LIFESTYLE

2018年関東地方の猛暑はいつまで続く?

【人気急上昇中の記事】 現在 18 名が閲覧中...
マンションが、購入時よりも値上りしているケースが続出中!
あなたのマンション、現在の価値がサクッとカンタンに調べられるツールが、いま話題に。

2018年も関東地方は梅雨明けし、夏らしい暑い日が続いている。

そこで気になるのが、関東地方の猛暑はいつまで続くのかである。

そこで今回は、関東地方の猛暑はいつまで続くのか紹介していきたい。

2018年関東地方の猛暑はいつまで続く?

2018年の関東地方の猛暑は、9月まで続きそうである。

これは、気象庁が6月25日に発表した3カ月予報からわかる。

この3カ月予報によると、関東地方は平均気温よりも高い確率が高くなっているのだ。

7月の予想では、平均気温より高い確率が50%となっている。

8月の予想では、平均気温より高い確率は40%となっており、9月も40%となっているのだ。

このことから、関東地方は9月までは平均気温より高い確率が高く、猛暑は続きそうなのである。

また、気象庁は6月28日に1ヵ月予報も発表している。

1ヵ月予報によると、関東甲信越の向こう1ヵ月の平均気温は、高い確率が60%となっているのだ。

さらに、1週目の気温が高い確率は80%となっており、7月1週目は暑くなる可能性が極めて高い。

いずれにしても、2018年の関東地方の猛暑は9月まで続きそうなので注意が必要となっている。

2018年関東地方の猛暑の理由は?

2018年は、関東地方だけでなく、日本の多くの地域で猛暑となる見込みだ。

実は、2018年が猛暑となるのには理由がある。

猛暑となる理由として挙げられるのが「ダブル高気圧」だ。

ダブル高気圧とは、チベット高気圧と太平洋高気圧が張り出し、2つの高気圧が重なった状態のことを指している。

そして、このダブル高気圧となったときには、猛暑となる傾向があるのだ。

2018年はダブル高気圧になる見込みであり、猛暑をもたらす可能性が高いのである。

そのため、2018年は猛暑対策を行なっておくべきだろう。

また、暑さ対策だけでなく、熱中症対策や脱水症状への対策も必要となってくる。

とくに高齢者は熱中症で救急搬送されるケースがあり、亡くなることがあるので要注意だ。

猛暑が予想される2018年の夏だが、健康に過ごせるように対策してください。

2018年の関東地方の猛暑は、9月まで続きそうだ。

気象庁による3カ月予報では、関東地方は平均気温より高い確率が高くなっている。

そのため、9月まで猛暑は続きそうなのだ。

2018年は関東地方以外でも猛暑が予想されている。

その理由は、ダブル高気圧によるものだ。

ダブル高気圧になると猛暑となるのだが、2018年はダブル高気圧となると予想されている。

猛暑が続く2018年の夏を健康に過ごすためにも、熱中症対策や脱水症状への対策を心がけてください。

ピックアップ記事

初代編集長・ボス

初代編集長・ボス

投稿者の記事一覧

初代編集長。一部上場企業で働く傍ら、ビジネスで培ったノウハウ提供を趣味としている。ノウハウコレクターとしての一面をもつ。今は引退して芸能ニュースを毎日飽きずに見続けている。

関連記事

  1. 【2018 父の日】毎年あげても喜ばれる超鉄板プレゼント4選!
  2. 水中毒とはどんな症状?予防するにはどうすればいい?
  3. オリラジ中田さんの育児方針変更に女性陣から総ツッコミ!
  4. 40代でも結婚できない人が意外と気づかない「悪いくせ」
  5. 避難時に持っておきたい物リスト。最低限持っておきたい物は?
  6. 失恋直後の恋愛が長続きしないのはなぜ?
  7. 台風16号2016最新進路!関東への上陸はいつ?
  8. 台風15号2016最新進路情報!気象庁の沖縄上陸予測は?

注目記事

ピックアップ記事

  1. 北海道エリア別オススメTOP3
  2. タトゥーを入れる人には深い意味を込める人も多い

カテゴリー

BUSINESS

LIFESTYLE

WOMEN

PAGE TOP