SOCIAL

務台俊介のおんぶが話題に!復興の足手まといと非難轟々

8月30日に岩手県に上陸した台風10号は北海道、岩手県などの東北地方を中心に甚大な被害をもたらした。その被害の大きさは、岩手県岩泉町内の老人施設付近で9名の死者が発見されるなど、今までにない悲惨な状況だ。史上まれに見る甚大な被害として、安部首相は14日、この一件について激甚災害指定として定める方針を明らかにした。これに指定されることによって、被災地に対する国の災害復旧事業費用の補助率がかさ上げされる。そんな中、務台俊介内閣府政務官兼復興政務官が9月1日、豪雨被害の視察で岩手県岩見市を訪れた。被災地の復興に向けて尽力するかと思いきや、務台氏のある行動に今世間が呆れ返っている。

務台俊介のおんぶが話題に

批判を集めている行動とは、岩見市を訪れた務台氏が視察の際ぬかるんだ地面を横切らなければならなくなった時、おもむろに同行したスタッフにおんぶを求め、背負われて水溜まりを渡ったというのだ。務台氏はこの日長靴を着用しておらず、革靴のまま被災地を訪問。台風10号の豪雨被害により被災した場所の地面の状態など、事前に分かっていた筈だが…。

復興の足手まといと非難轟々

この務台氏の行動に対し、町民からは「自覚が足りない」「復興支援に当たる人にあるまじき行動」と非難の声が上がった。マスコミの報道によって世間の周知に晒されてからは、更なる批判が強まっている。同じ政界の与野党の議員からも、「立場を利用した甘え以外のなにものでもない」と厳しい意見が噴出した。こうした非難轟々の中、務台氏は「猛省している」と取材に対し謝罪の言葉を述べた。


しかし、それだけではこの一件は終わりそうもない。実はこの一件が発覚したきっかけは報道によるものではなく、近くで務台氏の視察を見ていた町人のツイッターの投稿によるものだというのだ。傍には多くの報道陣が控えていた筈だが、この時務台氏は報道陣に対して、自身がおんぶされる様を「撮すな」と指示したのだとか。非難されるべき行動だと自覚した上での行動なのだろうか。この体たらくに対し、務台氏は「予想以上に被災地が酷い状態だということを改めて確認した」とコメント。世間の目は一層厳しくなるだろう。

被災地支援という政治家の手腕と行動が注目される場面で、「汚れ仕事はしない」と言わんばかりの今回の行為は被災地へ寄り添っているとはとても言えない。信頼を著しく失ってしまった今回の出来事に、これから務台氏はどのように対応していくのだろうか。

ピックアップ記事

関連記事

  1. 消費税10%は、いつから実施される?
  2. 平慶翔が現在都議選へ!秘書の経歴も
  3. 南スーダン自衛隊の状況は?稲田朋美を狙った襲撃か
  4. ドナルド・トランプの発言に女性が反発!最新支持率調査は互角だがど…
  5. 上西小百合がツイッターで太田光代にかみつき!経緯と理由は?
  6. 都知事選の結果順位!2016年候補者21名の大混戦を制したのは?…
  7. 舛添要一が公用車で湯河原別荘通い!度重なる公私混同で辞職に追い込…
  8. 澁谷恭正の前科 保育士時代はいつ?同居人が告発か

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目記事

ピックアップ記事

kubire3

BUSINESS

LIFESTYLE

WOMEN

PAGE TOP