SOCIAL

無料定額宿泊所ってどんな場所?怖すぎるピンハネ生保ビジネスの実態

【人気急上昇中の記事】 現在 18 名が閲覧中...
マンションが、購入時よりも値上りしているケースが続出中!
あなたのマンション、現在の価値がサクッとカンタンに調べられるツールが、いま話題に。

3月8日の報道によると、埼玉県上尾市にある生活保護を受ける人らの住まい「無料低額宿泊所」で施設の利用者18名が結核に感染し、1名が死亡していたことが分かりました。

施設を管轄する埼玉県の担当課が発表したところでは、去年10月に体調を崩していた利用者の60代男性が結核と診断され、その後にその他の利用者が感染していることが分かったということです。

どんなに現代医療が充実していても、結核はいまだに予防することが難しいことが分かった気がしますが、今回の集団感染の舞台となった「無料低額宿泊所」とはどのような施設なのでしょうか?

NPO法人などが運営する生活困窮者のための施設

無料低額宿泊所は、政府への届出によって設置できる福祉的居住施設を指し、社会福祉法には「生計困難者のために無料又は低額な料金で簡易住宅を貸し付け、または宿泊所その他の施設を利用させる事業」と定義されています。

実際に提供しているサービスとしては、宿泊場所を提供するだけの場合や、宿泊場所と食事を提供することで一時的に生計を維持するための生活拠点として利用できる仕組みにもなっています。

住民登録を施設の住所に置くこともできることから、生活保護を受けるために無料低額宿泊所に入所する生活困窮者も多く、ホームレスの人々が生活再建のプロセスの中で一時的に身を寄せることも多くなっています。

無料低額宿泊所で横行する「生保ビジネス」

無料低額宿泊所は、生活困窮者が社会復帰する中で必要不可欠な施設であることはみなさんも納得できるところだと思いますが、そこにつけ込む悪しき人間もいることはあまり知られていません。

「生保ビジネス」と言われる手法では、ホームレスを無料低額宿泊所にあっせんし生活保護を受けられるようにサポートした挙句、支給される生活保護費の一部をピンハネすることが知られています。

「世話をしてやったのだから」と迫られると施設利用者もなかなか断り切れませんし、そもそも生保ビジネスを行うためにNPO法人を隠れ蓑にする人間もいるのです。

すべての無料低額宿泊所がそうではありませんが、生活保護が絡むとそこに利権を感じてつけ込もうとする悪しき人間がいることは知っておくべきでしょう。

もし興味があるならこちらを調べてみてもいいでしょう。

その他おすすめ記事はこちら

厚生労働省が、国民健康保険(国保)で高所得層が払う保険料の上限を3万円引き上げることを決めた。国保の財政改善が狙いであり、来年度からの実施を目指しているとのことだ。国保の保険料の上限の引き上げは2年...
消費税が2019年10月から10%になるなど、庶民の財布の中身はいつも寒波に襲われていると言っても過言ではありません。本業の仕事も「働き方改革」とか言いつつ、残業手当が削減されても仕事はそのままの...

ピックアップ記事

関連記事

  1. 紅白歌合戦、安室奈美恵の出番は何時?気になる中継場所と選曲は?
  2. 敬老の日のプレゼントで50代の若いおじいちゃんにあげて喜ばれるも…
  3. 東京都議・おときた駿氏(都民ファーストの会)の離党報道は果たして…
  4. 豊洲市場の問題点はすべて解消されている?
  5. 当たり前になりつつある大企業の人員削減、ついに東芝も。次はどこ?…
  6. 森友学園問題で安倍内閣が崩壊!?安倍首相辞任のウワサは本当なのか…
  7. ホリエモンが作る学校「ゼロ高校」について徹底的に調べてみた!
  8. 台風10号2016の進路の最新情報!週末の天気は?

注目記事

ピックアップ記事

カテゴリー

BUSINESS

LIFESTYLE

WOMEN

PAGE TOP