SOCIAL

茂木敏允の派閥や経歴は?息子もエリートだった!

【人気急上昇中の記事】 現在 18 名が閲覧中...
マンションが、購入時よりも値上りしているケースが続出中!
あなたのマンション、現在の価値がサクッとカンタンに調べられるツールが、いま話題に。

自民党政務調査会長、茂木(もてぎ)敏允氏。

幹事長、総務会長、選挙対策委員長と並ぶ「党4役」の一人である政務調査会長。「政調会長」と略して呼ばれることが多く、こちらの呼び方を耳にしたことがある人は多いだろう。

過去には、麻生太郎副総理や谷垣禎一元幹事長が歴任したこの職務。現会長の茂木氏とはどういう人物なのだろうか。

政務調査会長とは

政務調査会長とは、党の政策に関する調査研究や立案のための作業をする組織「政務調査会」の長である。政務調査会の下には、政策の分野ごとに農林部会、国防部会、外交部会などの部会が設けられている。それぞれの部会では担当議員が業務を行っており、それらの政策を取りまとめるのが政務調査会長の職務である。

過去には、麻生氏、谷垣氏の他に、石破茂氏、石原伸晃氏などの大物政治家が歴任しており、古くは森喜朗、橋本龍太郎、田中角栄など、後に自民党総裁に就任した人物もいる。

前任はあの稲田朋美防衛相で、2014年から2016年まで務めている。

茂木氏が政務調査会長を務めるのは2度目で、前回は2011年から1年間。4年ぶりに再任された形である。

茂木敏允氏の経歴

茂木氏は1955年10月生まれで、現在61歳。栃木県足利市の出身である。

栃木県立足利高校から東京大学経済学部へ進み、卒業後は大手総合商社丸紅に入社、その後、読売新聞社へ転職している。

また、ハーバード大学ケネディ行政大学院へ留学し、公共政策を学んでいる。行政学修士号を取得して帰国。マッキンゼー・アンド・カンパニーに入社後の1992年、マッキンゼーの大前研一支社長が代表を務めていた「平成維新の会」の事務局長に就任した。

これを期に政界への道を歩み始めた茂木氏。1993年の衆議院議員選挙に旧栃木2区から出馬し、トップ当選を果たした。日本新党の公認を得ての当選だったが、その後の日本新党解党の際には新進党の結党には不参加。しばらく無所属で活動していたが、1995年に自民党に入党した。

40回から47回までの選挙全てに当選し、現在8選目。小泉内閣では、外務副大臣、内閣府特命担当大臣(沖縄・北方対策・個人情報保護・科学技術施策)。福田内閣では金融担当の内閣府特命担当大臣を歴任した。

2011年から1年間、政務調査会長を務めた後、第2次安倍内閣で経済産業大臣、特命担当大臣(原子力関連)を兼任。

2014年には4役の一つ、選挙対策委員長に就任した。そして、2016年に4年ぶりに政務調査会長に再任し、現在に至っている。

2004年、閣僚在任中に年金未納が発覚。さらに、村上ファンドの出資者のリストに名前があると報じられたり、ライブドア元社長の堀江貴文氏から合計20万円の寄付を受け、後に全額を返還したこともある。

2013年には、秘書二人が香港を旅行した際に、旅費その他を民間業者に負担させていたことを、週刊誌にスクープされている。秘書は他に、毎月のように接待を受け、車代までもらっていたという。

また、選挙運動費用の収支報告書や、資産補充報告書を後に訂正するなど、主に金銭関係の問題にたびたび名前が上がっている。

所属する派閥は雑賀派である。自民党内の要職や大臣経験もある茂木氏は、派閥会長の雑賀氏の後継者になるのではないかと注目されている。

息子もエリート?

茂木氏には妻と子供がいるが、詳しい情報は公表されていない。

ただ、2008年に受けたインタビューで、「仕事が忙しく家族サービスができない。息子とキャッチボールをする時間がほしい」と語っており、おそらくその頃小学生くらいだったと思われる息子は、既に成人しているはずである。

父と同じように、一流大学から一流商社。そして留学、政界進出というエリートコースを歩むのだろうか。いや、既に歩んでいるのだろうか。

ちなみに、茂木氏自身は世襲議員ではない。今後、息子が後を継ぐとしたら、新しい系譜が始まることになる。

今月に入って、初めて支持率が3割を切った安倍内閣。

加計学園問題、稲田防衛相の失言問題、そして共謀罪の採決時の横暴さなど、一強といわれた安倍首相の足元を揺るがす事件が続いたが、それらに対して国民が納得できる説明がされていないのだから、支持率の低下は当然のことだろう。

この窮地を脱するために内閣改造が近々行われるといわれており、茂木氏は岸田外務相の後任として名前が上がっているという。

また、国会の閉会中審査に安倍首相が出席することになったが、国民が納得する説明が果たしてなされるだろうか。もしここで躓けば、たとえ内閣を総入れ替えしても焼け石に水ではないだろうか。

なぜなら、今もっとも国民から信用されていないのは、安倍首相本人だと思うからである。

ピックアップ記事

初代編集長・ボス

初代編集長・ボス

投稿者の記事一覧

初代編集長。一部上場企業で働く傍ら、ビジネスで培ったノウハウ提供を趣味としている。ノウハウコレクターとしての一面をもつ。今は引退して芸能ニュースを毎日飽きずに見続けている。

関連記事

  1. トランプが戦争を引き起こすと予言があった!?日本も無関係ではいら…
  2. 小池百合子の学歴詐称をフィフィが指摘するも的外れすぎてフィフィへ…
  3. iphoneSE2の日本発売日はいつ?値段はいくらから?
  4. 片山虎之助が失言で炎上必至!「タイミングのいい地震」はさすがに酷…
  5. 籠池泰典の嫁の経歴は?退任で集まる注目
  6. 天下りはなぜいけない?文科省の問題点は何か
  7. 山根明会長の不正疑惑問題、まとめてみた!
  8. ヒラリークリントンのメールの内容は?問題点はなんだったのか?

注目記事

ピックアップ記事

  1. 北海道エリア別オススメTOP3
  2. 病院に3億円を追加寄付する中本さん

カテゴリー

BUSINESS

LIFESTYLE

WOMEN

PAGE TOP