SOCIAL

務台俊介のおんぶが話題に!復興の足手まといと非難轟々

【人気急上昇中の記事】 現在 18 名が閲覧中...
マンションが、購入時よりも値上りしているケースが続出中!
あなたのマンション、現在の価値がサクッとカンタンに調べられるツールが、いま話題に。

8月30日に岩手県に上陸した台風10号は北海道、岩手県などの東北地方を中心に甚大な被害をもたらした。その被害の大きさは、岩手県岩泉町内の老人施設付近で9名の死者が発見されるなど、今までにない悲惨な状況だ。史上まれに見る甚大な被害として、安部首相は14日、この一件について激甚災害指定として定める方針を明らかにした。これに指定されることによって、被災地に対する国の災害復旧事業費用の補助率がかさ上げされる。そんな中、務台俊介内閣府政務官兼復興政務官が9月1日、豪雨被害の視察で岩手県岩見市を訪れた。被災地の復興に向けて尽力するかと思いきや、務台氏のある行動に今世間が呆れ返っている。

務台俊介のおんぶが話題に

批判を集めている行動とは、岩見市を訪れた務台氏が視察の際ぬかるんだ地面を横切らなければならなくなった時、おもむろに同行したスタッフにおんぶを求め、背負われて水溜まりを渡ったというのだ。務台氏はこの日長靴を着用しておらず、革靴のまま被災地を訪問。台風10号の豪雨被害により被災した場所の地面の状態など、事前に分かっていた筈だが…。

復興の足手まといと非難轟々

この務台氏の行動に対し、町民からは「自覚が足りない」「復興支援に当たる人にあるまじき行動」と非難の声が上がった。マスコミの報道によって世間の周知に晒されてからは、更なる批判が強まっている。同じ政界の与野党の議員からも、「立場を利用した甘え以外のなにものでもない」と厳しい意見が噴出した。こうした非難轟々の中、務台氏は「猛省している」と取材に対し謝罪の言葉を述べた。


しかし、それだけではこの一件は終わりそうもない。実はこの一件が発覚したきっかけは報道によるものではなく、近くで務台氏の視察を見ていた町人のツイッターの投稿によるものだというのだ。傍には多くの報道陣が控えていた筈だが、この時務台氏は報道陣に対して、自身がおんぶされる様を「撮すな」と指示したのだとか。非難されるべき行動だと自覚した上での行動なのだろうか。この体たらくに対し、務台氏は「予想以上に被災地が酷い状態だということを改めて確認した」とコメント。世間の目は一層厳しくなるだろう。

被災地支援という政治家の手腕と行動が注目される場面で、「汚れ仕事はしない」と言わんばかりの今回の行為は被災地へ寄り添っているとはとても言えない。信頼を著しく失ってしまった今回の出来事に、これから務台氏はどのように対応していくのだろうか。

ピックアップ記事

初代編集長・ボス

初代編集長・ボス

投稿者の記事一覧

初代編集長。一部上場企業で働く傍ら、ビジネスで培ったノウハウ提供を趣味としている。ノウハウコレクターとしての一面をもつ。今は引退して芸能ニュースを毎日飽きずに見続けている。

関連記事

  1. 麻生太郎はかわいいマフィア?ネットで人気の大物政治家の素顔とは?…
  2. 新紙幣1万円札の渋沢栄一はどんな人?お札デザイン変遷の歴史まとめ…
  3. 金澤ダイスケは本名じゃなかった!由来が意外とおもしろい!
  4. 吉野正芳の経歴や派閥は?新大臣は辞任せずやり抜けるか?
  5. ビックカメラリカーは酒専門店としての経営は成り立つ?
  6. バカッターへの法的措置は?重い罪だと認識させるための方法とは?
  7. ワーキングプアと定義される年収はいくら?
  8. ジェノバの橋が崩壊した理由は何?日本の橋は大丈夫?

注目記事

ピックアップ記事

  1. タトゥーを入れる人には深い意味を込める人も多い
  2. 北海道エリア別オススメTOP3

カテゴリー

BUSINESS

LIFESTYLE

WOMEN

PAGE TOP