CULTURE

新年号「令和」の有識者会議って何?話題のメンバー9人はどんな人?

新元号は令和
【人気急上昇中の記事】 現在 18 名が閲覧中...
マンションが、購入時よりも値上りしているケースが続出中!
あなたのマンション、現在の価値がサクッとカンタンに調べられるツールが、いま話題に。

4月1日となり、予定通り西暦2019年5月1日の新天皇即位に伴う新元号が発表された。

菅官房長官が会見を開き、新元号は「令和(れいわ)」となることを公表した。

新元号は、有識者会議などを経て決まる。

そこで気になるのが、有識者会議とは何であり、どんなメンバーなのかだろう。

有識者のメンバーはどのように決まるのかなどを紹介していきたい。

新元号「令和」発表!

新元号は令和

出典や意味は?

来月1日からの新元号は、「令和(れいわ)となることが発表された。

新元号は、有識者会議や衆議院と参議院の議長・副議長の意見、さらに全閣僚の協議の末に決まったとのことである。

新元号である「令和」は、万葉集の梅花の歌が典拠となっている。

「初春の令月(れいげつ)にして、気淑く風和ぎ、梅は鏡前の粉を披(ひら)き、蘭は珮後(はいご)の香を薫らす」

万葉集「梅花の歌」より

安倍首相も改元に関する談話を発表し、新元号「令和」の意味として

「人々が美しく心を寄せ合う中で文化が生まれ育つという意味が込められている」

と説明した。

まだ馴染みのない新元号ではあるが、すぐに馴染んでくることだろう。

決定打は有識者会議メンバーからの人気?

新元号は「令和」になることが決まったわけだが、有識者会議メンバーから1番人気があったとのことだ。

有識者会議メンバーの1人である林真理子氏は、

「(令和は)1番人気があった。美しい。これで万葉集ブームが起こるのではないか」

と官邸で記者団に語っている。

このことから、「令和」が有識者会議メンバーの中で人気が高かったのは事実だろう。

ちなみに有識者会議メンバーは、新元号の情報漏えいがないように、菅官房長官の新元号発表までは官邸に留まっていた。

そして菅官房長官から、新元号が「令和」と発表された際には、有識者メンバーから拍手が起こったとのことだ。

有識者メンバーとしても、自分たちが推した元号が採用されて嬉しかったのだろう。

元号検討の有識者会議メンバー一覧

有識者会議の決め方

今回のメンバーは誰?

新元号の検討では、有識者会議「元号に関する懇談会」が行われた。

有識者会議とは、政府が事前に絞り込んだ元号案について意見を交わす場のことだ。

ただしあくまで意見を交わす場であり、多数決などによって決める場ではない

今回の元号検討における有識者会議のメンバーは、9人で構成された。

すでに政府は有識者会議メンバーの9人を発表しており、以下の9人によって新元号案について意見が交わされたのである。

山中伸弥氏:京大教授・ノーベル医学生理学賞受賞者

山中伸弥氏:京大教授・ノーベル医学生理学賞受賞者
上田良一氏:NHK会長

上田良一氏:NHK会長
大久保好男氏:民放連会長

大久保好男氏:民放連会長
鎌田薫氏:日本私立大学団体連合会会長

鎌田薫氏:日本私立大学団体連合会会長
榊原定征氏:経団連前会長

榊原定征氏:経団連前会長
白石興二郎氏:日本新聞協会会長

白石興二郎氏:日本新聞協会会長
寺田逸郎氏:前最高裁判所長官

寺田逸郎氏:前最高裁判所長官
林真理子氏:作家

林真理子氏:作家
宮崎緑:元NHKキャスター・千葉商科大教授

宮崎緑:千葉商科大教授

メンバーはこうして決まる!

