SPORTS

箱根駅伝の上位者は元々強かった?ナイキ厚底シューズの恩恵はどれくらい?

【人気急上昇中の記事】 現在 18 名が閲覧中...
マンションが、購入時よりも値上りしているケースが続出中!
あなたのマンション、現在の価値がサクッとカンタンに調べられるツールが、いま話題に。

2019年の箱根駅伝は、青山学院大学の5連覇に注目されていたが、結果は東海大学が初の総合優勝で幕を閉じた。

白熱するレース展開だった今回だが、実はレースと共に注目されたのがナイキの厚底シューズだ。

そこで、箱根駅伝とナイキの厚底シューズについて紹介していきたい。

箱根駅伝出場選手の約4割がナイキのシューズ!

箱根駅伝で注目されたのは、ナイキの厚底シューズ「ズーム ヴェイパーフライ 4%」だ。

2017年に発売された同シューズは、長距離界を席巻している。

そして今回の箱根駅伝では、23校230人の出場選手のうち、95人がナイキのシューズを履いていたとのことだ。

箱根駅伝に使用するシューズは基本的に自由だ。

ただし、大学とブランドが包括契約をしていたり、有力選手が個人契約をしたりしている場合、そのブランドを使用することになる。

ナイキがサポートしているのは、主に東洋大学・駒沢大学などが挙げられる。

今回は、東洋大学が総合3位、駒沢大学も総合4位と好成績を残した。

さらにナイキは、総合優勝した東海大学の主力選手ともシューズ契約を結んでいる。

そのため、東海大学のほとんどの選手が、ナイキの厚底シューズを履いていたのである。

ナイキ厚底シューズの恩恵はどれくらい?

ナイキの厚底シューズが大学長距離界を席巻しているわけだが、どれぐらいの恩恵があるのかが気になるだろう。

ナイキの厚底シューズの特徴は、「クッション性」と「速さ」である。

ソールに新素材の「ズームXフォーム」を使うことで、クッション性を高めている。

また、スプーン状のカーボンファイバー製プレートによって、重心を前へ傾け推進力を得られる。

これにより、スピードを得ることができるのだ。

そのため、ナイキの厚底シューズの恩恵は大きいのだが、実は重要なポイントがある。

ナイキの厚底シューズは、履きこなせなければ意味がなく、履きこなすためには時間がかかるのだ。

東洋大では多くの選手がナイキの厚底シューズを使用しているが、履きこなすためにシューズに合わせるかたちでフィジカル強化をしている。

このように、ナイキの厚底シューズの恩恵は大きいのだが、その恩恵を得るための努力も必要なシューズとなっているのである。

箱根駅伝では、ナイキの厚底シューズ「ズーム ヴェイパーフライ 4%」が注目された。

長距離界のシューズを席巻しているわけだが、箱根駅伝でも多くの選手が使用しており、高いシェア率を誇っている。

ナイキの厚底シューズは、「クッション性」と「速さ」を兼ね備えているため、得られる恩恵が大きい。

しかし、履きこなすのが大変であり、その恩恵を得るために努力が必要なのだ。

とは言え、結果を残しているナイキの厚底シューズだけに、これからさらにシェア率が高くなっていくのかもしれない。

ピックアップ記事

関連記事

  1. 錦織圭選手は12位!テニスのATPランキングはどういった基準で決…
  2. 金本知憲監督が辞任。時期監督は誰になる?
  3. 大坂なおみ、コーチのバイン氏と契約解消の理由や原因は何? 
  4. 青木宣親が7年ぶり日本球界に復帰!古巣ヤクルトファンの反応は?
  5. 羽賀龍之介の彼女は?イケメン柔道家の父と兄もすごかった!
  6. 財前宣之 天才と中田英寿に認められた男の怪我に苦しんだサッカー人…
  7. 原辰徳さんがジャイアンツの監督に復帰。高橋由伸前監督の今後はどう…
  8. リオパラリンピックみどころ!日程と日本時間をご紹介

注目記事

ピックアップ記事

カテゴリー

BUSINESS

LIFESTYLE

WOMEN

PAGE TOP