ENTERTAINMENT

成宮寛貴を告発したA氏とは一体誰か?職業や交友関係は?

【人気急上昇中の記事】 現在 18 名が閲覧中...
マンションが、購入時よりも値上りしているケースが続出中!
あなたのマンション、現在の価値がサクッとカンタンに調べられるツールが、いま話題に。

フライデーでコカイン吸引疑惑が報じられた成宮寛貴さんが、9日に芸能界を突如引退したことで激震が走った。

公表された手紙には、今回の告発についてかなりの精神的ダメージを負ったことがうかがえた。さらにA氏のほかにも「18年来の親友」と自称する人間が覆面インタビューで事件を語るなど、成宮さんの人間関係は混迷しているようだ。

この報道に対しファンの間では告発者への憤りが強く、情報をリークした人物の特定に動き出しているようだ。最初に告発したA氏はいったいどのような人物なのだろうか。

成宮寛貴さんが芸能界引退!その後の彼の行方は?

まず成宮寛貴が引退を表明した理由について、引退を強く決心させた部分を公表された手紙から抜粋してみた。

・心から信頼していた友人に裏切られ複数の人達が仕掛けた罠に落ちてしまいました。
・この仕事をする上で人には絶対知られたくないセクシャリティな部分もクローズアップされてしまい、
・今後これ以上自分のプライバシーが人の悪意により世間に暴露され続けると思うと、自分にはもう耐えられそうにありません。

このように親しい友人たちの裏切りや秘密にしていたかったセクシャリティな部分がさらされたが背景にあるようだ。

これは最初の告発者であるA氏の他にも写真を提供する人が出たり、覆面インタビューの中で成宮さんと「18年来の親友」と称する人が報道直後の彼の様子を詳細に語ったことに関連しているだろう。

親友と名乗った人は、寝ても悪夢で起きてしまってしんどいといった弱音や、薬物使用に関して強く否定していたことなどもテレビで暴露したのだ。この発言にはファンの間から「このような口の軽い人間が本当に親友なのか」と憤りの声が聞こえてきた。

その一方で、友人関係には同情的でも薬物使用に関してはもっとはっきり証明するべきという厳しい声も。

事務所側で行った尿検査の結果は陰性だったがコカインの尿検査で検出されなくなる期間は短く、常習者でも一週間あれば抜けてしまうため無罪を主張するなら毛髪検査を行うべきとする声もあるようだ。

しかしすでに成宮さんは芸能界を引退し、海外渡航したという噂もある。現状を否定するのは難しいだろう。

相次ぐ情報提供者。最初の告発者であるA氏とは?

成宮さんが表に出てこなくなったことにより、多くの目が情報提供者の友人たちに集まっている。

その中でも、当初フライデーに吸引疑惑のある写真や音声をリークしたA氏は、なんと成宮さんの恋人の男性であることが分かった。

成宮さんは中学の時に両親を亡くし、幼い弟を養うために事務所公認で新宿二丁目で働いていたことがある。このような過去により以前から成宮さんは同性愛ではないかという声が上がっていたが、今回告発に乗り出したA氏はこの噂を肯定した形になるだろう。

このA氏がどのような人物であるか探ってみたが職業や身元を調べても引っかかるものがなく、情報量の露出の少なさから一般人ではないかと言う声が多数上がっている。

告発の理由である「クスリを買いに行かされる」「恋人として振る舞われたことで仕事が減った」という部分から、2丁目時代の知り合いであれば指名が減ったとも考えられるが現状では噂の域を出ないだろう。

このように芸能界に波紋を呼び込んだまま引退してしまった成宮だが、薬物使用に関してはまだ追及の余地がありそうだ。どのような決着がつくか続報を待ちたい。

ピックアップ記事

初代編集長・ボス

初代編集長・ボス

投稿者の記事一覧

初代編集長。一部上場企業で働く傍ら、ビジネスで培ったノウハウ提供を趣味としている。ノウハウコレクターとしての一面をもつ。今は引退して芸能ニュースを毎日飽きずに見続けている。

関連記事

  1. 杉咲花が花のち晴れにかける思いとは?今田美桜等、他のキャストとの…
  2. 夏樹静子の家族もすごい!代表作を振りかえる
  3. 斉藤由貴がドラマ復帰!3度の不倫騒動でも芸能界から消えない理由は…
  4. 清水良太郎が違法カジノで逮捕はあるか?活動自粛で高まる注目
  5. 田中聖薬で逮捕!現在の姿はタトゥーだらけ?
  6. 藤井聡太はアスペルガー?おもちゃの遊び方がすごいと話題に
  7. 清水富美加の出家はなぜ?大川総裁との関係は?
  8. 南谷真鈴はシェルパに襲われた経験も!滑落遭難を経てエベレスト登頂…

注目記事

ピックアップ記事

  1. 新元号は令和
  2. 北海道エリア別オススメTOP3
  3. ウィキリークスとビットコインの関係

カテゴリー

BUSINESS

LIFESTYLE

WOMEN

PAGE TOP