BUSINESS

新入社員の挨拶を1分でまとめるには?構成・内容・文字数のベストをご紹介!

【人気急上昇中の記事】 現在 18 名が閲覧中...
マンションが、購入時よりも値上りしているケースが続出中!
あなたのマンション、現在の価値がサクッとカンタンに調べられるツールが、いま話題に。

新社会人となった新入社員の初めての仕事はほとんどの人が自己紹介だろう。初めて会う会社の先輩や上司を前にして挨拶・自己紹介するのは緊張する。しかし、上手に乗り切ることで印象を良くすることができるだろう。好印象を残すためにも挨拶・自己紹介を上手にまとめておきましょう。

新入社員の挨拶を1分でまとめるには?

入社式のときは新入社員がみんなの前で挨拶・自己紹介を求められることが多い。この時に重要なのが時間だ。1分で挨拶・自己紹介との指定があればいいのだがない場合もあるだろう。

時間指定がなくてもダラダラ挨拶・自己紹介をしてはいけない。時間指定がなくても1分を目安に挨拶・自己紹介するように心掛けるよう。1分で挨拶から始まり自己紹介まで完結させるのは意外と難しい。

あれもこれもと言いたいことは話せば1分は簡単に超えてしまう。そうなると聞いている先輩・上司もうんざりしてきて悪印象となる恐れがある。だから簡潔に自己紹介をするべきなのだ。

構成・内容・文字数のベストをご紹介!

挨拶から始まって自己紹介の流れだが、重要なのが構成だ。挨拶の例としては『○○支店○○部に配属されました○○です』が鉄板だ。次は出身や趣味を話し、最後に入社後の抱負を述べるのがベストだろう。

出身や趣味もシンプルに伝えれば大丈夫。ただ、印象を残したい場合はマニアックな趣味を語ると効果的だ。最後の入社後の抱負はポジティブな発言をしておけば大丈夫。

例としては『一生懸命仕事して早く1人前になります』『全力で仕事に当たりたいと思います』などがいいだろう。

また、挨拶から自己紹介まで共通するのが元気なことが大切だ。小さな声で話していてはやる気がないと思われる可能性がある。

また、緊張しすぎて早口になるのも良くない。はっきりとした口調でゆっくりと話せば好印象だ。また、1分間のスピーチで適切な文字数は300文字だと言われている。挨拶・自己紹介で述べたいことは300文字以内にまとめておくようにしよう。

新入社員に求められるのはやる気だろう。新人が仕事できないのはある意味当たり前だ。先輩・上司もそんなことは知っているはずだ。結果を求めているのではなく、仕事に対する熱意を求めているはずは。

それは最初の仕事である挨拶・自己紹介でも現れることだろう。緊張するだろうが落ち着いて挨拶・自己紹介では仕事に対する熱い気持ちを伝えよう。

ピックアップ記事

初代編集長・ボス

初代編集長・ボス

投稿者の記事一覧

初代編集長。一部上場企業で働く傍ら、ビジネスで培ったノウハウ提供を趣味としている。ノウハウコレクターとしての一面をもつ。今は引退して芸能ニュースを毎日飽きずに見続けている。

関連記事

  1. スズキ、マツダ、ヤマハ発動機でも不祥事発覚。国交省の検査は法の穴…
  2. ふるさと納税って結局得する?いまさら聞けないお得な利用方法
  3. 宮沢りえの刺青はヘナタトゥー 宮沢りえに刺青(タトゥー)が?首元の折り鶴に込められた意味とは?…
  4. リップル(XRP)暴騰の原因は?いつまで続くことが予想される?
  5. 岩崎瀧三の経歴!Googleロゴに登場の偉人の軌跡
  6. 九州新幹線のCMの制作秘話!震災後に「泣ける」「感動した」との声…
  7. TOEICの試験前1週間だけで100点上げる究極の勉強法とは?
  8. 女性ウケする仕事ができる男の行動は?上司部下ウケも!

注目記事

ピックアップ記事

  1. 名刺交換では日常会話を
  2. パイオニア上場廃止で影響は?
  3. 北海道エリア別オススメTOP3

カテゴリー

BUSINESS

LIFESTYLE

WOMEN

PAGE TOP