SOCIAL

無糖紅茶(ペットボトル)の新商品が今になって急増!なぜ今までは無かったのか?

【人気急上昇中の記事】 現在 18 名が閲覧中...
マンションが、購入時よりも値上りしているケースが続出中!
あなたのマンション、現在の価値がサクッとカンタンに調べられるツールが、いま話題に。

ペットボトルの無糖紅茶の新商品が続々と登場している。

これまで、無糖紅茶で長続きしたのは大塚食品の「シンビーノ ジャワティストレート」くらいだった。

しかし、今となった無糖紅茶が急増してきたのはなぜなのだろうか。

無糖紅茶(ペットボトル)の新商品が今になって急増!

無糖紅茶のマーケティングが活性化され、どんどん新商品が登場している。

これまで無糖紅茶の第一線で活躍してきたのは、大塚食品の「シンビーノ ジャワティストレート」だ。

他の無糖紅茶のペットボトルが発売されることはあったが、長続きせずに消えていった。

しかし、ここにきて紅茶飲料市場トップのキリンビバレッジ『午後の紅茶』は、3月26日に無糖紅茶の「おいしい無糖」を新発売すること発表している。

また、サントリー食品インターナショナルは、3月19日に無糖紅茶「クラフトボスTEAノンシュガー」を新発売する。

さらに、第2弾として「同ミルクティー」も年内に新発売する予定となっているのだ。

このように、無糖紅茶は続々と新登場しており、今後無糖紅茶の市場は拡大していくのかもしれない。

なぜ無糖紅茶の商品は今まで長続きしなかったのか?

無糖紅茶の新商品が急増しているわけだが、なぜ今まで無糖紅茶は長続きしなかったのだろうか。

これは、日本では紅茶よりも緑茶が一般的だったからだ。

紅茶を飲む場合、甘さを求めて飲む方が多かった。そして無糖なら、紅茶ではなく緑茶を選択する方が多数を占めていたのだ。

そのため、これまでは無糖紅茶が発売されても長続きする商品がなかなか誕生しなかった。

しかし、近年は紅茶も一般的な飲料として認識されるようになっており、今なら無糖紅茶も受け入れられるという勝算があるのだろう。

また、各飲料メーカーは新規ユーザーの掘り起こしをしたい。

そこで狙い目なのが、まで浸透していない無糖紅茶市場だったのだ。

これから続々と無糖紅茶の新商品が登場するわけだが、どの飲料メーカーが覇権を握るのか注目だ。

これまで長続きする商品がほとんどなかった無糖紅茶だが、新商品が急増している。

無糖紅茶がこれまで定着しなかったのは、緑茶が一般的だったからだ。

無糖なら紅茶ではなく、緑茶を選択するという消費者が多かった。

しかし、紅茶も一般的な飲料として認識されており、今なら無糖紅茶にも勝機がある。

新規ユーザーの獲得をしたい各飲料メーカーは、それぞれ無糖紅茶市場に新しい商品を投入する。

それだけに、どの飲料メーカーの商品が、無糖紅茶の商品として定着するのか楽しみだ。

ピックアップ記事

初代編集長・ボス

初代編集長・ボス

投稿者の記事一覧

初代編集長。一部上場企業で働く傍ら、ビジネスで培ったノウハウ提供を趣味としている。ノウハウコレクターとしての一面をもつ。今は引退して芸能ニュースを毎日飽きずに見続けている。

関連記事

  1. 蓮舫の怪文書とは?代表就任直後に出た爆弾
  2. 豊洲市場の土壌汚染のゼネコンはどこ?なぜ空洞があったのか?
  3. 10年後も無くならない職業は?AIやロボットができない仕事はこれ…
  4. 時速280キロ暴走男。どんな罪になる?
  5. 高畑裕太の被害女性の顔画像写真流出のデマにみるネットの闇
  6. 「就活落ちた日本死ね」の批判すべきポイントは?はてなブログで保育…
  7. 奥華子のライブで起こったチケットトラブルの根本的な原因とは?
  8. ピエール瀧、逮捕による経済損失の規模は?アナ雪やいだてんの行方

注目記事

ピックアップ記事

  1. タトゥーを入れる人には深い意味を込める人も多い
  2. 新元号は令和

カテゴリー

BUSINESS

LIFESTYLE

WOMEN

PAGE TOP