鬆症になる確率が高くなったり肝機能障害が出る場合もある。

大黒は手術と共に投薬治療を行っていたようで、この副作用の影響のため活動を休止する決断をしたと思われる。しかし、治療をしながらも大黒は少しずつ音楽とかかわっていた。活動休止を発表した後にも、地元である北海道の長沼中学校のために校歌を、そして東日本大震災で被災した須賀川小学校には応援歌の歌詞を提供するなど、社会貢献の活動を行っていたのだ。

6年に渡った休養と治療の結果、子宮腺筋症の根治が見込めたため復帰することを決めたということだが、その間もかかわり続けていた音楽活動が心の支えになっていたのだろう。

18日に出演が予定されているのは、テレビ朝日系『ミュージックステーション』1997年にライブ会場からの生中継という形で初めてのテレビ出演を果たした、大黒にとって深い縁のある番組である。復帰後初テレビ出演にこの番組を選らんだことからも、今後の活動に対する意欲が感じられる。

また23日には、今までの全シングル曲と新たに書き下ろした新曲を収めたベストアルバムがリリースされる予定である。ファンならずとも、同じ病や同じ悩みを持つ女性にとって、大黒摩季の復帰は喜ばしい出来事である。今後の活躍を期待したい。

ピックアップ記事

初代編集長・ボス

初代編集長・ボス

投稿者の記事一覧

初代編集長。一部上場企業で働く傍ら、ビジネスで培ったノウハウ提供を趣味としている。ノウハウコレクターとしての一面をもつ。今は引退して芸能ニュースを毎日飽きずに見続けている。

関連記事

  1. トレンディエンジェル齋藤が子どもの名前を明かした本当の理由は?
  2. 前田ゆう 保育園とアイドルと芸人を掛け持ちするバイタリティの源泉…
  3. 山口達也の豪邸の場所はどこ?5億円は安すぎる?
  4. 永井大に高知東生との薬疑惑が浮上!黒い噂の多い俳優の素顔とは?
  5. 阿藤快の息子の阿藤基(俳優)は隠し子だった?テレビ激白で集まる注…
  6. 松居一代は病気?精神状態を心配する声多数
  7. 生駒里奈が乃木坂46を卒業する本当の理由とは?ファンやメンバーの…
  8. 中居正広の残留は裏切りか?「何故」「がっかり」との声多数

注目記事

ピックアップ記事

  1. パイオニア上場廃止で影響は?
  2. 名刺交換では日常会話を
  3. ウィキリークスとビットコインの関係

カテゴリー

BUSINESS

LIFESTYLE

WOMEN

PAGE TOP