ENTERTAINMENT

小林麻央の余命は?1月の番組出演の真意はどこにあるのか

乳がんで闘病中の小林麻央(34)が1月9日日本テレビ系で放送予定の特番「市川海老蔵に ござります」に出演することを明かした。

ガンで、余命も噂される中での、番組出演。精神的に相当な覚悟と気合が無くては、自身の事を語れないだろう。

特に女性は自身が弱っている姿を、見られたくないものである。

また、夫である市川海老蔵も、以前「妻の体に障るから」として、加熱するマスコミの報道に自粛を求めていた。

だから、この番組出演を聞いた時「本当か」、「一体なぜ」と思ったものである。

しかし、小林麻央のブログには、夫、市川海老蔵に対する思いがはっきりと綴られている。

番組出演の真意!夫・市川海老蔵への思い

そのブログの一文を抜粋したい。

「年末年始いくつかの番組で主人がインタビューに答えているのを見ました」と話し、

「性格上いつでも、NG質問が無いことは知っていますが、私に関する事を何でも答えている姿を見て、申し訳ないなぁありがたいなぁと思いました」と心中を語った。

「私にも何かできることはないかなと、思った時に、主人の密着番組のことが浮かびました」
と語っている。

この番組は結婚前から密着しているそうで、自分達家族にとっても、軌跡もあり思い入れもある番組、と語っている。

さらに、「久しぶりなので気合は必要だった」としながら、「毎年答えてきたインタビューです。なので、今年もいつも通り、番組の中で私が受けたインタビューも少し放送されます」と綴った。

病床にありながら、夫への気遣いと、その「気合い」というものには驚かされるばかりである。

病状は「ステージ4」であることから、相当に悪いだろう。おそらく起き上がるのもつらい時があるだろう。

そんな中での出演、本人の言う「気合い」と言う言葉では片付けられない、精神力と夫に対する強い思いを感じる。

余命を超えてなお生き続ける・小林麻央の精神力

医者にも守秘義務というものがあり、余命は医者にしか分からない。

「ステージ4」ということと、骨や肺にまで転移が見られるという事で、2017年を迎えることなく、亡くなってしまうのではないか、と言う声が相次いだ。

しかし、現在も小林麻央は生き続け、つらい時のほうが多いだろうが、頑張って生きている。

余命を超えて生き続ける、こんなことがあるのだろうか。

私の知り合いにも、余命宣告をされ、6年という長い間生き続けた人がいる。

その人は60代で、孫もおり、「成長していく孫の顔がみたい」と強く思っていた。

今回の小林麻央のケースもそれに当てはまるのではないだろうか?思いは違っても「もっと生きたい」という思いが、現在の姿に繋がっているのではないだろうか。

残念ながら、何十年と生きる事はないだろうが、夫のため、子供のために一日でも長く行き続けて欲しいものだ。

私はそんな、小林麻央のこの世界に留まることの出来る、強い「気合い」を信じている。

ピックアップ記事

関連記事

  1. 小出恵介の事務所の株価が暴落!今後の見通しは?
  2. 山口達也はなぜ「山口達也メンバー」と呼ばれてるのか?容疑者ではな…
  3. 平岡祐太が演じる浅見光彦。過去に浅見光彦を演じた俳優との違いを比…
  4. 池田啓太郎が裁判で西山茉希と泥沼か?どちらが正しいの?
  5. 中沢沙理モデルの経歴や大学は?ミスユニバース優勝の才女のルーツに…
  6. 小出恵介の逮捕理由は?ドラマの放送はどうなる?
  7. 成宮寛貴フライデーコカイン場面の写真画像は「ねるねるねるね」の写…
  8. 世にも奇妙な物語「夢みる機械」のあらすじとネタバレ!諸星大二郎原…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目記事

ピックアップ記事

kubire3

BUSINESS

LIFESTYLE

WOMEN

PAGE TOP