新元号案についての有識者会議メンバーは、政府が決めることになっている。

政府が、誰を有識者会議メンバーに起用するのかを決断することになっているのだ。

今回のメンバーも、当然だが現在の政府が決めたメンバーとなっている。

特徴としては、女性メンバーが増えたことだろう。

女性が活躍する社会へ

「平成」に決まった際の有識者会議メンバーでは、女性は1人しか起用されていない。

これに対し、今回は女性メンバーが2人起用された。

これは、女性の活躍を推進している安倍首相の方針と考えられる。

穿った見方をすれば、女性の活躍をアピールしたい狙いがあったのではないだろうか。

また今回は、経済界や法曹界など様々な業界からメンバーを起用した。

政府としては、多種多様な意見を反映したいという狙いがあったのかもしれない。

過去には疑惑の事件を起こしたメンバーも…

実は今回の元号を決める有識者会議メンバーの中には、ある疑惑がある人物がいる。

新元号の有識者会議に際して着物を着て「卑弥呼のよう」とSNSで話題になった宮崎緑氏である。

卑弥呼のようとSNSで話題の宮崎緑氏

卑弥呼のようとSNSで話題の宮崎緑氏(asahi.com)

その宮崎緑氏は過去に経歴詐称疑惑が報じられたことがある。

2016年9月に、週刊文春によって講師の経歴が詐称であるという疑惑が報じられたのだ。

この疑惑は、首相官邸のホームページに記載してある宮崎緑氏のプロフィールにおいて、東京工業大学講師の職歴がウソではないか?というものだ。

※新・元号発表!元号に関する宮崎緑氏の記事はこちらから元NHKキャスターとして活躍し、その後は研究者としてのキャリアを歩んできた宮崎緑。天皇の生前退位の有識者会議のメンバーに選べれたことで話題になって...

同週刊誌は、東京工業大学に問い合わせても宮崎緑氏の職歴を確認できなかったと主張。

さらに実際には、講師ではなく司会役だったと報じたのである。

ただ、この経歴詐称疑惑は結局うやむやとなり、はっきりしないまま終わってしまった。

最終的に新元号案のメンバーに起用されたということは、経歴詐称疑惑は立証できなかったということなのだろうか。

※新・元号発表!元号に関する宮崎緑氏の記事はこちらから天皇陛下が生前退位の意向を表明されたことを受けて、政府は有識者会議メンバー6人を起用した。その中には元NHKキャスターの千葉商科大教授(国際政治学)...

何はともあれ「平和」な時代になってほしい

平和な世の中へ

5月1日からの新元号は「令和」となることが決まった。

まだまだ馴染みのない元号だが、すぐに馴染んでくることだろう。

「令和」に込められた意味について、安倍首相は「令和には人々が美しく心を寄せ合う中で文化が生まれ育つという意味が込められている」とコメントした。

これから長い年月「令和」の時代が続いていく。

この「令和」の時代は、意味の通り人々が美しく心を寄せ合って平和な時代になってほしいものだ。

そして「令和」という時代が、どうなっていくのか楽しみでもある。

ピックアップ記事

やまきち

やまきち

投稿者の記事一覧

WEB系エンジニア出身・ノマド歴5年。オフィスに行かない、スーツを着ない、通勤電車に乗らない事を目標として独立。グルメ好きでインスタグラムでは「@engel.boy」の名前でインフルエンサーとしての顔も持つ。趣味はガジェット集め/猫/旅行/蜂蜜収集/ミシュラン巡り。

関連記事

  1. 山口敬之の新潮砲!不起訴は安倍の犬で御用ジャーナリストだからか…
  2. BMWが日本で4万台のリコール。理由は何?
  3. スバルの操業停止はいつまで?納車済みの車はリコールになる?
  4. 小池百合子に週刊文春砲!冒頭解散ついでに都知事も即辞任に追い込ま…
  5. 籠池泰典に韓国人二世説浮上!その根拠は?
  6. ゆうたろうくんは韓国人か?高校や本名から噂を検証!SNSから生ま…
  7. 高樹沙耶の同居人は誰?転落のきっかけか
  8. 原発事故から8年経っても、再生可能エネルギー開発が日本で進んでい…

注目記事

ピックアップ記事

  1. タトゥーを入れる人には深い意味を込める人も多い
  2. 北海道エリア別オススメTOP3
  3. 病院に3億円を追加寄付する中本さん
  4. パイオニア上場廃止で影響は?

カテゴリー

BUSINESS

LIFESTYLE

WOMEN

PAGE TOP