LIFESTYLE

水中毒とはどんな症状?予防するにはどうすればいい?

【人気急上昇中の記事】 現在 18 名が閲覧中...
マンションが、購入時よりも値上りしているケースが続出中!
あなたのマンション、現在の価値がサクッとカンタンに調べられるツールが、いま話題に。

異常なほど暑い日が続き、熱中症や脱水症状の対策が必要となっている。

しかし、熱中症や脱水症状対策として、過剰な水分摂取をするのは逆に危ない。

過剰な水分摂取によって、水中毒に陥る危険性があるのだ。

そこで今回は、水中毒とはどんな症状であり、予防法はあるのか紹介していきたい。

水中毒とはどんな症状?

水中毒とは、水分摂取を過剰に行うことによって起こる中毒症状のことだ。

水分を過剰摂取することで、血液中のナトリウム濃度(塩分濃度)が低下してしまう。

これによって、水中毒となり、低ナトリウム血症を引き起こす危険があるのである。

水中毒の主な症状としては、「めまい」「頭痛」「多尿」「頻尿」「下痢」などであり、さらに悪化すると「吐き気」「嘔吐」「痙攣」などの症状も現れる。

最悪の場合には、神経の伝達が阻害されることで呼吸困難に陥り、死亡するケースまであるのだ。

暑い日に水分の摂取を控えるのは危険だが、逆に水分を過剰に摂取しすぎるのも危険なのである。

そのため、できるだけ適切な量の水分摂取を心がけるべきだろう。

水中毒を予防するにはどうすればいい?

水中毒の予防法としては、経口補水液で水分摂取をすることが挙げられる。

経口補水液は、人間の体液に近い成分で作られており、塩分や糖分を摂取することが可能だ。

さらに、ナトリウム濃度はスポーツドリンクの数倍高くなっており、水分補給と同時にナトリウムを摂取するができる。

そのため、経口補水液なら脱水症状の対策だけでなく、水中毒の予防にもつながるのだ。

また、喉が渇いたときに必ず水分補給をすることも立派な予防法である。

喉が渇いた状態で我慢すると、いざ水分補給をした際に水分を過剰摂取してしまう恐れがある。

そうならないためにも、喉が渇いたときにはすぐ水分補給をするということが大切なのだ。

水中毒について理解して、できる限り予防・対策をするようにしましょう。

暑い日が続くが、水分の過剰摂取には気をつけてほしい。

水分の過剰摂取は水中毒になる恐れがある。

水中毒の症状は、「めまい」や「頭痛」などが一般的だが、悪化すると「嘔吐」「痙攣」などの症状が現れ、最悪の場合は死亡するケースまであるのだ。

水分を過剰摂取し、血液中のナトリウム濃度が低下することで水中毒になる。

水中毒の予防法としては、経口補水液での水分補給だ。

経口補水液なら水分補給だけでなく、ナトリウムも摂取することができるためナトリウム濃度の低下を防ぐことができ、水中毒の予防になるのだ。

また、水分を過剰摂取しないように、日頃から喉が渇いたら水分補給をするように心がけるのも立派な予防法である。

ぜひ、水中毒にならないように、予防・対策をするようにしてください。

ピックアップ記事

関連記事

  1. 国保の保険料上限がまた引き上げ!いったいどこまで上がる?
  2. マンネリ解消!30代前半の妻が喜ぶクリスマスプレゼント4選!
  3. 吉田羊と中島裕翔の熱愛にみる年の差カップルの意外なメリット3つ
  4. 五月病の症状をチェック!頭痛やめまいは五月病か?
  5. 台風16号2016最新進路は?米軍とヨーロッパの比較
  6. 【2018・夏】今年は例年より猛暑!?気温はどこまで上がるのか?…
  7. 台風23号が発生!本州への影響は?
  8. 表面フラッシュ現象の原因は?ウンナナクールだけじゃない毛羽立ち衣…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目記事

ピックアップ記事

kubire3

BUSINESS

LIFESTYLE

WOMEN

PAGE TOP